> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
カテゴリ:野球( 37 )
神宮で過ごすのもいい
b0036982_2311315.jpg

弟に誘われて神宮球場のヤクルト広島戦に行く。都会のど真ん中、夜の神宮は異境じみていて過ごしやすく、カレ‐を食べながらどちらが勝とうが構わぬ試合を観戦する。阪神ファンだが、都会のオアシスのごとき気分を味わうなら客のほどほど少ない広島戦がいい。
[PR]
by gikyoudai | 2008-05-15 23:01 | 野球
プレーオフをどう捉えるか
 日本シリーズで福岡ダイエー、西武、千葉ロッテ、北海道日本ハムとパリーグが4年連続で勝った。この2年はパリーグ圧勝の感が強い。プレーオフ導入によるセリーグの日程面の不利やトーナメントに慣れたパリーグの優位性が挙げられるが、ぼくは何よりも、03年阪神や今年の中日が終盤失速したことをみたい。すなわち9月以降時点で言えばこれらの優勝チームがセリーグ最強でない点だ。
 来年からセリーグでもプレーオフが施行されるが、中日・落合監督は導入に反対の意見を度々述べている。それはプレーオフで本来2位3位のチームが日本シリーズに進出することで年間を通じてのペナントレースの価値が下がるのではないかとの認識に基づいており、一理あると思う。2位チーム、3位チームが優勝するなどおかしいのではないかとの感覚は素人からみてもうなづけるものではある。
 とは言え、最初の話に戻るか、ペナントレースは長丁場であるだけに最後の方は息切れしたチームが優勝してもけっしておかしくない。昨年の阪神がそうだった(03年はさらにひどかった)し、今年の中日も9月以降で言えば息切れこそしてないが首位ではない。その年において日本で一番強いのがどのチームかを明らかにするのが日本シリーズなのだとしたら、シリーズの開催時期の前後に最強のチームが出場しないことは不均衡だと言えなくもない。その意味で、プレーオフにもそれなりの理があるように思える。そして、この制度の導入でセリーグにおけるペナントレースの意味が変わり、また野球が変わっていくことをファンとしてはたのしみにしたいと思っている。
[PR]
by gikyoudai | 2006-10-27 20:30 | 野球
東海大相模の応援
 こんなサイトを見つけた。原稿を書く合間に聴くのがいい。
「(右中央の「応援曲 ♪マークをクリック」の部分)」

 高1、高2と2年続けて、夏の今ごろの時分に球場でこの応援を聴き、東海相模に勝つわけもないので、その晩は打ち上げで片瀬海岸に繰り出した。きわめて個人的なことだけど、80年代のとても懐かしい曲。今も変わらない。そこのところがいい。

神奈川大会
(5回戦=ベスト8決まる)
横浜9-0湘南学院(7回コールド)
東海大相模10-0大和南(6回コールド)
桐光学園4-1相洋
横浜商大11-4慶應(8回コールド)
横浜創学館11-4日大藤沢(8回コールド)
桐蔭学園8-1橘(8回コールド)
鎌倉学園7-4藤嶺藤沢
光明相模原1-0平塚学園

(準々決勝)25・26日
横浜商大19-2鎌倉学園(5回コールド)
東海大相模7ー3桐光学園
横浜12ー2横浜創学館(7回コールド)
桐蔭学園9ー3光明相模原

(準決勝)28日
東海大相模15-6横浜商大(7回コールド)
横浜8-1桐蔭学園

(決勝)29日
横浜15ー7東海大相模
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-23 16:44 | 野球
のんびりした野球観戦
たまには人の少ないスタジアムもいい。粉雨の降る中、外野席近くで購入したカレーを食べつつ。
b0036982_23184667.jpg

               (ヤクルト2×ー1広島)
[PR]
by gikyoudai | 2006-05-02 18:05 | 野球
清峰野球部に贈る言葉
 春の選抜高校野球で準優勝したものの、決勝で横浜に0-21の記録的大差で惨敗した清峰高校野球部のホームページ掲示板を見ると、公立の無名学校が長崎県勢としては初となる決勝進出を果たしたことを讃える声と、決勝で惨敗し途中から集中力が切れたことを恥とする声に二分していて、両者が罵り合う場も見られる。大健闘なのか恥なのか、こうした議論はともすれば真っ二つに割れがちだが、往々にして真っ二つに割れる意見のどちらかに加担すると事態が見えにくくなるのではないかとも思う。
 ぼくがどう思っているかと言えば、恥であることには違いないと思う。それだけの惨敗には違いない。そして、恥であることがいけないことなのかどうかを考えてみることも大切ではないかとも思う。清峰はそのような恥を受けた一方で、明るいニュースに欠ける九州の名もなき地方にどれだけの希望を与えたか、そしてその栄光は恥を消すものではないし、同時に恥に消されるものでもない。恥は前進の糧であるし、恥をかかない栄光などありえないのではないか。
 AとBのどちらかを選ぶという発想にしばしばぼくはなじまない。AもBもどちらも手に入れたいと考える。清峰高校もこれまで誰もなしえなかった栄光と、次の目標への糧となる恥との両方を獲得したということでどうだろうか。夏にまた見たい学校だと思った。
[PR]
by gikyoudai | 2006-04-05 22:26 | 野球
ファン心理
Excite エキサイト : スポーツニュース
横浜は都会の名門私立校(野球学校)で、全国から有名選手が入学し、監督・部長の厳しい指導のもと、緊張して野球に臨んでいるのがわかる。
かたや清峰は長崎の田舎の無名県立校、県外からの選手は1人もなく、伸び伸びプレーが信条。
野球・社会・教育・地域性・・・どのように考えても清峰を応援すべきだと思う。
でもぼくは横浜を応援する。
理由は好きだから。
[PR]
by gikyoudai | 2006-04-04 12:02 | 野球
さてプロ野球だが
Excite エキサイト : スポーツニュース
 今年の日本のプロ野球ははたして盛り上がるのか?
 少なくともぼくは現時点でスポーツ新聞ですらプロ野球情報は飛ばしている。
 特に代表にふさわしいにも関わらず本人もしくは球団の意志で出ていない選手にはなかなか興味をおぼえづらい。
 成績や攻守走揃っているということではなく、天才肌で勝負強そうな選手、たとえば今岡(阪神)、堀(ロッテ)、前田(広島)、井端(中日)、清原(オリックス)のような選手を見たかった気持ちもあった。
 活躍した、しないに関わらず、出た選手は精一杯やったと思うし、所属する球団に関わらずこれからも応援していきたい。ぼくは阪神ファンだけど上原先発の日は読売を応援しようかと。
[PR]
by gikyoudai | 2006-03-16 16:03 | 野球
清原選手を
今年は応援しようと思う。プロ野球選手になって初めて巨人ブランドの影から離れて、彼自身として勝負する彼を。
[PR]
by gikyoudai | 2006-02-03 18:22 | 野球
箱根駅伝と大リーグ
 箱根駅伝がおもしろいのは、伝統に裏打ちされたいろいろな決まり事があるからで、11位から下はシード権(来年の無条件出場権)がもらえないとか、復路で10分遅れの学校が一斉スタートになるとか、トップから20分遅れの学校はリレーのバトンにあたる襷(たすき)をつなげないとか、なぜ11位、10分、20分なのかはわからなくとも注釈の介入を許さない伝統が存在し、そこがおもしろい人にはおもしろい。5区の山登り、6区の山下りも陸上競技としては異質だが、そこが伝統に裏打ちされていることがきっとおもしろいのだろう。
 通常こうしたおもしろさは比較的昔から親しんだ人でなければ分かち合えないはずのもので、海外の陸上競技好きがどこまで共感するのかは疑問だが、一方で日本で大リーグにはまる人はえてしてこうした類のこと、たとえば7回になると球場全体で唄をうたうとか、ボストンのような非合理的な構造のスタジアムとか、すなわち伝統という以外に存在理由のないものに惹かれていく傾向があることに一考の余地があるのではないかと、今しがた風呂に入りながら思い至った。ゴルフで言えば全英オープンもそうだ。
 そう言えば、高校野球の砂をもって帰るとか、敗者の千羽鶴とか、試合開始終了のあのサイレンなどもそうで、相撲などが典型で伝統のある競技にはこうしたことがおもしろさをもたらすことが多い。ところが、ぼくが思うに日本のプロ野球では全く思い当たらないのだ。「うーむ」と嘆息を吐きつつ長風呂から出た。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-05 03:35 | 野球
なぜ球児が年上に見えるのか
 テレビで見る高校球児はぼくよりも年上に見える。大学に入ってからも就職してからもそして今も相変わらず高校時代以前の感覚で彼らを見るのは不思議だ。女性ファンなどが「◎◎君」などと呼ぶのにはなじめない。
 サザエさんをみていつまでもカツオやワカメに感情移入するのと同じ心の働きなのだろう。きっとぼくは今も甲子園に憧れているのだ。
 野球を本格的にやらなかったことを後悔する。才能がないことはわかっているが、才能があろうとなろうと好きな野球に打ち込む発想が残念ながら高校当時のぼくにはなかった。実家が野球一家なので野球をやるのは自然な成り行きだったが、だからこそやらなかったきらいがあったのも否めない。
 後悔は他人から理解されがたい形で引きずる。少し前には「高校野球道」というシミュレーションゲームに興じたことがあった。作業に疲れると(あるいは作業に盛り上がった時こそ)ネットで高校野球サイトを探し、かかる曲を幾度も聴く(あるいはこんな曲も)。たぶん一生このままなのだろう。
[PR]
by gikyoudai | 2005-12-22 17:02 | 野球
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧