> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
> 大陸日記10初秋2
食事日記
5日
朝食:7時半(望京)
チャーハン(茶碗0・5)、肉包1こ、野菜炒め、キュウリ辛ミソあえ、ゆで卵
昼食・12時半(羊坊店:東北料理店)弁護士Tさん
豆花、ピーナツ、キクラゲサラダ、ナス香草焼き
昼飲:16時(車公荘)映画監督・馬占冬さん
豆乳
夕食:17時半(車公荘、四川鍋)編集者・Gさん
羊肉。トリ肉、しいたけ、しめじ、豆苗、白菜、チンゲン菜、きくらげ、じゃがいも、もやし、ビール
夜飲:20時(北京駅)複数


 前回と違って、今回は会った人の名前をすべて公表するのはやめます。というのも「つけられている」機会があるからです。
 そういうこととは別に、今夜はとても快適な夜です。東京よりもはるかに涼しく、でもちょっと暑く、夏のなごりがある暑さでした。こんな秋の夜に、夜道を歩き、この日あった民主人士たちの今日や明日に思いを寄せ、出稼ぎ労働者のカップルがじゃれあうのとすれ違いながら、ふと「ここに暮してもいいな」と思うときがあります。80年代の上海や90年代の北京芸術村でも思ったようなことを今でも思ってしまうのですね。中国が変わってないのか、それともぼくが変わってないのか。。。。。
北京泊
[PR]
by gikyoudai | 2010-09-06 00:48 | お知らせ | Comments(13)
Commented by 一葉 at 2010-09-06 15:43 x
中国における市民社会の確立は、このまま推移するとやがて日本を先行するような予感があります。とくに北京は締め付けが厳しい分だけ他都市よりも筋金の入った活動が展開されているように思われます。基本的に「不得罪国家、不得罪政府」の範囲内であれば大抵の活動は容認されていますね。この「不得罪〜」が、現状中国で活動する際に安全を担保するメルクマールになるように思います。もちろん活動内部では徹底的に「得罪政府」し、最終的には政府にも「得罪」するわけですが…。「小二」とは、つまりジーンズのポケットに入る小瓶の「二鍋頭」ですね。酒は百薬の長ですから、タバコや油よりは健康に害が少ないと思います。少しだけなら…。
Commented by gikyoudai at 2010-09-08 12:25
>一葉様
上からの民主化である中国農村などでの選挙に比べると、市民活動は上からの保証がない分、横つながりの関係ができやすく、勢いがあるように感じられます。日本の場合は制度に市民が追いつけない面があるかもしれないと思ってます。
不得罪はまさにおっしゃるとおりだと思いました。そしてこの領域が広がっている、つまり今まで政府も放置していた新たな社会問題などがたくさん出ているから、不得罪の領域が拡大しているのではないかと思います。
小二の解説をありがとうございます。ジーンズのポケットに入る、というのはカッコイイ形容ですね。お酒は少しだけにしようと努力しておりますが、なかなか難しいです。
Commented by at 2010-09-08 14:55 x
こういう事をするのが「民主化」と言うのなら、
支那に市民社会など必要ない、と思います。

>漁船接触で日本大使館前で抗議 北京

海上保安庁の巡視船と操業中の中国トロール漁船が沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺で接触した問題で、釣魚島の中国領有権を主張する中国人の若者ら約50人が8日午前、北京の日本大使館前で抗議活動を行った。

 抗議したのは中国の団体「中国民間保釣(尖閣防衛)連合会」のメンバーで、「日本は釣魚島から出て行け」などと書いた横断幕を掲げて大使館前を行進。中国の国歌を歌って気勢を上げた。

 大使館周辺では警察当局が警備に当たったが、抗議活動については規制しなかった。(共同通信)

Commented by gikyoudai at 2010-09-08 20:42
>まさん
ご指摘のごとく、こういう活動が活発になるのと民主化は無関係ではないとぼくも思います。ただ、一方で市民社会が形成されなければこうした活動が中国全体の声になってしまう恐れがある、こうした活動がごく一部の例外にすぎないことがはっきりする上でも市民社会化はむしろ必要だとも思います。
Commented by ま その2 at 2010-09-08 22:13 x
韓国との対比で言うと、韓国では反日デモなどを行う者は「不平不満分子」と周りから認識され政府に対する学生運動同様に急速に力を失いました。不満分子などと言うと格好いいが、要するに望む仕事に就けなかったとか、収入が少ないとかの自分勝手な論理で他国を攻撃することで欲求不満を解消している輩ども。もちろん反日デモの最中でも在日日本人に危害が及ぶ事はないであろうと楽観的希望はあります。ただ、
中国の場合「愛国無罪」のスローガンもあり、政府が反日感情を煽る事がいまだに続けられているように見えます。韓国でも為政者は国内で大きな対立が起こると日本への謝罪、賠償を要求して国民の感情を「反日」へ転化させる事はありましたが今や韓国人もそのやり方には白けています。これは要するに物質的に豊かになったと言う事でありますが、中国の場合は豊かになってもそういう、いわば政府、国民という個別の図式にはならないと思います。
Commented by ま その3 at 2010-09-08 22:56 x
天安門事件の前後の暴動について日本のマスコミは「民主化運動」として好意的でしたが僕は何となく胡散臭いもの、そうちょうど「三国志演義」などの通俗的小説に見られる大風呂敷を広げた物語・・・運動の
指導者ウーアールカイシは女たらし、柴玲は西側の支援で米国へ逃亡
ダンス狂い・・これらは中国人の彼らに対するねたみ、やっかみだと思いますが、やはり「愛国無罪」というか同国人に対して寛大であるような気がします。翻って対日本と言う事については屠殺記念館で30万人殺害などと、根拠も無い数字を掲示し、他国に対する礼もない=もっとも
儒教では礼は強者に対して示すもの、とすれば東夷である日本人には
必要ないという事で納得は出来るものではありますが。
Commented by ま その4 at 2010-09-08 22:56 x
なんと言ったらよいのでしょうか、今回のデモも政治的に敏感な北京の
一コマでは有りましょうがこと中国問題を語るときに「中国は広い、あなたは一部分しか見ていない」との反論が返ってくるのが中国人のみならずchina watcher,自称中国通の日本人からも返ってくるのはなぜでしょうか?「中国はしたたか」というのも日本のマスコミがよく口にします。
実際「中国は戦後賠償の対日請求を放棄した」とシナ親派の赤虫教師に吹き込まれた口ですが、実際の対中援助額は賠償で支払ったであろう額をはるかに超えているような気がします。もちろん政治家も何か見返りが有ってやっているからだろうとは思いますが、官民揚げて「中国は広大」「中国は大国」「戦後残留孤児を育ててくれた」「対日賠償を放棄」などと心に植えつけられている事自体、中国のしたたかさに翻弄されているって事なんでしょうか?ぼくにはどうも解せないです。以上、僕の考え方について中国理解が深まるようなヒントがあれば時間のあるときに示唆くだされば、と思います。
Commented by gikyoudai at 2010-09-09 14:35
>まさん
ぼくはしばしば今の中国の市民レベルの行動の活発化がかつての6・4のような運動と質的に違うという認識をしています。それは大きく言えば知識人の意義が薄れることと「政治思考」からの脱却で、もしそうだとすればまさんのおっしゃることと現状認識が異なってきます。ただ、本当にぼくの考える通りなのかははっきりしません。いずれにせよ、まさんの今回のご意見はぼくにもまだまだしっかりとした答えのできないものですので、今後精進して語っていけるようになれたらと思いますのでご諒解ください。ご指摘、ありがとうございます。
Commented at 2010-09-15 16:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Yozakura at 2010-09-26 03:18 x
麻生晴一郎様
 無沙汰しております。頻繁に中国旅行に出かけておられる模様で、これは「病状の回復が進んでいる証」でしょうか?季節の変わり目、環境の変化にはご注意ください。

 さて、ここ数回分の日記に気になる記述がありましたので、コメント差し上げます。

> 尾行がどのようになされたか----
> 「つけられている」機会

 もともと、麻生さんは恰幅の良い、目立つ人であり、しかも異国にあっては、「直ちに日本人」とわかるような人物の尾行は、「好ましからざる外国人」(Persona Non Grata)の監視を専業とする公安関係者には、朝飯前の容易い仕事でしょう。
 それを態々、「世にも暢気な麻生氏ですら感知できるような尾行を継続する」 と云うことは、これは、「政府は、お前を尾行しているぞ!!」と云うメッセージの発信でしょう。つまり、意思表示でありましょう、中国政府の。(字数過剰に就き、以降を分割します)


 
Commented by Yozakura at 2010-09-26 03:22 x
麻生様:承前

 これまでは、態々、麻生さんを尾行するまでもなく、出入国の際の手続きや、面会・面談している人物からの探索により、中国内部に於ける麻生さんの活動履歴は、ほぼ正確に掌握できた筈です。 
 それを、感知できるような拙劣な尾行の形態に態々、故意に転換したのは、先方が、「もう、そろそろ火遊びは止めて、日本へ帰国しては如何ですか?」と云う、遠廻しの勧告を発信したのではないですか?
 何と申し上げれば宜しいのでしょうか、どうも、あなたに当事者意識が乏しいようなのです。中国国内の人権派弁護士や各種NGO団体に対する弾圧ぶりを詳細に報告・陳述している割りに、あなた自身の身辺に関しては、鈍感なのです。
 現在の日本政府・与党幹部の「中国政府の外交動向に対する鈍感ぶり」と驚くほど似通っていますね?
(字数過剰につき、再度の割譲です)
Commented by Yozakura at 2010-09-26 03:24 x
麻生様:承前

 それは兎も角、こうして「尾行の対象人物に気づかせる程、明確な形態で尾行されている」とは、愈愈、麻生さんも大物ライターですね? 芥川賞作家・辺見庸氏に匹敵するような「大物ジャーナリスト」と認識されつつあるのかも知れませんよ。おめでとうございます!

 冗談はさておき、病み上がりの身です。ご自愛下さい。お元気で。
Commented by gikyoudai at 2010-09-26 21:18
>Yozakuraさん
ごぶさたしております。ご指摘の暢気さ、まさにおっしゃる通りかもしれません。病気をして実感したことはぎりぎりまでなかなか実感がこもらないということで、危機管理の難しさを思い知らされております。尾行の意味はおいおい考えてみたいと思います。おっしゃるように病み上がりですが、日が経つにつれこちらの方でも危機意識が薄れているようで、そんな中、今回のコメントはいいきっかけになりそうです。ありがとうございます!

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧