> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2017年 08月
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
恵比寿映像祭で中国の映像作品をみてきました。
 今日発売の週刊金曜日で馮正虎氏の件で寄稿しています。機会あればご一読ください。
 DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー3月号の中の『歴史に学ぶ』で、以前書いた「『韓非子』『孟子』に学ぶコミュニケーション術」の続編が転載されました。機会あればご一読ください。
 考えてもみれば今年最初の紙媒体での文章発表です。本年もよろしく!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 前にブログで触れたように東京都写真美術館で開催されている恵比寿映像祭の中国作品をみてきました。3人のアーティストによる映像アート4作品の上映で、全部で98分でした。
 映像アートって一体何なのでしょうか・・・・・映像アートと映画の厳密な区分けはありませんが、たとえばの話、ピカソの作品をみて主張や時代背景やらを読み取ろうとせずになんとなく作品世界を感じていくという鑑賞がアートには可能で映画には難しいのだとすれば、体感することが映像アートに対しては有効なアプローチかもしれません。今回の作品群はまさしく映像アート作品と言えます。
 その意味で映像アートの魅力を存分に出していたのが梁月の≪まだ宵ながら明天≫と楊福東の≪city light≫の2つでしょうか。前者は彼氏(?)に対する若い女性の手紙文がえんえんとつづられる作品です。普通映像作品では映像がメインで音がそれにつられていくところがありますが、この作品では女性の語りが先にありきで映像はあくまで語りを説明するために使われます。テレビ業界などでは説明映像と言ったりしますが、通常はごくごくたまに挿入された説明映像がこの作品ではほとんどすべてにわたっていて、これだけ極端だと強く印象に残ります。その語りですが、30ぐらいの都会の女性のやや屈折した感覚なのでしょうか、はっきりとした物語はわからずとも何かを感じます。女性のものうげな声のリズム、そしてえんえんと展開される風景。これらは中国の映像に接する際にぼくがしばしば快感を感じたような映像的瞬間のエッセンスを集めたものと言えましょうか。おもしろく見ました。
 もうひとつの楊福東の作品は彼の作品全部に照らしてみるとあまりインパクトを感じませんでしたが、アジアの中で一定の地位を占める彼ならではの水準を感じさせる作品だとは思いました。
 総じておもしろかったのですが、上で述べたおもしろさとはやはり中国の映像作品にまつわるおもしろさだったかもしれません。その意味では70年代のおもしろさ、上海のおもしろさ、のような作品選択のコンセプトに裏打ちされたおもしろさだったかはなんとも言えません。コンセプトに忠実だったのはむしろこれ以外の2作品だったようで、いずれもあまりおもしろく思えませんでした。宙ぶらりんな70年代、上海の都市生活のようなテーマはなかなか文化現象として圧倒的な面白さを獲得するのは難しいことで、そんななかであえてそうしたものを取り上げていく試みは今後もっとやってほしいと思います。あとひとつ思うのは、70年代都市世代の作品にはよくナンセンスな映像(ひたすら空き缶をゴミ箱に投げるような)が出ますが、これは日本ではアートよりもバラエティ番組の方がおなじみだし、作品の成熟度も高いと思います。宮沢章夫の『80年代地下文化論』という刺激的な本にこうしたギャグがアートだった頃の日本が描かれてますが、その後のバブルやらなんやらで日本ではアートとして上海でのこうした試みに共感する背景がなくなったかもしれない。そんなことを考えたりしました。
 
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-26 15:35 | テレビ・映画・美術・音楽
病室で(1月10日頃)
 心筋梗塞は手術が成功して経過が良好でも発症後比較的早い時期は合併症が起こりうるので予断を許さず、入院生活が続きます。そもそもいったん心臓を損ねてしまうと日常の思わぬ出来事がスムーズにできなくなります。階段の上り下り、入浴、会話などです。
 一般病室に移ってからの入院生活は経過の観察・正しい生活習慣・心臓リハビリの3本立てで進みます。経過が良好であると元気になればなるほど退屈になります。ただし、実際には頭で思うほど元気ではなく、もどかしくもなります。
 1月10日から一般病室で生活を始めました。4人一部屋でしたが、隣の人が夜中に大変苦しく咳き込むので心細くなり、なかなか眠れませんでした。ただ病室ではすることがないので睡眠不足の問題はありません。おそらく刑務所もそうなんでしょうが、なんにもなくただ時間が過ぎていきます。こういう生活をしていると時間をかききってくれるものが恋しくなります。すなわち、医師や看護士の巡回、3度の食事、面会です。自由に部屋から出れるようになれば別ですが、それまでは誰かが来ない限り平板な何もない時間をすごさなくてはなりません。退屈だと焦りや後悔が混じり、気が滅入ったりもします。面会はとてもうれしいもの。食事時間と重ならないことをおすすめします。
 食事は朝8時、昼12時、夕食18時で、どこでもこんな感じかと思います。減量を命じられており、1400キロカロリーメニューでした。これが意外とうまいのに驚きました。禁煙で飯がうまく感じるのか、食事の時間そのものがありがたいのか、それとも調理師たちの努力なのか、それらのいずれでもあるのでしょう。一食一食感謝の気持ちで食べます。
 
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-25 11:19 | 病気
恵比寿映像祭と八幡クロニカル
 今日から東京都写真美術館で恵比寿映像祭が始まります。中国関連ではヤンフートンら上海のアーティストによる現代生活を題材にした作品が取り上げられます。
 いろんな国の現代的なアプローチを見つつ中国の作品に接してみることは中国を専門にする人にとってもいいトレーニングになるかもしれません。それと、すばらしい作品とは、「これならぼくにもできる」とついつい真似をしてみたくなるふうに思わせてしまう作品(小説なら太宰治と村上春樹がそうですね)かもしれず、そういった作品が多くてアクティブな気分にさせられる展覧会は充実したものだと言えるかもしれません。まだ映像作品を見てませんが、欧米作家の展示作品でそんなふうに思わせる作品を見かけました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 3月16日から北九州でアートイベント「八幡クロニカル」が開催されます。八万湯プロジェクトという北九州で展開されている住民一体型のおもしろいアート活動の一環としてあるものです。 こちらの方はどれだけ事件性があるか、もしくは事件性がなくても住民たちを巻き込めるか、に注目してみたいです。
 ともにぼくは参加しませんが、時間があればのぞきに行こうかと思ってます。両者に直接のつながりはありませんが、共通項は、地域を掲げる・ややレトロ・アジアへの関心・上品さと煮え切れなさの混在、といったところでしょうか。恵比寿と北九州(特に門司)ってちょっと似ている気がするんです。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-19 11:33 | テレビ・映画・美術・音楽
ICU(緊急治療室)
 1月7日昼にカテーテル手術が成功、その後発症72時間以内の急性期は安静が要求されます。トイレに行くことはできません。
 患者の体力・年齢・健康状態によって変わってくると思いますが、ぼくの場合はこんな感じでした。43歳肥満男性、喫煙者、高血圧・脂質異常症、病歴なし、の人間の目安としておきます。
 7日14時 手術終了 
 7日14時15分 緊急治療室へ
 水を飲むことができる。寝返り不可。右手は点滴(血圧安定・血液凝固抑制)、左手は心電図・血圧・鼻は酸素吸入。カテーテルの管は点けたまま。
 7日20時 採血・カテーテル管をはずす(所要1時間。麻酔必要)
 7日24時 寝返りが可能に。睡眠薬を飲んで就寝。
 8日6時半 起床 採血
 8日12時 頭をベッドにつけたまま45度持ち上げるテスト
 異常ないことを受けて昼食(6日夜以来の食事)
 8日15時 ベッドで起き上がるテスト(やや苦しい)
 8日18時 夕食
 8日21時 睡眠薬を飲んで睡眠
 9日6時半 起床 採血
 9日8時 お茶・朝食・薬
 9日11時 室内歩行テスト→異常なし
 9日12時 小便の管をはずす→トイレまでの歩行が可能(点滴ならびに血圧心電図測定の管を携行)
 同日12時 昼食
 同日14時 血圧・心電図測定機が携帯版に。酸素吸入終わり
・・・・・・・ここから一般病室へ・・・
 同日18時 夕食
 同日21時半 就寝
 10日6時 起床 採血 血圧
 10日8時 朝食・薬
 10日11時 点滴はずす。面会者がいれば車椅子でフロア内の移動が可能に。
 
 といった具合でした。8日の昼、初めて食事をしたあたりから多少元気が出るとともにベッドから動けないことが苦痛になり始めます。窓の外を見て中庭を歩けないか夢想したり、病院の地図を見て廊下の歩行が可能になったら病院内を体験しようなどと考え始めます。トイレは9日昼まで無理で大便がきつかったです(結局出ませんでしたが食べる量も少なかったのでなんとかなりました)。
 緊急治療室は手術台のような移動式のベッドの上に寝て周囲を検査や点滴などの装置が囲みます。24時間監視体制で、看護士も始終見回りに来てくれるので話し相手にもなってくれ、病人にとっては過ごしやすい場です。一般病室に移るとこうした快適さがなくなりますので、9日夕方~10日昼のように移動ができるわけでないと、多少いらだちもします。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-16 16:09 | 病気
カテーテル手術
 東京北社会保険病院に運ばれ、直ちにカテーテル手術を受けました。カテーテル手術は軽症なら手首、重症か緊急ならば股間あたりから動脈にストローのような管を入れて心臓まで達し、管を使ってふさいだ血管を風船のようにふくらませたり、ステントという金属で血管のふくらみを固定したりする手術です。心筋梗塞が恐ろしい病気であることは変わりませんが、カテーテル手術が普及するまでは血管同士を糸で繋ぎ合わせるバイパス手術しかありませんでしたから、今の時代の手術はまだらくなのだと思います。
 手術は成功し、痛みが取れましたが、心筋梗塞という病気の厄介な点として痛みが取れたからといって治ったわけでないことが挙げられます。心筋梗塞は心臓を流れる冠動脈3本のいずれかが血の塊などでふさがってしまうことで心筋が壊死して起こります。苦しみの自覚は冠動脈がふさがっていることに対応しているもので、ふさがりが取れて冠動脈の血が再び流れることで苦しみが消えます。ふさがった血管を再開通させるのが今挙げたカテーテル手術です。
 ところが、冠動脈がふさがったことによる心筋の壊死は冠動脈が再開通しても元に戻りません。この壊死こそが新聞などで「心不全による死亡」などと報じられているようなさまざまな合併症をもたらします。心臓破裂・危険な不整脈・肺気腫・脳卒中など致死性のものばかりです。
 7日午前11時半に病院に到着、手術は正午に開始、検査も含めて午後2時ぐらいに終わり、痛みがなくなりました。しかし、発作が起きてから72時間後ぐらいまでは合併症の発生率が高く、手術が終わって元気そうに見えつつ容態が急変して亡くなる可能性が結構あると言います。特に発症後24時間は合併症の発生率が高いそうです。
 そんなわけで手術が終わってからもICUという部屋で24時間監視体制のフォローを受けます。これが9日まで続きました。

 手術~治療には痛さが伴います。ただし、動脈に管を入れて心臓に届かせることには全く痛みがありません。痛いのは手術前後の処置ばかりです。
 参考までに今回経験した痛みの主なものを挙げておきます。ぼくは痛さに大変弱い人間で採血も苦手なのですが、病気の苦しみがあるとあまり苦にならないことを申し添えておきます。痛みに弱い人もご安心ください。
1位・・・股間の大動脈での採血(焼けるような痛さ。意外と時間がかかるのを苦しく感じた)
1位・・・カテーテル手術で麻酔が不足量で管を入れた時のひざあたりの痛み(なぜか全く関係のないひざが焼けるような痛みでした)。
1位・・・手術後、麻酔が切れ、管が入ったままの右大腿部を少し動かした時の痛み(電気が走る痛み。動かしてはいけないと指示されています)。
1位・・・股間の大動脈付近の局部麻酔注射(電気ショックのような痛みです。手術時)
1位・・・尿が流れる管をぼうこうまで入れる(無謀なことをやられている痛み。ただし股間採血とほぼ同時にやったのであまり意識しませんでした。その代わり、外すまで何十時間も違和感が続きます)
6位・・・・カテーテル手術終盤、冠動脈が再開通する前のひととき(閉塞感が募ります。その後、ぱっと抜けたように心筋梗塞の苦しみが消えました)。
7位・・・心筋梗塞の苦しみ
8位・・・尿を流す管を外す時(痛そうな前段が続いてさあこれから本番だと思ったらすでに終わっていました)。
8位・・・股間の大動脈付近の局部麻酔注射(前の麻酔が多少残っているのでそれほどでもないです。管を外す時)
10位・・・集中治療室で絶対安静時の床ずれ(当日24時までだったのでそれほど深刻ではなかったです)。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-12 09:05 | 病気
救急車乗車まで
 1月7日10時過ぎ、かかりつけの病院で心電図を測ると、さっそくベッドに寝かせられ、首を動かさないように注意されました。ずいぶんおおげさだなと思ったのですが、その30分後には意識が朦朧とし始めていましたからありがたい処置でした。
 ちなみに心筋梗塞がおきやすいのは冬場の午前中(特に朝5時から10時まで)だそうで、寒さと起床による血管の収縮や血圧の上昇が関係するようです。ぼくの発作も1月の朝九時ですからこれにあてはまります。
 かかりつけの病院では処置室に寝かされ、鼻から酸素吸入、舌の下にニトログリセリン、左手首から血液凝固ならびに血圧上昇を抑える点滝を受けます。これでかなり良好になっているはずですが、病状も悪化していますからかえって苦しくなります。
 先生方が救急病院と連絡を付けます。先生方をはじめ看護士・助手など大勢がぼくの周囲を取り囲んでおり、それだけでいかに重い状態かがわかります。
 「○△病院満床、拒否」このようなやりとりがしばらく続きます。先生の一人が大学病院レベルの手術になること、二週間程度の入院になることを告げました。後ほど死亡率の話なども出ましたが、このときは全くなく、あまり大げさな言い方をしなかったのだと思います。ぼくの方はともかくこの苦しみが早く収まることを祈るばかりで入院までは頭が回りません。
 ただ16日から予定していた中国行きはどうなるのか、またこの日は晩に飲み会が入っていたのでどうやって断るか、そんなことを一方では考えていました。先生に16日から中国にいけるか聞いてみたのですが、「わからない」と言われるばかりでした。それもそのはずで、この質問はまるで現実味がなく、設定しうる問題ですらありません。心臓の手術をした後の体の衰えはすごいもので、16日頃といえば飛行機どころかエレベーターに乗るのも一苦労といった有様で、まだまだ合併症の恐れがある中、中国行きどころではありませんでした。
 受け入れ先の病院が見つかるまで30分以上はかかりました。だんだんと苦しさが増してきます。この間に応急処置をしていなければさらに苦しかったでしょうし、病院経由のほうが受け入れ先を見つけるのも早いかもしれませんから、病院にいくのは一秒でも早い方がよいと言えそうです。
 11時過ぎ、受け入れ先が東京北社会保険病院に決まり、ベッドに寝たまま、救急車に乗せられます。これまで街中に救急車が止まっていると、野次馬気分でのぞいてみたりしたのですが、まさかその当事者に自分がなるのか、といった気持ちが働いたことをおぼえています。痛さ(苦しさ)が少しずつ増し、意識もだんだん薄くなる一方でそのようなつまらないことを考えていたのを思い出します。寝ながら乗る車というのは違和感が大きく、たぶんスムーズに進んだのだと思いますが、まだつかないのか、といった気持ちがいたします。受け入れ先が見つからないまま救急車に乗る気分が思いやられたりもします。意外に冷静ではいました。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-08 10:40 | 病気
心筋梗塞の発作に気づくために
 発病からちょうど一ヶ月が経ちました。だいぶ体調も持ち直してきましたので、これからたびたび病気について記しておきたいと思います。
 心筋梗塞の症状は人それぞれだと言います。ぼくの場合、肩こりよりもややきつい程度の痛みです。その気になれば一日ぐらい我慢できる程度の痛さでした。この病気のおそろしさの一つに自覚症状のうやむやさがあるようで、一日どころかあと三時間余計に我慢していたらたぶん死んでいたのですが、たまたま病院に行く用があったので(健康診断の結果をきく予定が午後に入っていたのを、どうせ痛いから朝のうちに行っておこうと思って病院にいき、そのまま救急車で手術台に運ばれました)、死なずに済んだにすぎません。
 人間が死ぬときの痛みのイメージがぼくにはありました。歯痛や二日酔いの苦しみを考えてみれば、あと数時間で死ぬ苦しみというのはその何十倍も苦しいものなのではないのか、そのように想像するのは突飛ではないでしょう。実際に歯痛や二日酔いの何十倍も苦しんで亡くなられる方もいるでしょうが、少なくともぼくは心筋梗塞にかかり、さらにこの心筋梗塞は心臓を流れる冠動脈3本のうちの2本をふさぐ重病であったにも関わらず、二日酔い以下の苦しみでしかなかったのです。死というものが体の感覚からしてなんら特別でない、ごくごく身近なものに思えてしまいました。
 今こうして生きているのは結果論にすぎず、健康診断などいくつかの偶然がなければ亡くなっていた可能性が大きかったかもしれません。ただし、健康診断に行ったのは、これ以前に狭心症のような発作がおきるようになったことを気にしていたためで、まったく無自覚だったわけではありませんでした。
 心筋梗塞という病名を言われ、驚いたのはぼくぐらいの低年齢で起こりうるとは思わなかったからでした。食習慣・生活習慣の変化で今後は心筋梗塞・脳梗塞などの発症の年齢は低くなるのかもしれません。心筋梗塞で結果として死ななかった者としてのアドバイスは以下の通りです。
1、かかりつけの病院(年に一度程度でも)を近くに持っておくこと
2、痛さの程度と死ぬ可能性は必ずしも比例しない
3、疑わしきはためらわずに病院にいく
4、痛さは人によって異なるが、ぼくの場合は以下の通り

狭心症も心筋梗塞も主に左半身が下へ下へと引っ張られるような窮屈な鈍痛、窓を開けて空気を吸いたくなったり、水を飲んだり、風呂に入りたくなってくる(後ろ二つは実際にやると危険かもしれません)狭心症の場合は寝たりして姿勢を変えること、もしくは数十分経てば治りますが、心筋梗塞は治りません。ただし心筋梗塞でも姿勢によって痛みが微妙に変わるのでこの点から狭心症だと誤解しないことが大切です。
 注意したいのは心筋梗塞の痛みも当座は一晩ぐらいならがまんできそうな感じだったことです(実際にはそのうち意識がなくなって生きていられないと思います)。
[PR]
by gikyoudai | 2010-02-07 12:19 | 病気
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧