> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2009年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
31日小倉で
 現在、北九州市で北九州国際ビエンナーレが開催されています。いろんな大都市で大々的にやっているビエンナーレを北九州でもやってしまおう、という試みで、今回が第2回。通常のビエンナーレに比べて低予算・アバンギャルド・アンダーグラウンドな試みです。「北九州国際ビエンナーレ2009」


 ビエンナーレの一環として10月31日(土)夕方5時より映画上映+トーク「中国ドキュメンタリー映画の現在」を行います。映画の選定は主にぼくが行い、トークにも出席します。以下の3つを取り上げます。

自由城的囚徒・・・・胡佳(フージャー)監督・撮影、曾金燕(ツァオジンイエン)出演
女人50分鐘・・・・・石頭(シートウ)監督、明明(ミンミン)撮影
排骨・・・・・・・・・・・・劉高明(リュウガオミン)監督 

 「排骨」は東京などでも上映されたことがありますが、「自由城的囚徒」「女人50分鐘」は日本初公開ではないかと思います。特に「自由城的囚徒」は今回のビエンナーレ以外では通して流すことの困難が予想される作品です。このような機会を下さった関係者の方々にお礼を申し上げます。
 ぼくはこれまで中国の少なくない映画・アート・文学作品を日本で紹介しましたが、「日本の人が見てどう思うかを知りたい」と切に思う上で「自由城的囚徒」の曾金燕は最上クラスに属します。日本人にどう思ってもらえるかを切に知りたがっている作品をぼくとしても紹介したく、それが今回この作品を真っ先に選んだ理由の一つです。夫である胡佳は現在獄中にあり、曾金燕自身も今なお監視され続ける日々です。
 中国のドキュメンタリーや現代アート作品は無検閲であることからしばしば「反体制」もしくは「抵抗」のニュアンスを表出しますが、実際に反体制や抵抗の意図で作られるものは限られており、何度か上映会に足を運ぶ中でそのことが理解のギャップになっていることを感じています。無検閲と「反体制」との関係は新書でも触れていますが、理解する上では中国の反体制作品がどういうものかを知っておくことも大切かと思います。アンダーグラウンドなビエンナーレである北九州国際ビエンナーレで紹介する映画としてもふさわしかろうと考えました。
 北九州、福岡、山口、熊本、佐賀、大分あたりにご在住でお時間のある方のご参加をお待ちしております。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本の宣伝です。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)

 26日にサーチナで書評が掲載されました(ヤフーも)。ありがとうございました。
サーチナ
ヤフー(書評文はサーチナと同じです)
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-27 08:33 | お知らせ
北京日記09秋4
 食事日記
10日・・・朝食9時:油条(草場地)、昼食12時:チャーハン(建国門)、昼飲14時:茶(建国門)、夕食20時:貴州土鍋(望京)、夜飲22時:コーヒー(望京)、草場地泊
11日・・・朝飲11時半:水(復興門駅構内)、昼食16時半:NH906の機内食

 北京日記09秋編はこれでおしまいです。帰国後ただちに国内出張があり、更新が遅れたことをおわびいたします。
 今回新書を大量に持参したことはすでに述べました。10日昼には、新書をわざわざ購入して下さるとありがたい言葉を頂いた日本の方々と会いました。夜には最も信頼できる友人の1人と会い、別の友人へ新書をさりげなく郵送してもらうことを彼に依頼しました。本来はすべて手渡しにしたかったのですが、かりに没収されても問題になりにくい相手だったのでそうしました。すでにお世話になった大勢の人に渡し続けていて、この時点で残りは1冊でした。最後の1冊は新書成立にとってきわめて重い意味を持った1人のために残しておきました。その人には郵送は危なくてできません。
 げんにその人は連休前に北京から追い出されていました。なかなか戻ることができず、会えないと思っていたのですが、最後の最後まで1冊を残しておきました。そして、最後の最後に会うことができ、簡単な状況を尋ね、今回持参した最後の1冊を渡したことで今回の旅は終わりました。新書にはあとがきを付けなかったのですが、ぼくにとっての新書の本当の意味でのエピローグをこの時点で終えました。「11日・・・朝飲11時半:水(復興門駅構内)」というのがそれで、集合地点は3度の変更を余儀なくされました。その後、タクシーを飛ばし、ぎりぎりで飛行機に乗りました。
 中国行きはつねづね「終わってみたらやりたいことがそれなりにできている」の繰り返しです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本の宣伝です。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)

 佐賀新聞18日朝刊と19日発売の日刊ゲンダイで書評が掲載されました。まだ確認できていないのですが、ありがとうございました。

 ここ数年、中国に関する本(おそらくアジアと言ってもいいかもしれません)は内容・マスコミでの注目度に関わらず全般的に売れ行きが非常に悪いようで、そうした過去のデータが部数・棚での扱いなど本書にも微妙に影を落としていることを学ばされています。現時点の手応えは出版社の予想を裏切って好評だという感じではないかと思います。ただし、予想を裏切って低迷、よりは明らかにいい傾向だと言えます。
 本書がどの程度売れるか、受け入れられるかどうかは、今後の光文社新書に限らず他の出版社にとっても別の方がいずれ出される本の売り込みになんらかの影響を与えるデータの一部となることを思えば、宣伝活動を積極的にやっていく必要を感じるとともに、中国本・アジア本そのものを語る必要性を感じ始めています。
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-21 00:33 | 中国
北京日記09秋3
食事日記
8日・・・朝食8時半:CA4129の機内軽食、昼食①11時:煮鳥など(草場地)、昼食②13時:牛しゃぶ(遠大路)、昼飲15時:茶(遠大路)、夕食18時:北京料理(朝陽門)、夜飲22時:コーヒー(望京)、夜食1時:スペインの高級ハム(草場地)、草場地泊
9日・・・昼食12時半:湖北料理(甘家口)、昼飲15時:水(西駅)、夕食17時半:四川鍋(甘家口)、夜飲20時:コーヒー(花園橋)、草場地泊
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 すでに日本に戻っております。例によって中国の一般のパソコンではこのブログを閲覧できません。ただし日本の携帯電話からだと見れるし書き込むこともできることがわかりました。
 今回はこれまで取材した方に本を渡すことが活動のメインです。内容上、日本から郵送するのは危険を伴うので直接渡すか、郵送するにしても国内でさりげなく送る必要があります。同時にこれから主に何をやっていくかも模索します。なかなか浮かびませんが、ふと思ったことを会った人にぶつけてみます。たとえばぼくは重慶で地方独自の活動にあらためて関心を持ったのでそういうことを話してみたりします。話しながら少しずつ軌道修正していきます。04,05年あたりの取材ノートを見ると対象がぼやけていたのを痛感します。やはり少しずつ軌道修正がなされていたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本の宣伝です。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)
秋田魁新報10月11日朝刊でご紹介いただいたのは共同通信社の記事でした。ぼくが訴えたかったことを適確にとらえてくださったうえに非常に近しい問題意識を掲示しており、今後ぼくが書評を書く際に参考にしたい書評でした。ありがとうございました。共同の配信なので他の新聞でも掲載されているかもしれません。発見されましたらご教示くださるとありがたいです。
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-19 20:41 | 中国
北京日記09秋2
本の宣伝をしておきたいと思います。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)
その後、サンデー毎日10月25日号、月刊「望星」11月号、週刊プレイボーイ10月26日号および秋田魁新報10月11日朝刊でご紹介いただきました。ありがとうございました。ご紹介をすべて把握できていない可能性があり、もし他の媒体でご紹介されているのを発見しましたらご教示くださるとありがたいです。よろしくお願いいたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食事日記
5日・・・朝食10時:肉餅(鼓楼)、昼食14時半:CA1439の機内食、夕食19時:火鍋(重慶・黄桷坪)、夜飲21時:白酒(重慶・黄桷坪)、重慶泊
6日・・・昼食11時半:豌豆粉蒸鶏など地元料理(重慶・七星崗)、夕食19時半:麻辣湯(重慶・黄桷坪)、夜飲22時:茶((重慶・黄桷坪)、重慶泊
7日・・・朝食9時半:茶玉子など(重慶・楊家坪)、昼食12時:麻辣麺(重慶・楊家坪)、昼飲16時:茶など(重慶・黄桷坪)、夕食19時:高級四川料理(重慶・解放牌)、夜飲22時:ビール(重慶・朝天門)、重慶泊

今回のメインは重慶の滞在です。オルガンハウス(organhaus)という前衛アートの国際交流を推進するNPOが重慶にあり、そこが主催したワークショップに参加しました。ヨーロッパ、アジアなど世界中の前衛アーティストが集結し、2週間あまりの期間内に作品を手がける試みで、現代アートが盛んな北京、上海でもなかなか見られない興味深い試みでした。日本から参加したのは名古屋で活動する武藤勇さんで、中国は初めてでしたが快活な人柄からか外国人アーティストの中でもひときわ現地で人気者でした。彼が今後名古屋のアーティストたちと連携して重慶のアートシーンと関わることを想像すると、東京や北京を無視した、とてもおもしろい交流ができそうに思います。
b0036982_22354488.jpg

招待ではありましたが、特にぼくがすることはなく、アトリエを見て回ったり、オルガンハウスのスタッフと話したりなど、日ごろの北京での活動同様に過ごしました。ボランティアスタッフの中に一人、岩手県盛町出身で重慶に十数年住んでいる女性アーティスト・九九さんがいて、彼女の話す重慶語があまりに達者なのに驚いたりしました(普通話はうまくありません)。ぼくの出会った中国語が話せる日本人のトップ3に入る語学力でした。
b0036982_22363864.jpg

重慶は昔比較的長く滞在したこともあり、友人も多少はおり、夜は夜で友人と飲み歩いたりもしました。成都もそうですが、ここらへんは北京などに比べて「夜生活」(健全なナイトライフ)が大変盛んです。もちろん60周年パレードの話題など全くありません。ここでは北京とは異質な風が吹きます。
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-16 21:26 | 中国
北京日記09秋1
今回の本の宣伝をしておきたいと思います。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)
これまで確認できたもので10月4日大分合同新聞、10月9日週刊金曜日でご紹介いただきました。ありがとうございました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食事日記
3日・・・夕食18時半:NH955の機内食、夜食22時半:湖南料理(鼓楼)、鼓楼泊
4日・・・朝食11時半:ギョウザ(草場地)、昼食13時半:四川料理(麗都)、昼飲15時:コーヒー(麗都)、夕食18時半:湖南料理(鼓楼)、夜飲22時半:茶(和平里)、鼓楼泊
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご存知の方も多いと思いますが、10月上旬は中国では建国記念日の大型連休にあたり、特に今年は建国60周年のために1日~8日の超大型連休でした。このためぼくが日ごろ会うような人たちは活動自粛・(半)強制旅行を余儀なくされ、つまり北京でまともな活動がないに等しい状態となり、当初より今回の中国行きは取材上の困難が予想されました。通常であればこの日程で北京行きなど考えないのですが、なぜ行ったかと言えば招待だったからです。今回は珍しく自費ではありません。
招待とは言え、個人的な目的を携えての中国行きです。1つは今後何をやっていくかを考えてみること。もう一つは取材先に今回の新書を贈呈することです。ただ、後者で言えば、今回の新書はタイトルや中の写真・固有名詞が検閲に引っかかることが容易に予想されたので1冊ならどうということもないのですが大量に運ぶのは没収されることも覚悟しました。3日は中秋節にあたり、その晩は多少なりとも空港職員の仕事のやる気がないのではないか、などと考え、この時間のフライトを選びました。
結果的には税関で別室に連れて行かれ、45分間取調べを受けました。ただ口先八丁で興奮の涙も交えつつあれこれ説明した結果、没収されることなく通過できたのでこの処置が厳しかったとは言えないと思います。こういうことは何度か経験がありますが、いかにその場で解決するかが重要で、上級組織などに話が行ってはまず解決しません。結果オーライという感じの今回の中国入りでした。90年代を思い出しました。
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-13 11:41 | 中国
重慶にいます。
携帯からブログ書き込みのテストです。 こちらは結構暑いです。
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-07 11:33 | 中国
昨日の大閲兵に対して
今日発売の週刊金曜日で連載「浮澡中国」第19回「狙われる公益」が掲載されました。機会ありましたらご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日よりしばらく、返信などがやや遅れると思います。ご了承ください。

今回の本の宣伝をしておきたいと思います。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の友人の詩を(中国語なので文字化けの可能性があります)

观阅兵有感:

我志愿去长街捡拾垃圾
穿着上访者的廉价T恤
头戴草帽
手里拿着编织袋和木钩子
从建国门到复兴门
一路走,一路拾
头也不抬
路过那五十六支大红柱子的时候
我想靠在其中的一支上
吸支烟
然后给朋友发个短信,说
最后一次大阅兵结束了
这不,我在拾垃圾呢
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-02 10:16 | お知らせ
中国紙
 建国記念日の今日、中国で発売の「環球時報」の中で1000字ほどの短文を寄せています。(1)80年代からみて今日の中国はどのように変わったと感じるか、(2)中国の成長で日本の国際的影響力が落ちていることについてどう思うか、の2つの質問に対して答えています。書いたことは今回の本で書かれた内容とある程度一致します。中国の媒体で書く場合には日本の読者をも、日本の媒体で書く場合には中国の読者をも想定しているので、日本でも中国でも同じような内容を語ることになります。そのため暗黙の了解みたいなものをあえて省略せず、時に文章がくどいなどのご指摘も受けますが、自分が書く際のノルマとしております。『北京芸術村』という本を出した時、予想以上に中国人読者の比率が多かったことから、そのようなノルマを課すようになりました。
 宣伝を除くと、今回の本が新聞に載るのはこれが初めてとなります。あの本を最初に紹介するのが中国の、それも官方の新聞であるというところにおもしろさを感じております。ありがとうございました。

 今後しばらく、今回の本の宣伝をしておきたいと思います。ご一読くださればありがたいです。
反日、暴動、バブル 新聞・テレビが報じない中国(光文社新書)
[PR]
by gikyoudai | 2009-10-01 11:47 | お知らせ
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧