> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
カテゴリ:はじめに( 4 )
ブログランキングへの不満
 このページの右欄外やや上方に、緑色で「ブログランキング」とありますが、これは各ジャンルごとのブログのクリック数のランキングです(ただしすべてのブログが対象ではありません)。参加は任意で、なるたけいろいろ手を広げてみようと、ぼくも入ってます。クリックしていただければわかるのですが、ぼくが主に参加しているのは「芸術・人文(全般)」というコーナーで、ぼくが昔から「人文主義」を掲げているので、読書関係や中国関係や旅行関係や社会現象関係には入らずに、ここに入っています(中国関係というのはそもそもありません)。ランキングに入っているブログのタイトル、キャッチコピーや中を見てもらえればわかりますが、順位に関わらず比較的ここと似た香りのするページが集まっているようです(和して同せず、てな感じでしょうか)。自分と似たような香りを持つ人を探すためにぼくは本や原稿を書いているのですが(それはこういう仕事をする人には多い動機のはずです)、ブログで言えばコメントやトラックバックとともに、ここのランキングの面々もいわば仲間のようなものかもしれません。いくつか愛読しているものもあります。
 さて、ここでこんなことを言っても仕方ないかも分かりませんが、最近のこのランキングに一つ不満があります。と言うのは、順位の下に「UP」や「DOWN」の表示がされるようになったのですが、それがサービスの改善だとしても、瞬間瞬間に表示が切り替わるのが大変煩わしいのです。このページなどは駅伝やマラソンで言えば五位集団(第三中継車とでも申しましょうか)あたりをさまよっているので、駅伝やマラソンと同じく一時間とかそれこそ数十分のうちにめまぐるしく順位が変動します。それがいちいち正確に「UP」や「DOWN」などと表示されるわけですから、たとえばごく数時間のうちに一度上がりまた一度下がると(つまり数時間で順位の変動はないのに)、もう「DOWN」とされてしまいます。マラソンでもこんな感じで順位を気にしていたらとてもマイペースでは走れないと思いますが、ブログでも順位の上下を本当に気にしだしたら一日中パソコンと向かい合わなくてはなりません。もう少し長いスパーンでの「UP」「DOWN」表示に変えてほしいものです。
 順位に関しては前にも申し上げた通り、七位~十四位あたりに付けていられればありがたいです。ご協力お願い申し上げます(賞金などは出ないようです)。「ブログランキング」にクリックすると加算される仕組みです。
[PR]
by gikyoudai | 2004-12-30 15:18 | はじめに
このブログについて(3)
 右上「関連ページ」の下に「エキサイトブログ」のコーナーがあります。

 ここは「麻生晴一郎のページ」とリンクを貼ったもの同士であるエキサイトブログのページが羅列してあります(最近有名になったライブドアのブログなどはここにリンクできないので、画面左、「カテゴリー」の中の「リンク集」の中に収めてあります)。

 「エキサイトブログ」の中に羅列しているものを上から順に説明すると、
★「はろばろと・・・・」・・・・東アジアの公共圏、メディアの研究をしつつ韓国ドラマをはじめとしたサブカルチャー批評も展開されている方のページです。ぼくがまるで疎い韓国ドラマをしっかりフォローしてくれます。
★「マンモスちびのページ」・・・・80年代の鉄道をはじめとした懐かしいカルチャーや、中国・韓国・台湾のB級ネタ、グルメ、酒などを写真つきで紹介するページです。きわめて近い関係にある人間で、たまにぼくが登場してくるかもしれません。「麻生晴一郎のページ」を別の面から捉え直すとこうしたページになります。
★「ごはん日記」・・・・都内のなんでもない食い物屋のグルメ情報や日々のおかずのレシピ、それに映画情報などが入っています。目線が高くなく、好感が持てる情報ページです。こういうページをリンクさせることで幅を広げていきます。
★「リトルカズオの赤坂日記」・・・・永田町で働く、高校の同級生、カズオ君のページです。ぼくも参加する「失われた80年代の青春を取り戻す会」のメンバーです(まだ発足してまもなく、具体性のない会です)。

以上、お分かりのように、「エキサイトブログ」に入っているページは必ずしもぼくの主義主張や雰囲気とは一致しない場合もあり、内容を問わず今後もどんどん増やしていきたい所存ですので、お気軽にリンク参加をお願いいたします。

[PR]
by gikyoudai | 2004-10-27 06:45 | はじめに
このブログについて(2)
ブログの見方を順次説明していきます。
(右上)
「関連ページ」
このページのリンク集とも呼べるものです。上から順に。
(1)プロフィール・・・・ぼくがどういう人間であるかが書かれています。

(2)書籍購入はこちら・・・・拙著を購入、あるいは眺めるにはここをクリックしてください。

(3)ブログ・ランキング・・・・ブログにはランキングというのがあって、エキサイトに限らず各社の多数のブログが参加して順位を競い合っています。ここをクリックすると得点が上がり、ランキングも上に行く仕組みになっております。「麻生晴一郎のページ」は芸術・人文全般部門の7位から14位あたりを彷徨っていて、このへんがちょうどいいかと思っておりますので、できたらここをクリックしてからランキングをのぞいてみて、そこらへんの順位に収まっていることを確認していただけますと幸いです。ランキングの中のINはこのページからランキングに進んだ人の数、OUTは反対にランキング表の一覧からこのページに入ってきた人の数を指します。なるべく多くの人に見てもらうために加入し、そのおかげか、何者でもない人間の私的で硬い内容のブログとしてはまあまあの参観者がいるかもしれませんが、まだまだ少ないのが現状です。将来的にはもっと増やしていって、このブログをのぞいたことがきっかけでカップルや市民団体が登場したりでもしたら幸せです。

(4)中国物産カタログ・・・・中国茶、健康食品、器など、買い物をしてみたい方、あるいはたんに物をみてみたいという方はこちらをクリックしてください(クリックしたからと言ってお金をとられたりはしません)。

[PR]
by gikyoudai | 2004-10-23 07:30 | はじめに
このブログについて(1)
 ブログはけっして本や雑誌や匿名掲示板ではありませんので、ブログらしい展開をしていきたいと思っております。そのために以下のことを考えています。

(1)ブログにふさわしい題材を模索しながら書く(「紅葉の名所」のような既存のものではなしにです。今はわりと長い雑文がメインですが、流れによって変わっていくことになるでしょう)
(2)トラックバックをする。ただし時事ネタはもう少し様子を見てから始めたいと思います。どういうネタがトラックバックにふさわしいかがまだよくわからないためです。基本的に知り合いやよくこのページに来る人から始め、ネタをある程度関心事に限定しつつ、じょじょにトラックバックの輪を増やしていきたいです。特にこの点で期待しているのは80年代の青春を振り返る動きでして、「リトルカズオの赤坂日記」あたりに期待しているのですが、今のところまったく乗ってきてくれません。みなさんのトラックバックをお待ちしております。
(3)コメントを歓迎します。ブログのない人のコメントを歓迎するとともにブログ入りを勧めます。コメントは必ずしも記事に対してのものである必要はありません。たとえば中国論に対するコメントが飲み屋の話でもいっこうに構いませんし、レスも喜んでいたします(誹謗中傷は除きます)。
(4)参観者の要望によって内容を調整させるつもりなので要望のコメントも願います。(たとえば中国の現在の敏感ネタ(註)という要望が多くなれば多少披露いたしますし、恋愛論が必要というのでしたら取りいれるか、もしくはおすすめのページにトラックバックしたりもします)
(5)将来的にはこのページが一人でも多くの自殺者を食い止め、一人でも多くの鬱に悩む人を救い、一人でも多くの迷走者が立ち直って、新たなる世界の建設に向かって歩み始めて行くことを目標とします。どうやったらそうなるのかがイマイチよくわからないので、ご指南くだされば幸いです。
 まだ立ち上げたばかりで試行錯誤しながらやっております。温かいご支援をよろしくお願いします。


(註)敏感(mingan)
中国語で「敏感」という意味ですが、主に政治的なことに使い、「あれは敏感だ」のように言うと、「触れてはいけないことだ」の意味になります。ぼくが中国で最もよく耳にする言葉の一つですが、それは中国人がよく使うというよりぼくの言動がそうさせているのかと思われます。
[PR]
by gikyoudai | 2004-10-23 06:57 | はじめに
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧