> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
07年の目標の再読
 07年の目標を再読した。
(1)もっと書くこと。考えることも行動も書く中で行ないたい。
・・・全くダメ。中国語媒体などいろいろと新しいことをやったりもしたが、肝心の長いものがまるでダメだった。体調不良も一因だが、精進不足としか言いようがない。

(2)中国への渡航に加えて、九州へ年3回(このたびの帰省を含む)行くほか、第3の地も訪ねたい。特にパリに行きたい。
・・・九州行きは目標達成。第3の地としては函館、那覇、ソウル(郊外)と関われたのはよしとしよう。しかし肝心のパリに行けなかったのは大いに悔やまれる。

(3)横つながり社会の成熟をモットーに交流も活発に行なう。
・・・・北京行きに関して言えば、横つながりが多少できつつある実感がある。すなわち横つながりはアートや社会活動などでもともとあるのだが、そのロジックを少しずつ実践しつつある、ということ。

 総じて(1)がダメならダメなわけで、今年は何かをできた年ではない。
 えてして人は「来年からはがんばろう」と考える。そのように節目が持てることはけっして悪いことではなく、ぼくも節目を活かして書いていきたいと思う。

 それではよいお年を!
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-31 17:44 | 日記
民間を追う視点の欠如
 産経新聞にロンドン発の記事で中国民主党結成の記事が出ていた。

中国で「新民主党」結党を宣言 地方では土地返還要求運動 英紙報道
12月27日10時25分配信 産経新聞

 【ロンドン=木村正人】26日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(電子版)によると、中国で、複数政党制による民主的選挙を求めて南京市の元大学教授が新党「新民主党」の結成を宣言した。また陜西、黒竜江、江蘇の3省と天津市では、農民らがインターネット上で、地方当局に収用された土地の返還を要求している。同紙はこれらの動きについて、「中国共産党の独裁支配に対する2つの挑戦」として、当局が農民らを拘束するなど警戒を強めていると伝えた。

 元大学教授は25日、「新民主党は中国共産党の一党独裁体制を終わらせ、複数政党制による選挙を実現するという目的を達成するため、民衆の幅広い支持を得ている」と指摘。「私たちは世界の流れに乗らなければならない」として、複数政党制による民主的なシステム実現に向かって前進しなければならないと語った。

 中国では1998年に「中国民主党」の組織化が進められたが、数十人の民主化運動家が拘束され挫折。10年以上の懲役刑を受けた者もいた。

 一方、今月12日、北部の陜西省で、農民7万人を代表して農地など1万ヘクタールの所有権を主張する公開質問状をネット上に掲載した3人が4日後の16日、国家転覆扇動の疑いで拘束された。その約1週間前には、東北部の黒竜江省で、小作農4万人を代表して10万ヘクタールの土地の返還を要求した指導者が拘束されている。

 東部の江蘇省ではホテルやディスコ、レストランを建てるため地方当局に没収された土地の所有権を主張する運動に参加した2組のカップルが自宅軟禁された。北部の天津市でも開発のため地方当局に没収された土地60ヘクタールの所有権を民主化運動グループが8000人を代表して主張するなど、地方政府の横暴に反発する動きが広がっている。


 この記事はイギリスのメディアの記事をもとにして書かれたものだから、産経の当の記者の考え方ではない、ということをあらかじめことわっておく。だから、この件で以下に述べるような批判を産経に向けるとすれば、それは採用される記事の偏りについてだけで、この記事そのものを批判するつもりはない。
 このニュースで書かれている出来事は、個々で見れば実際に起こっていることだが、個々で見ると実際に起きていることを連ねたらそれが正しいということには必ずしもならない。というのは中国共産党関係者の発想を除けば、ここで連ねられている出来事には関連がないからである。たとえば陝西や黒龍江で起きた出来事は冒頭にある中国新民主党とはなんら関係がないが、イメージ的に結びついたかのように取られる危険性を持っている。
 冒頭の文章は「中国新民主党の宣言」また「農村での暴動」→これらに対して当局が警戒、
という形になっているが、「また」以降の「農村での暴動」うんぬんはここ数年頻発していることであり、ぼくも微力ながらたびたび書いてきたし、海外発も含めて他の媒体でも見えることだ。これらは中国共産党からの「人民」の独立、とでも言うべき現象で、たとえば記事にも出ている「黒龍江省の4万人の反乱」について言えば、弁護士やNPOが足しげく現地の検察・警察に通って解決に向けて取り組んでいる案件であり、関係者たちは新たなる政党などを志向してはいない。この案件に限って言えば、脱共産党、すなわち小さな政府を志向している動きだと取れ、「民間」の台頭は政治案件に限らずとも中国で年々強まっている新しい動きだ。
 こうした民間の台頭は、中国民主党を結成して一致団結して中国共産党と対立する、ような旧来よくある動きにはなっていない。むしろそのような「政治的力学」を避けるところから始まった動きであり、対立・打倒共産党などは濡れ衣にも等しい押し付けられたレッテルなのだ。中国共産党が最も恐れているのは対立政党などではなく、「民衆」なのではないか、だからこそ最近あまりにも過剰とも思える監視・軟禁・暴行が起きているのだろう。その際に当局は常々、民間の事象をこの記事のごとく対立勢力と勝手にレッテルを貼り、弾圧していく。
 このような報道が出されて最も問題なのは、結局しわ寄せを食うのが人権弁護士や農民たち「民間」だということだ。ただでさえ監視などをされる弁護士たちは「打倒共産党」の名目でオリンピックが迫るに従っていっそうの迫害を受ける可能性がある。他方で「新民主党」という誰にでもわかりやすく、なおかつ大上段に構えた冠でもない限り、民間の新しい動きを比較的熱心に伝える欧米のメディアと違って、日本の新聞では記事として採用されないのかもしれない。イギリスのように民間の動きにも敏感なメディアがある国ならいざ知らず、日本ではこうした記事だけが網にかかることが問題だとは言えよう。
 冒頭で挙げた「新民主党」と「農村での反乱」が全く異質なものであることを述べたが、ただ一つ両者が関連性を持つのは、「中国共産党の独裁支配に対する2つの挑戦」ということであり、つまりは両者を結びつけるのは共産党の視点だけなのだ。つまりはこの記事は官方の発想で物事を裏側から考えただけのもので、新しい時代には新しい発想で考えなくてはならないのだと思う。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-28 12:18 | 中国
夜闇に紛れて
b0036982_14313134.jpg

 冬が押し寄せる北京、鉄や油のようなにおいがし、どっぷりと鈍く、動くだけで耐え難い寒さが忍び込んでくる金属的な空気と、おおざっぱで無機質で薄暗い街。
 かつてぼくは、闇に紛れられるこうした夜に触れることがとても心地よかった。警察の目に触れられたくないから、だけではなかろう。きっと、闇に紛れることではじめて重力に任せきりになれるような、そうした持て余し気味のなにかがぼくの中に含まれているからなのだろう。

 カップルを撮った。
b0036982_1436521.jpg
b0036982_14361254.jpg

[PR]
by gikyoudai | 2007-12-20 14:37 | 中国
中日交流について・放火
 先ごろ発売された中国発行の雑誌「盛典」1月号のインタビューを受けました。機会あればご一読ください。
 話題は「中日交流」がメインで、中国の人にぼくの試観を語れる機会はうれしいものです。どういうことを話したかと言えば、日本人(中国人)だから付き合うという関わり方よりも、国籍に関係なくなんらかの価値で付き合うようになるという視点、というかスタンス、それと片側が官方であるような民間交流は民間交流とは呼ばない、ことなど、日ごろ北京などでよく話す内容が主でしたが、不特定多数の人に話す機会はなかなかありませんので、いい機会でした。
 ぼくたちは日ごろ、相手が大分県民だということで友人になるようなことは同郷である場合を除き、めったにありません。中国でも同じことで、武漢の人が相手が沙市の人だということで友人になることはめったにありません(その逆、つまり喧嘩になる場合はあるようですが)。
 友人になるということは相手と価値や趣味ややっていることなどなんらかの接点(接点がない、という接点も含めて)があるからで、それがそのまま日中でも当てはめることができないのか、ということを言いました。
 相手が日本人(中国人)だからということで成り立つ親しみだとか友情を直ちに否定するつもりはありません。ただし、それはもっと熟されたものに向かうべきだと考えています。
 同じようなことは日本の媒体でも話していますが、ぼくが中国で中国の人に話す内容は日本で中国の人に話す内容と同じであることはもちろん、日本や中国で日本の人に話す内容ともさほどの違いはありません。さほどの違いがないことを心がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 R246 homelesshomeを紹介します。先ごろ国道246高架下のホームレス住宅が放火されたことをいちむらみさこさんが独自のやり方で紹介しています。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-17 21:36 | お知らせ
腰の具合
 10日発売の「中国語ジャーナル1月号」に、連載『素顔の中国人』第34回「何かをやるということ」が掲載されています。機会あればご一読ください。
 上記の報告が遅れましたが、最近腰が大変悪く、真っ直ぐに立って歩けないことがあります。そろそろ武術をやりたいのですが、なかなか腰が上がらず、そんなこんなだとますます腰が悪くなる、の悪循環にあるのかもしれません。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-14 14:01 | お知らせ
彦根城
b0036982_11413514.jpg

最終の新幹線を逃してしまい、昨晩は彦根に泊まりました。心身の痛みを感じるので付近を歩きます。ここはとても静かな街です。それがいいことかどうかはわかりません。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-07 11:41 | 日記
城崎にて
b0036982_1236468.jpg

そんなわけで城崎におります。仕事なのでゆっくりしているわけにもいかないのですが、こぢんまりとして静かな街なので志賀直哉の気分にほんのちょびっと浸れるかもしれません。右手下が温泉街、左上は日本海、中央を流れるのが円山川。『城の崎にて』にこの川とともに出てくる東山公園は中央やや右の小高い丘です。円山川を運搬船がのんびりと行き交います。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-06 12:36 | 日記
キハ181との再会
b0036982_2192596.jpg

城崎への出張が決まり、ためらうことなく新幹線姫路乗り継ぎで特急はまかぜに乗ることに決める。国鉄時代から活躍していたキハ181を今も使うのは日本全国でもほとんどないはずだ。城崎へは京都や新大阪から電車特急もあるが、山越えには気動車が合う。内装こそ新しいものの、いまだ現役でがんばり続けていられるのも、あるいは昔ながらの重厚なボディの強さによるのかもしれない。
多少の興奮が手伝ってファインダ‐に指が入ったのはいただけないが、仕事をする中の束の間のたのしみ、古い気動車の年季の入ったエンジン音と振動。普通の特急に乗ることとあるいは些少な違いしかないのかもしれぬが、その些少にえもいわぬ幸福感をおぼえながら但馬路を行く。
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-05 21:09 | 日記
カレンダーを貰って感じる師走
 今日発売の月刊『宝島』1月号で『バブルの渦中にある中国現代アート』を書きました。機会あればご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 腰の状態が大変悪く、しかも遠出も含めて外出の機会が大変多いので少々疲れ気味です。
       でも、
 今日訪れた所から来年のカレンダーを貰いました。今年は思うような活動が全然やれてない気が募ります。あと一ヶ月、がんばっていきたいと思います。
 
[PR]
by gikyoudai | 2007-12-03 20:42 | お知らせ
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧