> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2006年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧
地球を感じる
b0036982_17242641.jpg

 17時25分。隅田川あたりを歩いていたら、通行人で川の方を眺めている人がいつもより多いことに気付く。かく言うぼくも川の方を見つめた。雲が壮観で、見とれてしまう。
 地球を感じる瞬間、というのがあって、そのためにわざわざ遠くまで行く必要はない。もちろん遠くへ行く必要もあって、それは鈍くなりがちな自然を感じる心を鍛えなおすことなのだろうが、感じる心さえあればビルの狭間にも「地球」は棲んでいる。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-31 17:24 | 「東京」の中の東京
SAYURI上映禁止に反対する
 やや古いニュースだが、SAYURIというアメリカ映画が中国で2月の上映を予定していたが、禁止になった。カリスマ女優のチャンツーイーが芸者役になったことで反日の高まりが予想されることが理由の一つに挙げられている。悲しい、と言うか寂しいことだ。
 上映禁止についてはこの場で反対を表明しておきたい。上映されることで反日感情が高まることをぼくは歓迎しないが、こういうことをしている限り、反日がいっそう内へ内へ閉じ込められることはもっと嫌だし、上映されることで期待できる、日本バッシングに対抗する擁護論が全く期待できなくなる。
 中国共産党が下を押さえつけて成り立つ日中友好は時代環境からすれば逆行と言わざるを得ず、ここで言う「下」こそが友好を築かなくてはならないが、こういうことが続く限り世論が熟することは難しい。そして、政治を全く抜きにしたアニメやサブカルの日本が中国で主に若い層の間で受け入れられているのが事実だとしても、そういった人たちもやがては政治と向き合わなければならなくなるのであり、そうした時に何かが言えるためにそもそも必要とするものがあることを忘れてはなるまい。
........................................................
お知らせ
いつもエキサイトブログをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2006年1月31日(火曜日)未明よりサーバーの緊急メンテナンスのためエキサイトブログのサービスを一時停止いたします。これにより、エキサイトブログにアクセスができなくなります。
期日:2006年1月31日(火曜日)
時間:1:00AM~10:00AM(最長9時間)

内容:サーバーのメンテナンス
ご迷惑をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-30 16:09 | 中国
友情
 かりに友情を、志や、今までしてきたこと、あるいは今していることが共有・もしくは刺激を与えうる限りにおいて、そして、その人と友達であること自体が本人の何かを輝かせるものである限りにおいて成立するものだとしておこう。つまり、思いやりを出発点とする所謂友情ではない友情を。こうした友情を獲得するためには求めることが必要であり、また、その求めるものとは友情そのものでも対象となる人物でもなく、それ以外の自分にとっての何かであるのだろうと思う。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-29 20:39 | 友情と恋愛
旧正月
 中国では毎年農暦の1月1日が正月で、その前の晩の大晦日を家族などで過ごすが、今日は大晦日にあたる。日本でも中国の人が年越ししていると思うが、ぼくはと言えば作業が終わらずに今日はとりたてて何もできそうにはない。
 最近は旧正月中に海外旅行をしたり帰省しなかったりと、旧来のライフスタイルをとらない人も出ているのは日本と変わらない。そして、これも日本と変わらないことだが、たとえ旧正月らしくない生活をする人が出てくるようになっても、旧正月の気分、といったものは強く残っているとも思う。日本でまともな正月を迎えない人にもなんらかの正月気分があるのと同じように。
 旧正月の気分といったものをぼくなりに判断すると、この時期は何か新しいことが始まりそうな気分がある。たとえば中国の各都市の市場にひしめく屋台は免許制の場合があるが、免許の発行は旧正月明けに始まる所が多いようで、屋台を始める人も止める人も旧正月が境になっているのを数多く見てきた。さらに旧正月明けから社内方針ががらりと変わったり、またデモなどの大きな動きは旧正月明け以降に圧倒的に多い(より綿密に言えば4月5日前後の清明節明けに集中しやすいように思う)ことなど、日本で言えば正月と4月を足したような気分があるのではないかと感じている。
 旧正月を過ごした思い出としては88年でのハルビンの旅社が思い浮かぶ。従業員の一部は帰省するカネ惜しさに旅社にとどまっており、ぼくや経営者家族たちと水餃子を食べ、12時を過ぎると爆竹を鳴らし、近所や知人宅に挨拶回りをした。お年玉は圧歳銭と言い、一文無しだったぼくは5歳になる経営者の息子から1分札(1分は当時のレートで0・3円)10枚を貰った。今も大切に保管してある。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-28 20:26 | 中国
17時00分と17時01分
b0036982_1715929.jpg

b0036982_1715998.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日(27日)発売の「週刊金曜日」の「きんようぶんか」で『尊厳・・・半世紀を歩いた花岡事件』(日本僑報社)の書評を書きました。機会がございましたらご一読ください。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-27 17:15 | お知らせ
無力感が無力を生むことについて
 昨晩は酒の入った勢いからか批判的な話を展開する。批判が前に進む上でのある種の原動力になっていることは確かで、それは大切にしなければならないが、一方で批判が批判の思いとは別の対象を生み出しかねないことに、ぼくはしばしば無頓着になってしまう。
 そんなわけで帰り道は以下のことを思う・・・・
 無力感は実際の無力だけでなく無力だと思い込むことでますます助長されていく。
 たとえばぼくはマスメディアを批判することがあるが、「マスメディアは○○を何も報じない」と言った場合には実際に報じられることが皆無に近いことがかりに事実だとしてもそのように語ることが○○を報じさせようとする芽や思いをも萎ませてしまう恐れがあることには注意せねばならないとも思う。そのわずかな芽を肯定することも大切なのだ。その点、批判は時に応じで否定よりも肯定によってもたらされる場合があると言ってよいのかもしれない。
 思えば無力が無力感から助長されてそれがまた無力感を募らせることには昔から馴染みがあった。たとえばシラケ世代や新人類で括った時の自分、それに「日本は・・・・」と言った場合の日本。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-26 17:25 | コラム
散歩
b0036982_19182813.jpg

 珍しく朝型の生活が続いている。午前中は家に籠っているが、温まらず、なまってもくる。昼過ぎ、近くの定食屋に行くついでに隅田川に寄る。場所を持たぬ人間にとって歩く目的地となる場所がくつろげるのはよい。午後は前からみようと思っていた中国のインディー映画「今年夏天」をみる。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-25 19:18 | 日記
堀江さんについていくつか
 ライブドアをめぐる一連のニュースは残念だったと思う。ぼくはライブドアならびに今回の下落の割りを食った銘柄の株を保有しておらず、そういった類の残念さではない。何が残念だったかと言うと、「ほれ見たことか」としたり顔で言う勢力が出てきそうなことと、ライブドア関連で本当に問題にすべきことが棚上げされまいか、との心残りである。

 ライブドア問題は堀江さんの逮捕で終局を迎えつつあるのかもしれないが、もしかりに逮捕されるような出来事がなくライブドアがこのまま順調に発展していったとしても語るべき問題はあった。それは前にも述べたのだが、「世の中はカネだけだ」と言わんばかりで邁進していた堀江さんのやろうとすることがことごとく既成勢力に成り代わろうとすることでしかなかったこと。堀江さんは新しい人間像を持たれていたかもしれないが、野球にしてもメディアにしても議員にしても宇宙にしても、新しいことをやると言うよりは既存のデカイものに組しようとする、成り上がり的なベクトルが、同業の孫さんや三木谷さんに較べると目立っていた。そして、そのような彼が「世の中はカネだ」と言っていたことはある意味でまことに似つかわしくも思うのだった。なぜなら、既存の勢力、言い換えれば今の日本の根幹を作っている大勢力こそが「カネだけ」の世の中を作ってきたのだから。
 その意味ではこの件が同業の、どちらかと言えば既存の勢力に対して新しいものを築こうとしている他の人や会社にまで飛び火して語られること、たとえば質を問わずたんに「出る杭は打つ」式の教訓が生み出されることをぼくは危惧する。

 そして、言うならば、堀江さんがかかる邁進をした一方では、実際にはさほど貧乏とは言えなくても初めからおカネがないと思い込むがゆえに「負け犬」のような発想を持つ人、あるいはおカネの不安がゆえに今の不満たらたらな職業を辞めきれない人、つまりは世の中がカネだとタカをくくった別タイプの人の存在も取り上げなければならない。「世の中はおカネだ」という点でこれらはなんら異なるものでない。それだったらおカネはないよりあった方がよく、彼が暴走した一因に失う物がなかったことは挙げておきたい。堀江さんのような発想を持つ人にとっては、スーツ姿で満員電車に乗り地道に働くよりはたとえ逮捕されたとしても今の生き方の方がよかったと考えるのではないかと思う。そして、ヒーローとは代弁者でなくてはならず、堀江さんがヒーローだったのは「世の中はカネだ」の世間に塗りたくられたさまざまな綺麗事のメッキを剥いだところにあったのではないかと考える。そういう代弁者たりえるところは凄いことで、また、これまでの享楽や栄光やおそらく残るであろう個人資産も考えて、少なくとも30代の中では悪い生き方ではなかった、ともとらえられなくもない。
 
 前に書いた時もそうだが、ぼくは彼を語る際に「堀江さん」という言い方がもっともしっくり来る。「ホリえもん」という言い方には、何と言うか、敬意なき羨望のようなウォッチャー的な歯切れの悪さを感じてしまう。ぼくは彼に羨望はしないが、凄い人物だと敬意は持つ。だから「さん」付けしている。ただ発想があまりにも違うという点以外に感想のようなものはない。ただ機会あれば一度会って、ぼくのような人間もいるのだぞ、と示しておきたかったとも思う。
 Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-24 15:28 | コラム
風呂の使い方
 風呂は目を覚ますのにも眠くするのにも有用である。眠い時に熱い湯に浸かれば目が覚めてくるが、熱い湯に入っては出、入っては出を1時間ほど繰り返すと、出た後でほどよく酔った時の体調に近くなり、割合早く眠れるものだ。

 昨日は体調悪し。一歩も外に出ず、家でも何もせず、さっさと寝て、先ほど起床。何度も書いているが、4時前後に起床する生活はよい。強いられて4時前後に起床する生活がいいとは言えないかもしれないが、勝手に起きる分には夕方起きるよりも街が寝しずまっている間に起きたいものだ。雪の残る外はたまに風の音がするほかは何も聞こえなく聞こえる。
 前にあるベテランジャーナリストが言っていたが、彼は執筆を3時から7時までしかしないそうだ。横光利一も作業はもっぱら午前中で午後は読書か来客ばかりだったと記憶している。なぜそうなのか、いまだわからないところもあるが、内面からの充実感、といったものは早朝に湧いてくるものだとも思う。滅多に巡って来ないそういうことが幸せだと思えてしまう単純な人間に属する。

 そういうわけで、昨晩は早く寝るために、今朝は目を覚ますために風呂に入った。便利な代物である。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-23 04:23 | 日記
外に出ようか
朝ぼらけ ありあけの月と 見るまでに 吉野の里に ふれる白雪
(坂上是則・古今)


静夜思          李白
牀前看月光・・・・・・・牀前(しょうぜん)月光を看る
疑是地上霜・・・・・・・疑うらくは是(こ)れ地上の霜かと   
挙頭望山月・・・・・・・頭(こうべ)を挙げて山月を望み
低頭思故郷・・・・・・・頭(こうべ)を低(た)れて故郷を思う


 いずれも素敵な詩です。確かに雪道は月の光のように白々と照ります。上の和歌は前の夜の月を名残惜しむかのようですし、後者の李白(雪ではなく霜ですが)は寂しさを引き立てますが、今まで家にこもりっきりで作業していたぼくにとっては、街が華やいでいるようで、むしろウキウキしてきたりもします。さっそく作業の場を外に移すことにいたします。
[PR]
by gikyoudai | 2006-01-21 18:59 | 読書
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧