> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧
不良に憧れる頃
 梅雨明け当座の、秋を思わせるような快適な空気、まもなく猛暑に変わる前のほんのひとときなのだろうが、そんな空気に触れると、いくつかの思い出が頭をよぎる。今ぼくは、雑誌原稿執筆の進行が遅れがちで、なかなか新しいネタを書けないので、そんな思い出の一つをとりとめなく書き記す。
 それは不良に憧れた記憶で、高1の夏休み、九州に帰省して、田舎の喫茶店の前でスクーターに乗る茶髪の女子高生を目にしたことだ。当時は珍しかった茶髪と水商売風の黒のワンピースと色白で華奢な感じがどうにも不健康に思えて、それがよかった。真夏の暑い盛りに冷房のよく効いたインベーダーゲームのある暗い喫茶店でレモンスカッシュを飲んで日を過ごすような、爽快な不健康さとでも言うべきだろうか。若い人は外で真っ黒に日焼けするのがいい、という観念に肯定的に歯向かわせるような明るい暗さ。
 いろいろな背景があるのだろうが、一言で言えば彼女はカッコよく思えた。やがてぼくもそんな空気を自分に含ませようと、安岡章太郎を真似たような自堕落な高校生活を送るようになる。
 こういう心理がどれだけの人に共感されるのかがよくわからないのだが、ぼくがいつの機会かに北京の同世代のアーティストなどにこの話をすると、意外にも似た体験を持つ人が多くて、驚いた。そして、不良に憧れたり、不良になりたいとする願望が彼らの間でもごく普通だったことを知るのだ。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-31 21:39 | 80年代 | Comments(0)
再び疲れたら
 疲れたら高校野球をみます。野球以外の高校生活も満喫し、それなりに勉強もしているような県立高校の選手たちの方が一般受けするかもしれませんが、ぼくは私立強豪校の「野球バカ」とでも言われそうな選手たちをみて、励まされます。高校の時点で自分には野球しかないと思いこんで全力で打ち込む姿に、励まされるのです。
 明日、神奈川の予選は決勝の横浜対東海大相模戦。どちらにも勝たしてあげたいカードで、どういうふうにみればいいか、少し悩んでます。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-28 20:40 | コラム | Comments(2)
疲れたら
 いろいろと疲れます。
 こんな時は、日ごろ歩かない道を歩いたりします。日ごろ考えることと違うことを考えたり、発想にないものと出会うかもしれぬ道を歩いたりします。
 ふだんもよく歩きますし、書くことも人と出会うことも歩くようなものです。何かに疲れた時も歩きます。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-26 15:58 | コラム | Comments(2)
何よりも怖い夢
 こういうことがあった。
 検尿のシーンの夢なのか、尿を入れるペットボトルが必要で、探すと冷蔵庫にお茶の少し入ったペットボトルがあったので、それを飲み干してからトイレで尿を採り、尿入りのペットボトルをしばし眺めた後で冷蔵庫に戻す、という夢。
 何てことはない、普通だったら忘れ去るような夢だが、おぼえているのは目が覚めてお茶を飲もうとしたらそこに本当に尿が入っていたから。
 ごくたまに夢と現実の境がなくなることがある。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-25 04:07 | 日記 | Comments(2)
東海大相模の応援
 こんなサイトを見つけた。原稿を書く合間に聴くのがいい。
「(右中央の「応援曲 ♪マークをクリック」の部分)」

 高1、高2と2年続けて、夏の今ごろの時分に球場でこの応援を聴き、東海相模に勝つわけもないので、その晩は打ち上げで片瀬海岸に繰り出した。きわめて個人的なことだけど、80年代のとても懐かしい曲。今も変わらない。そこのところがいい。

神奈川大会
(5回戦=ベスト8決まる)
横浜9-0湘南学院(7回コールド)
東海大相模10-0大和南(6回コールド)
桐光学園4-1相洋
横浜商大11-4慶應(8回コールド)
横浜創学館11-4日大藤沢(8回コールド)
桐蔭学園8-1橘(8回コールド)
鎌倉学園7-4藤嶺藤沢
光明相模原1-0平塚学園

(準々決勝)25・26日
横浜商大19-2鎌倉学園(5回コールド)
東海大相模7ー3桐光学園
横浜12ー2横浜創学館(7回コールド)
桐蔭学園9ー3光明相模原

(準決勝)28日
東海大相模15-6横浜商大(7回コールド)
横浜8-1桐蔭学園

(決勝)29日
横浜15ー7東海大相模
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-23 16:44 | 野球 | Comments(4)
一部分であること
b0036982_1817523.jpg

北京にぼくを通わせるものの一つが、一部分であることの実感です。一部分でしかないこと、けれども一部分でありうること、前者と後者には傍目からはなんの違いがなくとも、大きな隔たりがあると思うんです。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-21 18:16 | 中国 | Comments(0)
1999年も今は昔
 1999年と言えば「北京芸術村」や「旅の指さし会話帳」を出した頃で、そんなに昔のことのように思えないのだが、もう7年も経つのだなと少し驚いた。ぼく自身も周囲も社会もそんなに変わっている感じがせず、ただただ年月が経っている。
 98年頃まで、放浪とも引きこもりとも言える生活を長年送ってきた頃に較べると、99年以来、ことに最近はいつも何かにせかされているようで、慌ただしく一日一日が過ぎているようにも思う。もしかすると一日の体感の長さは長いのかもしれないが、えてしてそういう時は何年か前を振り返ると時間の速度に驚かされることになる。
 ぼくをも含めた社会を見ると、99年から今まで何かが変わったというような感慨はほとんどない。今あることの多くが90年代、もしくは80年代に予定されていたことのような気がするし、一目正反対に思えること(たとえば80年代と今における左翼の扱われ方)も、時代の感覚としてはずいぶん前から予想されていたし、何を考え、思うかは別にしてそのように行動する処世が備わっていたように思う。
 今は目先の課題をこなすだけなのだが、あんまし早く時間が経ってほしくない。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-19 18:55 | コラム | Comments(0)
虚実の存在感
 現状がなぜ現状であるのか、との分析は一面的に割り切れないものだと思う。それは物事の道理に重層性があるとか真実に関することではなく、時として真実に迫ることが無意味な時もある意味でそう言っているのだ。生きる上で客観的な真実がはたしてどれほど必要なのか、と思わされることは多い。ノー天気な勘違いであっても、それがその人を活き活きと生かすものなのだとしたら、その勘違いを振りほどいてまで真実に迫る必要性が常にあるとは考えられない。
 たとえば、以下の原監督のコラムが客観的に正しいかどうか、また人気球団の監督の発言として適切なのかはわからないが、かりに真実でなくても真実以上に真実であろう。

 7月9日のカープ戦と7月11日のベイスターズ戦では、不可解なジャッジがジャイアンツにとって不利なものになりました。勝敗を左右するような状況でのジャッジであり、私自身も納得はしていません。しかし、判定は覆りません。それは重々承知しています。今はミスを犯した審判員が反省してくれればいいと願うだけです。それと同時に私自身、どうしてこのようなジャイアンツに不利になるような誤審ばかりなのか考えてみました。

 今のジャイアンツが、弱すぎるからです。審判員の中で、どちらかのチームに肩入れしているような人はいないでしょう。しかし、現実として、今のジャイアンツは不利な判定が多いのも事実です。では、なぜそのような現実が起きるのか? 「ジャイアンツは弱い」という先入観があるからだと思います。

 何年か前のジャッジは、正直、ジャイアンツに有利に働くジャッジが多かったものです。それは他球団の監督にアンケートをとっても、はっきりするでしょう。しかしその現象は、ジャイアンツが人気があるからではなく「ジャイアンツは強いチーム」という認識が心の奥底に根付いていたからだと思います。「強いチームは負けない」や「強いチームはミスをしない」といった消しようもない先入観が、有利なジャッジを導いていたのだと思います。

 今のジャイアンツはその逆に「弱い」や「ミスをする」という先入観を生んでしまっています。だから不可解であり、不利なジャッジが多くなるのでしょう。この流れを払拭するには、不利な状況を打破するような「強さ」が必要です。言い換えるのなら、納得のいかないようなジャッジが多いのも、自らが招いた種でもあるのです。

 世間では「弱り目に祟り目」という言葉があります。今のジャイアンツはまさにそういった状況に陥ってしまっているでしょう。「不利な判定だ!」と言った泣き言を言っても、この流れは変わらないでしょう。我々がそれに打ち勝つには、強さを取り戻さなければいけないのです。今は苦しい状況ですが、応援してくださるファンの皆さんのためにも、強いジャイアンツを取り戻したいと思います!
(「HARA SPILIT」7月15日より)

 野球選手の本分は野球をやること、この考え方は野球をやろう、ゲームに勝とう、という気にさせられるものである。スポーツは構図がはっきりしているだけにわかりやすいが、生きていく中でこうしたことはわりと多いのではないか。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-18 10:11 | コラム | Comments(6)
夏の思い出
 告知が遅れましたが月刊紙『日中経済新聞』で5月号より「中国の新しい風」を連載しております。7月号は第三回「カフェの客」です。この連載は比較的まったりと書いていこうと考えてます。
 『恋するアジア』第50号に寄稿しております。大勢のアジア好きの若者がこの小冊子を手にしたことがあるのではないかと思います。ぼくもその一人でした。最終号に寄稿できたこと、至極光栄です。
 中国で注目されているネット雑誌「縦横週刊」7月10日号に寄稿しました(読者欄)。
 昨日(14日)発売の「週刊金曜日」で以前ここでも取り上げた原博文さんのインタビューが取り上げられています。通訳・翻訳をぼくが行ないました。
 以上、機会あればご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
夏が近いですね。
夏、自分には思い残したことがあります。
高校の時分、ぼくは柄にもなく硬派を演じていたのですが、
夏休みなどに登校し、クラスの女子生徒と帰りしなに藤沢の有隣堂で参考書を見たりして
店を出て、階段を降りるあたりで意を決して
「ちょっとコーヒーでも飲まんか」などと言い、
ファーストキッチン(もしくはマック)に立ち寄る、
などということをやりたかったのです。

女性と付き合うことは何歳でもできますが、
ファーストキッチンに寄るだけでときめくことは
中学・高校の時分にしかできないことです(そして、書店帰りにはそのまま電車で帰ることが常識であった中、女生徒にコーヒータイムを作らせることはきわめてスリリングなことでもあるわけです)。

高校時代に女性との付き合いがなかったわけではありません。
その頃、ぼくはひたすら大人の女性に憧れていて、
3歳上で、すでに仕事をしていた、浜辺に住む人とよく一緒にいました。
その頃のぼくたちの常識では
女性と一緒に過ごすためには
初めに
「付き合ってください」と言って
了承される必要があると考えられていました(ですから同級生とマックに立ち寄る、などということも気軽にはできなかったわけです)。
そんなわけでぼくがその人に
「付き合ってください」
と言うと、
相手は面白おかしそうに笑いつつ(なぜ笑うのか、などと考える余裕はありませんでした)
「付き合うも何もここ(湘南海岸の某所)に来たらいつでも話せるじゃない」
と返しました。
これをOKと曲解したぼくがその後どういった曲折を見せるかはここでは省略いたします。

ともかく10代の頃のぼくは、女性と気軽に付き合う、という発想が全くなく、そのために失ったものは大きいのではないか、などと考えたりもします。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-15 18:19 | 友情と恋愛 | Comments(8)
躓きにご注意を!
 夜、作業場を後にし、六本木一丁目駅のエスカレーターを降りていると、上から激しい音が近づく。
 振り返るや、立派なスーツを着た白髪の紳士が、ぼくの目の前の所まで転げ落ちてくる。こういう時、なぜかぼくはおそろしく冷静に対処することができ、普段は自慢にもならない体重も助けになり、その人を両手で受け止め、事なきを得た。二十段近く落ちたようで、ぼくがいなければ、あるいは、ということになっていたかもわからない。
 脳梗塞か何かかと思い、隣の階段で休むように勧めたが、そうではなく、掛け始めの老眼鏡がまだ慣れてなく、足を踏み外したと、丁重な礼を述べつつ言う。多少酔っていたのかもしれないが、落ちた当初は顔面蒼白だった。しばらく様子を見たが、異常もなさそうなので別れた。
 ちょっとした不注意が思わぬ事故にもなりかねない。そういうことがわかる歳にぼくもなりつつある。
[PR]
by gikyoudai | 2006-07-13 19:50 | 日記 | Comments(4)
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧