> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
> 日中関係など
 今日発売の週刊金曜日で連載「浮操中国」28回『麻薬撲滅に取り組むひとりの80后』が掲載されます。機会あればご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今回の掲載はあまりよいタイミングとは言えないかもしれません。ここにきて日中関係の悪化の話題ばかりが立ちあがっています。
 前著でも書いたように、民主化・自由化・市民社会化の進展はこのような事態の可能性を強めます。その際に大切なのは、このような事態をなくすことよりも、このような事態がごく一部にすぎないと相対化できる言論空間です。その意味でも今回の事態の原因を解決することよりも(不要とは言いませんが)、今回の対立のような中でも平然と交流活動がやれるような、いわば日中間における小さな政府の確立こそが大切だと言えます。
 ですので、一見タイミングが悪いですが、今回の事態の中で、無関係なテーマの市民活動家の活躍を発表できることはありがたいです。今回の掲載が今の時局に対するぼくのコメントです。
 当面の日中関係についてメディアで意見を求められていませんので、この場で書いておきます。
 1、事態を解決する方向で交渉していくことを忘れないでほしい。
 2、中国の事情を慮る必要はないし、知る必要もない。たんなる親しい他国として交渉してほしい。
 3、このようなことで反日に転じる声は昔からあったことで重く見る必要はない。
 4、ただし、3のようなことを平然と公言することに嫌中のニュアンスがないことを断わっておきたい。
です。具体的には今後書いていこうと思います。
[PR]
by gikyoudai | 2010-09-24 06:30 | お知らせ | Comments(10)
Commented by 一葉 at 2010-09-26 11:18 x
先閣の騒乱に対する隣国の過激な反応は、当局が中国の市民社会を統御出来なくなりつつある現実もひとつの触媒になっていると思います。旗艦メディアによるプロパガンダがまともな知識層に効かなくなりつつあることの証明であると思いました。その意味で、トロール漁船の船長も、テレビ画面のフレーム枠内で「打倒小日本!」と叫んだ市民も、そして日本の検察や民主党政府までもが中国当局の足下固めにまんまと利用されたような気がします。煩わしいことですが、隣国と付き合っていくには相手のそのような事情まで慮るだけの深謀が求められるのではないか…。それが価値観の異なる発展途上の利かん坊と折り合っていくための方法なのだと思いました。共産党政権が看板を下ろすまでは、嫌でもやっていかなくてはなりません。そんなに長い道のりではないと予想します。私はテレビ画面のフレーム枠内には決して映ってこない枠外の市井の中国人のきわめて良質な部分にシンパシーを感じて、これまでの数十年間をすごしてきました。麻生さんのご高著をひけば、たとえば中年留学生の劉海成であり、若く感度の良い陳寧らを代表とする中国人の肖像に中国という国の可能性を感じています。
Commented by gikyoudai at 2010-09-26 21:24
>一葉さま
そんなに長い道のりでないとの予想、今回の北京でも数人から耳にしました。そうなるかはなんとも言えませんが、2012年の時期党大会を過ぎればいろいろ見えてきそうな気がいたします(経済的に政治的に)。前著の登場人物をこういう文脈で挙げて下さり、とてもうれしいです。「テレビ画面のフレーム枠内には決して映ってこない枠外の市井の中国人のきわめて良質な部分にシンパシーを感じて」の表現はとてもうなずかされるものでした。
Commented by at 2010-09-27 19:24 x
尖閣諸島自来日本領土。中国也是日本領土。魚釣台是日本領土。堅決保衛日本領土。
筆者も会食した有ると思いますが外務省職員のIさん、今頃心労が多いでしょうね・・・
Commented by gikyoudai at 2010-09-28 15:25
>まさん
87年秋が思いだされるお名前ですね。23年前が昨日のようです。特にぼくは地方都市に行くことが多く、あの頃の五角場みたいな所によく遭遇いたします。カセットの鳴り響く黄色電球の屋台の夜のような。
Commented by at 2010-09-28 16:36 x
懐かしいです。暗い夜道を照らす黄色電球は確かにノスタルジアです。娯楽と言えば食べることしかなく、安いこともあって夜更けに一人で五角場までしばしば歩きました。「よくあんな不衛生な屋台で食べられるな」と周りの日本人からも言われ、上海人の友人を誘っても、「汚いです。彼らは農村出身だから」と、この時僕は上海にいるのは少し垢抜けた、上海人だけではないと改めて気づきました。
Iさんは講演などもなさっているみたいです。腰の低い方で筆者や銀行の駐在員の方同様にどのような中国感を持っていらっしゃるのか気になる存在でした。
Commented by ま その2 at 2010-09-28 21:29 x
そういえば中秋節に、大学内の芝生の上で中国学生と一緒に月餅を食べた事思い出します。Iさんも一緒でした。もう少し後でしたか、感謝祭のパーティーの時、筆者を訪ねて留学生宿舎に来られた日本語科?
の女子学生いませんでしたか?日本語が堪能な方で僕はその人が件の陳寧さんだと思っていましたが、件の陳寧さんと居る時は英語で会話されていたようですから、そのTGDの時の訪問者が陳寧さんでは無いのですね・・・
Commented by gikyoudai at 2010-09-29 10:11
>まさん
懐かしい話題です。あの当時、復旦大学の学内女子学生で親しくしていたのは日本語学科と生物化学科で、前者の方が日本人留学生にはなじみ深かったしぼくも4,5人の知り合いがいましたが、ぼく自身は後者とのつながりが強かったんです。感謝祭のパーティーは留学生寮でやったものでしょうか?だとしたらぼくを訪ねたわけではないと思いますよ、なにしろ密会でしたから(笑)中秋節の校内の芝生での月餅ですか。。。ぼくは参加しませんでしたが、今にして思えばよき時代ですね!今も当時を思い出します。
Commented by ま 訪日観光の実態、という記事 at 2010-10-01 20:52 x
面白おかしく書いてある記事ですが、実態はこんなものかと、思ったりもします。

))訪日観光客は富士山や温泉といった観光以外に、日本の高級食材や家電製品購入を楽しみに多額の現金を用意してくる。短期間で日本各地をめぐることから、滞在中の行動は大半が団体行動で、買い物や食事も自由がきかないことが多い。

 こうした事情に目を付けた中国国内の悪徳代理店が、一部の悪質な在日中国人と結託。自前で日本の家電量販店で購入した製品を、秋葉原近くの『免税店』と称した雑居ビルの一室で割高で売りつけたり、粗悪な料理を出しているというのだ。
Commented by ま その2 at 2010-10-01 20:58 x
一般的に韓国人や日本人なら他国で同胞に対して、冷淡では有るが、だまして金を巻き上げるって事はあまりしないほうだと思いますが、中国人は国土が広いせいか、同郷人以外に犯罪を犯す事躊躇しない方なんですかね?どう思われますか?

)) 「何も知らない観光客に対し、あらかじめ『中国人は、日本では決められた店でしか買い物できない』などとウソの情報を伝えておいて、ニセ免税店に連れ込みます。食事も身内の中華料理店で、『コシヒカリ』『松阪牛』と称しながら低級品を提供しています。男性に限っては、海賊版AVに影響され日本人女性の“接待”を目当てにする客も多く、宿泊先に日本人になりすました中国人売春婦をあてがうこともあるそうです」
 
中国人同士でだまし合いをするのは勝手でも、“被害者”の多くは被害に気づかぬまま、日本に対する悪い印象を残して帰国することも多く、妙なかたちで反日感情を高める恐れすらある。
Commented by gikyoudai at 2010-10-03 22:03
>まさん
その記事、ぼくも読みました。これまで中国の人は外圧と言えば海外投資のため、外国人客と言えばボッタくる側であることが多かったかもしれませんが、これからは反対になっていくことが予感される文でした。同国人同士をだますことに抵抗を持つのは若い年代がそうかと思います。

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧