> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
新しい連載
今日(1月25日)発売の「週刊金曜日」1月25日号から連載『浮操中国』が始まります。月1回、毎回ぼくが書くわけではありませんが、たびたび書く予定です。第1回目「法治国家を目指して闘う人権弁護士たち」はぼくが執筆しました。機会あればご一読ください。
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-25 13:28 | お知らせ | Comments(0)
田舎が小さいということ
 今月前半発行の日本航空の中国語機内誌「JAL翔」1月号で、由布院を紹介しました。そろそろ日本に出回ります。ほかに中国の日本航空の支店などにはあるようです。機会あればご一読ください。
 由布院を取り上げたのは、前にも書いたことがありますが、ここが田舎を「小さな場所」、と定義した上で、だからこそできる全国もしくは国際的な取り組みを行なっていることが挙げられます。この後者が大切で、田舎だからと東京の亜流、もしくはその時代遅れ版&縮小版をするのではなく、東京と全く異なったベクトルを向いていることに興味を持ちます。手作りの映画祭、音楽祭などがこれにあてはまりますし、コンビニはありますが、総じて自治体や大資本の介入を何十年も前から拒否もしくは期待せず、なおかつ観光地として栄えていることは立派だと思っています。なおここで言う東京とは地方としての東京というよりは「東京的なもの」とでも言うべき「東京=日本」を押し付けるような存在としての東京です。この点は首都圏で生まれ育った人にはわかりづらいかもしれません(註)。
 こうしたことを特に中国の地方行政と関わる人にも知ってもらいたくて書きました。中国の場合は北京、上海など大都市と言うよりも、「官」が東京にあたると考えています。そういうものと全く交わらず、なおかつ現代的な注目を受けるにはどうしたらいいか、このことは国家などの枠を越えて個人が生きることにも示唆をもたらします。

註=以前大分県出身で東京に在住していた人がよく「日本の満員電車に乗って、スーツを着て毎日定刻におもしろくもない仕事をする人生が嫌だ」と言って中国やタイなどに通っていました。しかし、大分県に東京の中央線のようなラッシュは存在せず、不思議なことを言う人だと思いました。その人は東京の中のごく一部分の光景を東京とみなし、なおかつその際の東京とは大分に対するイメージを飲み込むものですらあったわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今日は雪です。冬の雨は嫌いですが、たまに降る雪は好きです。
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-23 12:59 | お知らせ | Comments(2)
まだまだ未熟すぎます
 東京・赤坂のカナダ大使館地下1階「CITY CLUB OF TOKYO」で、昭和30年ぐらいの東京女子大卒業生たちを中心とした「華の会」に招いて頂き、「中国といかに向き合うか」のテーマで講演させてもらいました。実に温かく迎えてくださったことにとても感謝しております。
 参加者はぼくの親の世代よりもさらに一回り上の淑女の方々ばかりで、頗る緊張しましたが、参加者に合わせた題材にするのではなく、あえてふだんよく書き・よく話す内容に終始しました。あらためて認識したことなのですが、この年代の方々はご自身もしくは周囲の人が中国(主に東北部)出身だったりして中国との縁や中国への皮膚感覚とでも言うべきものが予想以上にあり、また、ぼくが中国を語る際によく言う「民族性の違いでなく、日本が喪失した(もしくは喪失したと考えられた)がゆえのカルチャーギャップ」以前のカルチャー、すなわち喪失する以前の日本にあったカルチャー(たとえば友人観など)を備えてらっしゃる面が見受けられ、講演の後の質問の際にかなり具体的なやりとりができた点ではぼくの世代を相手にした同種の講演以上に話しやすかったほどで、また勉強にもなりました。話が通じるだろうか、などというのは全くの杞憂で、むしろぼくは今後若い人たちばかりでなく、戦前をよく知る人たちに話しかけることも大切なのではないか、さらに言えば、「郷愁を追うに過ぎない」と受け取られがちな彼女たちの戦前における中国体験から学べるものがまだまだたくさんあるのではないか、そのように思わされました。
 それにしても、こういう場を余裕をもってこなし、気の利いたジョークとエスプリを含む巧みな話術をしたいのですが、なかなかできません。力が入りすぎたり、つっかえたりするのが自分でもよくわかります。まだまだ未熟すぎるということなのでしょう。上のことも含めて勉強です。
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-16 21:13 | 日記 | Comments(0)
一部分でしかなく、一部分でありうること
 明日発売の中国語ジャーナル2月号で連載『素顔の中国人』第35回「オリンピック気分の陰で」を書きました。機会あればご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 大分市では飲食店の閉店の噂をよく耳にします。ファミレス・チェーン居酒屋の進出や、飲酒運転取り締まりの影響などもあるのでしょう。それと、大分も、一方では駅があって通勤通学の人たちだけで賑わい、他方で本屋もスーパーも大きな道路沿いの量販店が繁盛する、という「日本」によくある街になりつつあります。なりつつある、というよりも、もうすでになった、と言う方が適切かもしれません。それはそうと、ここでは消費以外の文化にはなかなか出会えません。飲食店の閉店とともにそういったものもよりいっそう少なくなっていく、そんなふうに思います。願わくば、「一方では駅があって通勤通学の人たちだけで賑わい、他方で本屋もスーパーも大きな道路沿いの量販店が繁盛する」流れを形成する人たちの中でおもしろいことが芽生えていくことですが、ぼくにはまだ見えません。何か始めなくてはいけないな、そんなふうに思っております。
 大分を思う時も中国を思う時も東京を思う時も日本を思う時も世界を思う時も、ぼくのスタンスは次の一言に集約されます。
 一部分でしかなく、一部分でありうること。
 ぼくが何かを始めたところで大分は変わりませんし、日本も変わりません。そのように考える時のぼくは「全体」です。全体を思考することは時に大切ですが、全体は全体を構成する一部分の活性を育むどころかむしろ無力感という阻害をもたらします。いつの世のいつの場所でもそうかはわかりませんが、少なくともぼくがいる世の、ぼくが暮らす場についてはそうです。大分ではたとえば「画廊などあったところでどうせ誰も来ないよ」と言います。本当に誰も来ないのかどうかはやってみなければわからないはずですが、「誰も来ない」と考えることが「誰も来ない」現実を作り出してしまいます。そして、画廊は生み出されなくなってしまいます。
 みなが上がると思えば上がり、みなが下がると思ったら下がるのが株で、株式を発行する会社や世の中の流れも大切ですが、その客観的事実よりも主観が突き動かすのが株に限らず現在の多くの場面に見られます。ぼくはそういうことに抗したい。とすれば、まず、「ぼくが何かを始めたところで大分は変わりませんし、日本も変わりません。」という自分を否定するところからぼくは歩かなくてはならないと考えます。そのことがぼくが一部分にこだわる理由で、そのことをたとえば中国と向き合う際にも実践しようとしています。
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-09 15:57 | お知らせ | Comments(2)
アジア好きと『三丁目の夕日』
アジアウェーブ08年1月号で座談会に参加しています。下のリンクよりお入りください。
アジアウェーブ1月号

 この媒体は学生の頃から知っていたのですが、アジア好きの人が中心読者なのではないかとの固定観念がぼくの頭の中にあって、まさかぼくの名前が出てくることになるとは想像もしていませんでしたが、このような機会を下さるのはありがたいことです。
 ぼくが学生の頃、アジア好き、といった概念が今よりも明確にあったように記憶しています。当時のそれは日本に対するアンチ感情が根底にあって、そのアンチ感情とはたとえば「東京の満員電車は息苦しい」とかそういうことなのですが、パワーもしくは癒しの存在として日本を除くアジアに憧れる、といったことがあったのではないでしょうか。ぼくが時にアジア好きという現象に違和感をおぼえるのはまさに「日本を除く」といった部分で、このことはアジアを目の前にしたときの主体性の欠如と、そして実は主体性が欠如するからこそ生じる(現地での)対人の不在、という意味での個人主義の蔓延を嗅ぎ取ったりしたわけです。
 近頃「三丁目の夕日」という映画を見る機会があって、あれはなかなかおもしろい話ではあるのですが、東京タワーや力道山や夕陽を前にしての登場人物たちのいかにも眩く感じることが当たり前だといった視線の作り方には違和感を覚えざるを得ず、その違和感とアジア好きに対する違和感が似ているのではないか、などと考えたりもします。
 とはいえ、現在の若い人の活動などを見るにアジア好きの内容も様変わりしているかもしれません。それが浅いか深いかなどの質の吟味をあえて棚に上げて言えば、自分、というものの省察は今の若い人の方が優れていると思っています。となると、向こうでの行動の仕方が違うのも当たり前で、若い人ほど向こうに「ダチ」と呼べる友人がいるようにも思うのですが、どうでしょうか?もしそうだとすれば、ぼくが長年こんな活動をしているのも多少は浮かばれる気がいたします。とは言え、ぼくはそれほど若い人と接する機会が多いわけでなく、今回の掲載でどういう感想を抱いてもらったのかを知りたいとも思います。
 
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-05 15:57 | お知らせ | Comments(0)
08年の目標の設定
遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。
みなさまにとって08年がいい年でありますように。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(1月7日修正)
08年の目標を07年目標の反省にもとづいて作成します。
(1)とにかく書くこと・・・言い訳はなし、で。
(2)九州への年3回帰省、第3の地の積極的な訪問、横つながりの成熟化はやって当り前の前提的目標とする。
(3)武術の稽古を続ける。
以上です。あれこれ掲げず、(1)に特化しようと思います。
[PR]
by gikyoudai | 2008-01-04 22:56 | 日記 | Comments(10)
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧