> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
> 安藤美保
 安藤美保はお茶の水女子大学国文科大学院生でありつつ歌人として将来を嘱望された女性であったが、残念なことに91年、研究旅行中の滋賀の山中で転落死した。24歳だった。死後の1992年に歌集『水の粒子』がながらみ書房から出版されており、派手さはないが着実に増刷を重ねていて、彼女の実力をうかがい知ることができる。
 安藤美保はぼくの高校の同級生であり、さらに言えば1年の時のクラスメートだった。当時あの高校の同学年で文学好きを公言していたのはぼくと安藤とやはり故人の永井みゆきであり、本来なら親交があってしかるべきなのだが、当時教室で文学少年、文学少女などと呼ばれることは恥以外の何物でもなく、それは県下一の名門校とされるわが母校でも同じだった。多感な高校時代、文学好きの多くの仲間は自分の趣味をひた隠しにしたり、「なんちゃって」を連発してうまくかわしたり、あるいは別の要素を自分に作ることによってカモフラージュすることを常としたが、それは中学時代に同級生に邪険に扱われたり中にはいじめの対象になった人もあるだろうが、残酷な子供の世界に身を置くものの必然的な処世術だとも言えたのかもしれないが、今になって思えば第一に本人の思想の脆弱さに問題があったのだろう。ぼくはこの当時わざと学校をさぼって安岡章太郎的不良を演じてみたし、永井は美貌だったこともあってロッカーに興味を寄せて個性派を演じてみたりもしていた。だが安藤にはそうしたものがまるでなかった。
 当時彼女はぶ厚いメガネをかけ、いつも休み時間には読書をし、成績も優秀で、文学少女以外の何者でもなく、必然的にクラスで浮いた存在だった。実際彼女よりもガリ勉なやつなどやまほどいるのだが、みな運動が得意だったり、ジョークを連発したり、いまふうの趣味に近付いたりして、つまりは世間ズレしていたのだが、彼女はそうしたものがまるでなく、と言うよりも地味な顔立ちで目線が鋭く、運動が得意でもなければ器用さもない彼女には変身などはできない芸当であり、ただただ文学少女としてあの空間に飛び込むほかなかった。ぼくは1年次クラスの悪仲間と付き合いつつもしばしば終始孤独な彼女を気にしていたが、なかなか話し掛けようとは思わなかった。ぼく自身が思春期特有の、女性に対する針のような感情を持ち合わせていたのだから、仕方ないといえば仕方ない。
 ただ一度だけ話をしたことがあり、当時ぼくはサマーセットモームやカートボネガットジュニアなどの小説を原書で読んだりしていて、彼女がどれだけ文学の知識があるのか、なんとはなしに話し掛けてみたのである。ちょうどその頃、彼女はシャーロックホームズの全集を片っ端から読んでいたらしく、あの乾いた文体が好きだというようなことを言っていた。文学の話などできるやつは少なかったから、ぼくは同志を得たような気になり、
「今度ゆっくり話そう」みたいなことを言った。ぼくが言った言葉はよくおぼえていないのだが彼女のセリフははっきりおぼえている。安藤はハハハと腹で笑った後、
「わかりました」
と言った。その話し方がすこぶる男性的、というか豪放磊落で、びっくりしたことが強く印象にある。何者でも受け入れる度量と勇気を持った人だったのだろう、そんな性格だからこそ彼女は一人で文学少女を引き受けてしまったのではないかなどと今にして思ったりもする。
 結局いろいろあって、彼女と文学談義をすることはなかったし、そもそもそんなことを言ったこと自体忘却のかなたにあった。その後ストレートでお茶の水女子大学に入った彼女の消息を知ったのは死後5、6年経って彼女の父親の活動が紹介された朝日新聞の記事を見た時だった。さっそく『水の粒子』を購入して食いつくように読んだ。当時の面影をたどる限り彼女が短歌をやっていたことは意外だったが、歌を見ると、やはり安藤の豪放な、なにものをも受け入れる器の広さが示されているのである。「繊細な感性」という評価が『水の粒子』にはなされていて、それはそれで確かなのだろうが、それをもたらしたものは自分らしさを貫き、現実を直線視して受け入れる彼女の気骨と勇気にあったのではないか。
 特に印象に残った歌はやはり高校時代を髣髴とさせるものだ。
・・・・・・・・・・誰からも拒まれている感じする暗き書庫より戻りし我は
文学少女の孤独が歌われているが、この歌のおもしろさは「感じする」に尽きる。当時の言い方で言えばミーハ-な女子大生が口にしそうな「感じする」を用いたのはけっして字数の問題からではなかろう。誰からも拒まれているように感じる彼女の中にもやはり時代精神は根付いて(しまって)いたのか、それとも、「感じする」こそが彼女の肉声だったのか、あるいはそうした言葉遣いをしたい彼女がいたのか・・・・。不登校などが当たり前になっている今ならばべつだん教室に戻らなくてもよいだろうが、当時はそんな時代でなく、安藤はほかに帰るところがなかった。拒まれながらも戻る自分に対する、若い自問自答のようなちょっとしたスリリングさが「感じする」のテンポから生まれている。そしてそのように自問自答した安藤は結局最後まで文学少女・安藤であり続けた。今ならば学校に行かなくとも生きがいなど山ほどあるが、当時はそんなことが叫ばれつつ実際には何もなかった。だから行かざるを得ない人の集まる場所が学校で、みなでみなをけん制しあうからそのために自分を変えた人は数多い。今以上に閉塞感が漂った当時の教室の雰囲気をこの歌は言い尽くしているような気がする。
 安藤となぜもっと親しくできなかったか、そのことはたんにクラスの一女生徒との関係などの次元を超えて、ぼくがなぜぼくらしくできなかったのかという問いを突きつけつつ、いたく悔恨の念を与える。そこにもぼくの出発点がある。文学談義は結局できなかったが、今も彼女の歌を時折眺めつつ執筆をする。そして安藤という純粋かつ骨太な魂をいつまでも残さねばなるまいと思うのである。
[PR]
by gikyoudai | 2004-10-06 04:24 | 人物 | Comments(4)
Commented by jumpin_upanddown at 2006-01-07 22:29
こちらでは初めまして。
過去ログから少しづつ読ませていただいています。
このエントリにとても胸をつかれました。

私はおそらくgikyoudaiさんより少し年下だと思うのですが
当時の空気はなんとなくわかります。
>今ならば学校に行かなくとも生きがいなど山ほどあるが、当時はそんなことが叫ばれつつ実際には何もなかった
ほんとにそんな感じだったと思いました。
Commented by gikyoudai at 2006-01-08 05:15
>jumpin_upanddownさん
「当時はそんなことが叫ばれつつ実際には何もなかった」というのはぼくの弱さでもありました。ぼくは大学に行かず何かで身を立てようと1年ぐらい真剣に考えた時期があったのですが、その「何か」というのが当時の抽象的な思考からするとどれも嘘っぽく、つまらなく思えて何もしないまま時間だけが過ぎて、仕方なく受験した、という一面がありました。当時そういう学生はけっして少なくなかったはずですし、ぼくも含めてそういう当人たちもがそういう空気を作っていたわけですね。

こちらこそはじめまして!安藤美保さんの記事にコメントしてくれてありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
Commented by mari777 at 2008-03-08 22:34 x
麻生さんこんにちは。武藤康史『文学鶴亀』を何気なくぱらぱらめくっていたら、「湘南高校の国語の時間」という記事にぶつかり、安藤美保という歌人のことを知りました。もう少し調べてみようとネットで検索したら、一番上に麻生さんのページが出てきて、びっくり。上のコメントの方と同じように、このエントリにはなんともいえず心を揺さぶられました。「水の粒子」、読んでみたいと思います。
Commented by gikyoudai at 2008-03-09 19:33
>mari777さん
それはまた偶然ですね。安藤の本が没後に出版されたこともあって、なかなか生前の彼女を知る者のコメントは少ないと思われ、貴重かもしれません。「湘南高校の国語の時間」という文章は読んだことがないのですが、気になります。

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧