> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
カテゴリ:テレビ・映画・美術・音楽( 33 )
「衝動」北京芸術村から20年
 7月4日(日)夜22時45分~90分間、ハイビジョン特集『北京芸術村から20年「衝動」』
が放映されます。「中国の現代アートがおもしろい」などと、どこかの雑誌みたいに上っ面の現状を追うのではなく、作家の個人や作家性に踏み込んだノンナレーションによる挑戦的な作品です。ディレクターは『麦客』という有名な作品を手掛けた佐野岳士さんです。ぼくも片隅に名前を入れてもらえました。ありがとうございます。
b0036982_10322784.jpg

・・・・・・・・・・・
 表題は20年とありますが、99年に画家村の本を出したぼくにとっては「あれから10年」との感慨がよぎります。この番組でも王慶松、徐一暉、宋永紅の人生はまさに番組が描くように好対照を成しています。かく言うぼくや、中国もあの頃想像していたものと大きく異なります。中国と関わるものにとり90年代末期から2010年にかけての変化は特筆物だと言えます。
・・・・・・・・・・・
 変化をとらえ続けたものとして中国を扱った日本のテレビ番組は活字に負けないものだと言えます。
 上で挙げた佐野さんをはじめ、中国を得意とする数多くのディレクターやプロデューサーが活躍しており、視聴率の問題だけでなく、作り手たちの意識が、たとえば彼らが微妙に近しい関係で互いに意識し合っている意味で活字メディアより有力かもしれません(活字メディアが一部の担い手が出版社の徒僕になりがちで、だらしないのでしょう)。中国物は何と言っても取材が大変ですから活字だけでなく映像の世界でも専門化しやすいのです。
 最近では70年代生まれの作り手の台頭も目立ちます。
 同じく4日、13時~14時半、BS2にて、ドキュメンタリーシンポジウムに米本直樹君が出演。彼は中国業界関係者の間でも話題になった四川地震のドキュメンタリーを立て続けに発表した若手ディレクターです。
 また6月20日にETV特集 で放映された『中国残留孤児 夫たちの歳月』も3年にわたる取材で完成した作品。中心になったアジアンコンプレックスの佐藤充則・平野愛はぼくよりも年下の若手製作者ですが、数々の中国取材を手掛ける中で長年戦争問題に取り組んでいます。拙作でも紹介しましたが、中国の民間やら市民社会を考える上で戦争問題は実は古くて新しい問題・ファクターであり、その意味でも2人の活動に注目しています。
 そして、アジアンコンプレックスには中国コーディネーターの第一人者、プロ中のプロと言うべき大谷龍司さんもいたりとなにかと刺激的な場です。
 今後とも注目していきたいですし勉強したいです。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-03 10:07 | テレビ・映画・美術・音楽
おじいさんの古代米(地球環境映像祭)
 新宿御苑前近くの四谷区民ホールで開催されている「第18回地球環境映像祭」の中の一作品「おじいさんの古代米・・・雲南の小さな村から」(08年リン・ヅーヅァン監督)をみてきました。
 長らく古代米を栽培してきた雲南の山奥のチワン族の村。ここにも開放経済の嵐が訪れ、主に90年代以降、政府主導による新品種米の栽培の開始、若年層の広東省への出稼ぎが顕著になり、農薬に汚染された過疎の村へと変質していきます。ここまではよくある話ですが、この作品が追っているのはそういう中で近年の経済不況から広東省から故郷に帰る若者が増え、その中で農薬が不要な古代米の栽培を始めた若者の活動です。今も周辺の農民は収穫量の少ない古代米に見向きもしない風潮が一般的な中、彼は明るく古来の農業をやっていきます。
 ぼくは最近、白米を食べる頻度を減らして玄米や黒米をよく食べるようになりました。そうしてみて、日本の食卓や農業でも無農薬や古代米が見直されつつあることをあらためて知ったのですが(これまではコメと言えば美味なブランド米にしか関心がなく、そもそも米よりもハンバーガーが好きでした)、同じようなことを考える人が一部ながら中国にもいること、また担い手が出稼ぎ帰りの若者だということはおもしろいと思いました。台湾出身の監督もそのような興味から作品を撮ったように思いました。
 主人公の若者たちはどのような曲折や葛藤を経て古代米栽培をやるに至ったのか、そうした若者はどれぐらい広がっているのか、このような内容の作品で核にするとしたらそのようなことかもしれません。おもしろい現状を伝えてくれた一方で核となる部分は若干希薄に見えました。普及の具合を調べるのは難しいのですが、たとえば古代米の栽培で生きていくのがいかに困難か、などを丹念に追うだけでも説明できたはずです。主人公一家の人が汚染を語っているのには大変違和感を持ちました。最初から飛びぬけてしまったように思えたのです。要は過程が不十分だったということでしょうか。
 そういうこともあってか、上映後の監督への質疑応答では作品そのものよりも中国での農業の実態(いかに汚染されているかなど)に触れたものが目立ち、やや退屈しました。
 監督は雲南に住んでいるそうで、だからこそ可能なきわめて定点観測的な民の取材(それは被写体のカメラへの慣れからもうかがえます)にも現れていて、さんざん見てきた雲南ですが、新鮮な感じを抱きました。またチワン族の音楽が以外にかっこいいのにも驚きました。総じておもしろく拝見しました。
 地球環境映像祭は7日まで開催されております。「アース・ビジョン 地球環境映像祭」
[PR]
by gikyoudai | 2010-03-06 09:56 | テレビ・映画・美術・音楽
恵比寿映像祭で中国の映像作品をみてきました。
 今日発売の週刊金曜日で馮正虎氏の件で寄稿しています。機会あればご一読ください。
 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー3月号の中の『歴史に学ぶ』で、以前書いた「『韓非子』『孟子』に学ぶコミュニケーション術」の続編が転載されました。機会あればご一読ください。
 考えてもみれば今年最初の紙媒体での文章発表です。本年もよろしく!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 前にブログで触れたように東京都写真美術館で開催されている恵比寿映像祭の中国作品をみてきました。3人のアーティストによる映像アート4作品の上映で、全部で98分でした。
 映像アートって一体何なのでしょうか・・・・・映像アートと映画の厳密な区分けはありませんが、たとえばの話、ピカソの作品をみて主張や時代背景やらを読み取ろうとせずになんとなく作品世界を感じていくという鑑賞がアートには可能で映画には難しいのだとすれば、体感することが映像アートに対しては有効なアプローチかもしれません。今回の作品群はまさしく映像アート作品と言えます。
 その意味で映像アートの魅力を存分に出していたのが梁月の≪まだ宵ながら明天≫と楊福東の≪city light≫の2つでしょうか。前者は彼氏(?)に対する若い女性の手紙文がえんえんとつづられる作品です。普通映像作品では映像がメインで音がそれにつられていくところがありますが、この作品では女性の語りが先にありきで映像はあくまで語りを説明するために使われます。テレビ業界などでは説明映像と言ったりしますが、通常はごくごくたまに挿入された説明映像がこの作品ではほとんどすべてにわたっていて、これだけ極端だと強く印象に残ります。その語りですが、30ぐらいの都会の女性のやや屈折した感覚なのでしょうか、はっきりとした物語はわからずとも何かを感じます。女性のものうげな声のリズム、そしてえんえんと展開される風景。これらは中国の映像に接する際にぼくがしばしば快感を感じたような映像的瞬間のエッセンスを集めたものと言えましょうか。おもしろく見ました。
 もうひとつの楊福東の作品は彼の作品全部に照らしてみるとあまりインパクトを感じませんでしたが、アジアの中で一定の地位を占める彼ならではの水準を感じさせる作品だとは思いました。
 総じておもしろかったのですが、上で述べたおもしろさとはやはり中国の映像作品にまつわるおもしろさだったかもしれません。その意味では70年代のおもしろさ、上海のおもしろさ、のような作品選択のコンセプトに裏打ちされたおもしろさだったかはなんとも言えません。コンセプトに忠実だったのはむしろこれ以外の2作品だったようで、いずれもあまりおもしろく思えませんでした。宙ぶらりんな70年代、上海の都市生活のようなテーマはなかなか文化現象として圧倒的な面白さを獲得するのは難しいことで、そんななかであえてそうしたものを取り上げていく試みは今後もっとやってほしいと思います。あとひとつ思うのは、70年代都市世代の作品にはよくナンセンスな映像(ひたすら空き缶をゴミ箱に投げるような)が出ますが、これは日本ではアートよりもバラエティ番組の方がおなじみだし、作品の成熟度も高いと思います。宮沢章夫の『80年代地下文化論』という刺激的な本にこうしたギャグがアートだった頃の日本が描かれてますが、その後のバブルやらなんやらで日本ではアートとして上海でのこうした試みに共感する背景がなくなったかもしれない。そんなことを考えたりしました。
 
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-26 15:35 | テレビ・映画・美術・音楽
恵比寿映像祭と八幡クロニカル
 今日から東京都写真美術館で恵比寿映像祭が始まります。中国関連ではヤンフートンら上海のアーティストによる現代生活を題材にした作品が取り上げられます。
 いろんな国の現代的なアプローチを見つつ中国の作品に接してみることは中国を専門にする人にとってもいいトレーニングになるかもしれません。それと、すばらしい作品とは、「これならぼくにもできる」とついつい真似をしてみたくなるふうに思わせてしまう作品(小説なら太宰治と村上春樹がそうですね)かもしれず、そういった作品が多くてアクティブな気分にさせられる展覧会は充実したものだと言えるかもしれません。まだ映像作品を見てませんが、欧米作家の展示作品でそんなふうに思わせる作品を見かけました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 3月16日から北九州でアートイベント「八幡クロニカル」が開催されます。八万湯プロジェクトという北九州で展開されている住民一体型のおもしろいアート活動の一環としてあるものです。 こちらの方はどれだけ事件性があるか、もしくは事件性がなくても住民たちを巻き込めるか、に注目してみたいです。
 ともにぼくは参加しませんが、時間があればのぞきに行こうかと思ってます。両者に直接のつながりはありませんが、共通項は、地域を掲げる・ややレトロ・アジアへの関心・上品さと煮え切れなさの混在、といったところでしょうか。恵比寿と北九州(特に門司)ってちょっと似ている気がするんです。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-19 11:33 | テレビ・映画・美術・音楽
レッドクリフと秉愛
 明日発売の「新潮45」4月号で来月から公開のレッドクリフ2の短評を書きました。機会ありましたらご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 レッドクリフは予算100億円の大作ですが、予算ははるかに少ないもののスケール的にもけっしてひけをとらないおもしろい中国映画が現在公開中ですので紹介します。秉愛(ビンアイ)です。
 あらすじや著名な方々の映画評はこちらをご覧ください。 
 みなさん感動してらっしゃるようなので、ぼくはあえて違う角度から語りましょう(註)。それは立ち退きを拒否する主人公夫妻が立ち退きを説得する政府役人たちと言い争うシーンです。中国で庶民を取材したことのある人はこのシーンを撮ることがいかに難しいかがわかると思います。政府の側に立ち、そのついでに庶民を撮ること、もしくは隠し撮りや偶然を装って政府と庶民の対立を撮ることは簡単ですが、この映画はその逆で、主人公の行動を追う中で日常の光景として役人が登場します。この手のシーンがこの映画で二回登場しますが、後の方はよくある隠し撮りふうでしたが、最初の方はカメラをきちんと据え、実に淡々と撮っています。ぼくがおもしろいと思ったのはカメラを据えてのこうしたシーンの撮影で、通常中国の役人はこういったシチュエーションをカメラどころか取材者が入っただけで大変嫌がり、拘束や暴力沙汰にならない方が不思議なぐらいです。それがなぜ可能だったのか・・・映画をみながら考えたのは、主人公に通じ、なおかつ役人にも説得力のあるロジックで作者が取材に臨めたから、もしくは最初のシーンを撮った段階では完成時ほどには作者が主人公に寄ってなかった、などでしょうか。後者だとしても当初の構想は知りませんが、カメラはすでに主人公を主人公として発見しているのがわかりますから結果としては後者だとしても前者のようなスケールの大きなロジックを作者が長年の取材の過程で持ちえたのだと言えます。
 技術的な問題ではなしに作者が主人公に心を寄せる過程が滲み出ているようで、こういうところがおもしろいと思いました。登場人物で言えば、ある友人から「麻生さんはきっと主人公より旦那さんに惹かれるだろう」と言われましたが、その通りで、主人公の女性もよかったのですが、それ以上に旦那さんがとても魅力的に思えました。

  レッドクリフも秉愛も共に長江を舞台にした人間ドラマで、スタンスも作り方も時代設定も全く違う両者がほぼ同時に公開されるというのもおもしろいのではないでしょうか。

註・・・残念なことに、ぼくは涙線がもともと枯れているのではないかとしばしば言われます。
[PR]
by gikyoudai | 2009-03-17 23:14 | テレビ・映画・美術・音楽
『靖国』上映中止へのコメント
 『靖国』の上映を取りやめる映画館が相次いでいるという記事を何かで読んで、それだけならどうでもいいが、もしかりにどこも上映しなくなったとしたらそれはとても残念であると思うことをこの場で言っておきたい。
 何が残念かというと、右翼の抗議ではなく、映画館が自主的に取りやめる点に対して。そりゃ反対する人はいるだろう。でもそれでも上映するのが表現するということなのではないのか。今報じられている以上の妨害があって上映中止を余儀なくされたというのなら話は別だが。
 先日「右でも左でもなく純粋に映画を知りたいがこのことを周囲に話せない」という悩みのメールを頂いた。そうした人はけっして少なくはないと思う。しかし、そうした人の受け皿が年々少なくなりはしまいか。「反日」に際してぼくはたびたび「反日などある意味どうでもいい、親日の不在こそが深刻」と述べたが、『靖国』に対しても、これと同種のことが言える。反対があるのはもっともだが、それでも本当の意味で支持する層がいるかいないかが大切なのではないかと。それともまったく反対が出ない状態でないと何事もやれないのか。多様性の喪失は、反対勢力の攻撃からではなく、自主規制によってしばしば起こされるように、中国を報じる者としては思う。
 チベット問題をはじめ、中国の官製メディアを見ていると、よくもまあ一様な意見しか出てこないな、と思う。でも、『靖国』がまったく上映されなくなったら、日本もたいして変わらないと言いたくもなる。
[PR]
by gikyoudai | 2008-04-08 21:03 | テレビ・映画・美術・音楽
小倉・ギャラリーソープ
 森山安英さんは1936年生まれ、68年から70年にかけて集団蜘蛛という前衛アート活動を展開し、その後、二十数年を経て、ここ十年、福岡の美術関係者を中心に忘れ去られたその活動の見直しが行われている。ぼくの父親の世代の彼が気まぐれでここで過ごし、オーナーの宮川さん、キュレーターの花田さん、東京芸術大学の毛利先生、九州女子大学の谷口先生夫妻のような美術界の方々がたびたびやってきて、また若い男女の北九州・福岡のミュージシャン、アーティスト、もしくはその愛好者が集い、会話する。昨日は若く熱心な福岡の中国研究者や東京から美術教育の研究者も来ていた。有名無名は関係なく、東京であること、メジャーであることに対して一線を画そうとし、なおかつ東京であることやメジャーであることを避けるのでなく、受け入れて対抗してやろうとする志向がぷんぷんと息づく場。中国現代アートという一見小倉の現代文化と無縁なテーマで、なおかつそのテーマの権威でも何でもないぼくを招いてくれたことに感謝したい。昨日のトークショーでぼくがうまくやれたのかどうかはよくわからなかったが、なによりもぼくがたのしかった。
[PR]
by gikyoudai | 2008-03-24 23:04 | テレビ・映画・美術・音楽
公共に抗して作る”社会”
 またまたパフォーマンスの紹介をします。東京渋谷近辺です。

以下いちむらみさこの文を抜粋。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 11月23日金曜日14時からゲリラパフォーマンスをやります。 渋谷駅南口と東口を横切る246号線と、JR、東急線の線路が交差する、高架下の通路にて。 ここには、ダンボールハウスで暮らしている人たちが10人ほどいます。しかし、その壁にアートギャラリーと称して壁画が描かれ、その作品の支障になるからと、製作者サイドや、ギャラリーサイドが住んでいる人達を追い出そうとしています。その場所の壁には、「渋谷アートギャラリー246」と看板が掲げられ、「日本デザイナー学院」と広告のようにばっちり名前が書かれた壁画の前に、ダンボールハウスが並んでいます。  そのギャラリーは、絵は見えないし、しかも誰も意図せずダンボールハウスを見ることになってしまっている、これでは、まったくパブリックアートになっていません。その「アート」の乱用を推し進めようと、プロジェクトチームや製作者は、住んでいる人たちに対して、追い出しを迫っています。また、その場がギャラリーとして称されると、住んでいる人たちが不本意に見世物になってしまいます。この状況を見て、私はこのプロジェクトは大失敗で、なんて暴力的なのかと思いました。なのに、想像力のない人たちがこれを強行に肯定しようとしています。 http://www.ktr.mlit.go.jp/toukoku/04topics/h18/20070314.htm  
 私はこの場所に通行人と住んでいる人たちがいるというパフォーマンスを行おうと思います。公共の場所におけるアート作品の意味を考えたいです。見に来てください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 こういうのって好きです。さすがは代々木公園で長年暮らすいちむらさんだと思いました。
公共物として与えられたものに意義を唱えて新たな社会(それがいかに微々たるものでも)を作り出していくこうした試みをこれからも支持していきたいと思います。
[PR]
by gikyoudai | 2007-11-22 16:31 | テレビ・映画・美術・音楽
パフォーマンスin山手/池袋
北京で活躍中の井上玲さんが今日東京・山の手地方でパフォーマンスをするそうですので急ですがお知らせします。
『黒い雨 東京巡礼 現場芸術』
9時JR市ヶ谷駅改札前集合
靖国神社にてパフォーマンス
国会議事堂にてパフォーマンス
昼食
2時井の頭線渋谷駅改札右側下車する方右側集合
渋谷街頭パフォーマンス
JR山手線内パフォーマンス
新宿都庁近くパフォーマンス
銭湯パフォーマンス
夕方終了 帰宅

 北京と東京では磁力が違うでしょうが、そうしたことを比べてみるのもおもしろいかもしれません。
 東京でも毎日のようにいろんなハプニングがあるのでしょうが、もっともっと増えて、しかも多くの人に意識されるようになればおもしろいかと思います。井上さんに感謝します。
 ただ、荒川・隅田川沿いと湾岸エリアが主範囲であるぼくの行動エリアに山手が含まれることは滅多になく、今日も所用があるために行けないのは残念です。

 話は変わりますが、最近ぼくは池袋という街に愛着を持ち始めています。ぼくがよく行くのは東側のサンシャイン周辺のエリアですが、ここのとらえどころのなさがいいのでしょうか、徘徊するのにもってこいの地です。いずれ池袋の雑感を書いてみたく思います。
[PR]
by gikyoudai | 2007-11-21 12:53 | テレビ・映画・美術・音楽
捏造の作られ方
Excite エキサイト : 芸能ニュース
 中に以下の捏造の例が挙げられていた。
 米国研究者が「新しい有酸素運動を毎日3分間実践すれば、脂肪燃焼効果がある」と発言したようにテロップを流したが、実際には「3分間の運動をして代謝を大幅に上げることを示した研究を見たことはない」と発言していた。
 これは完全に捏造と言えるものだが、ぼくの製作現場での経験から言えば原因として考えられるものは少なくとも3つ挙げられる。
(1)米国研究者の話は都合が悪いのであえて都合のよい訳にした。
(2)テープの中の米国研究者の話を聞かず(もしくはわからなかったのを放置し)、希望的観測で一方的に訳した(意訳のつもりで)。
(3)外注・もしくは内部でやってもらった翻訳、もしくはその読解がある理由からいい加減で、該当箇所をしっかり訳しておらず、スタッフが勝手に都合のよさそうな場所を探し、「運動」「代謝」との言葉から「新しい有酸素運動を毎日3分間実践すれば、脂肪燃焼効果がある」と言ったものと思い込んだ。

 捏造のわかりやすいパターンは(1)だが、(1)は少ないと思う。もし(1)のようなことをやりたいのであれば、米国研究者の話自体をテープの編集でかえてしまうことをやっているはずだと思う。英語を使用しているのだからなおさらで、ただしマイナー言語の場合は事情が異なる。
 (2)(3)はけっして日常茶飯事ではないが、(1)に較べると考えられることだ。そして、番組を作る側は、こういう話でなければ番組として成り立たない、との意識を持ちながら取材や製作に取り掛かり、このこと自体はスタッフであれば必要なことに違いないが、他方でこのことが安易な視聴者迎合の物語作りや上から言われるがままの機械的作業と化してしまうことで、問題となりうる。もし原因が(2)や(3)なのだとしたら、番組を作っていること、関わっていることの責任感がないからに違いなく、責任感の低下は個人の心がけ(プロ意識)の問題でもあるが、前も言ったようにテレビ局の権限が大きくなりすぎて現場がただ作らされている感覚に陥りがちな構造も挙げられる。(3)を挙げることは実際に翻訳に携わった人に無用の言いがかりをつけることになりうるが、そもそもこの件でも当事者の声が全く聞こえてこず、このことも関わる人間の意識の問題に行き着くのではないかと思う。

 先日、ある編集者から今どきのライターがいかにひどいかとの話を聞かされた。ある人をインタビューしてカギカッコの文章を作る場合に、そのカギカッコの中に該当人物の考えと相反する一般論を挿入してしまうことがあって、トラブルになることがあるらしい。また、今はインタビューの受け手がゲラをチェックすることが恒常化し、そのよしあしは措いておくとして、どうせチェックするのだからと固有名詞や数値をいい加減に書いて平気でいる人も存在するらしい。これもまた書くことの責任感の低下が招いたことに違いなく、そして、こういうことがされることでますます書くことの責任感がなおざりにされる立場に追い込まれることになる。
[PR]
by gikyoudai | 2007-03-01 11:43 | テレビ・映画・美術・音楽
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧