> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2010年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧
美女を語るのも生きていればこそ
 最近発売された「宝島」7月号で中国のモデル学校について書いています。最近はほとんど活動しなくなりましたが、数年前にミス中国予選の審査委員に選ばれるなど中国では美女評論家として売り出した時期があり、そういう面が発揮された原稿でした。機会あればご一読ください。ただしぼくがどのような美女基準を持っているか、美女をどのように思っているか、などにはいっさい触れてません。そのような話はまたいずれ披露するかもわかりません。
 美女について語ることができるのも生きていればこそです。自分が生きながらえていることのありがたさを実感する最近です。日々感謝です。 
[PR]
by gikyoudai | 2010-05-30 21:57 | お知らせ | Comments(2)
男子漢宣言
 今日から一ヶ月間、神奈川大学で週一回の講義をやらせていただきます。フリーにとってきわめて貴重な機会ですし、少しでも役に立てるようにがんばりたいと思います。いつもそうですが、話をすることで自分も勉強になります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
 中国関連では万延海さん(愛知行)がNGOの危機を打開すべく米国に行ったニュースおよび雲南に隠棲してしまった余世存さんの新作のニュースを貼っておきます。

万延海インタ
NGOは海外資金凍結・相次ぐ閉鎖・立ち入り検査の強化(愛知行もぼくが北京に行く数日前に徹底的にやられました)で苦境に立ってますが、人権弁護士がそうであるように彼らの活躍は時代の趨勢ですし立ちなおすものと信じてます。

余世存インタ
中国で最も気になる作家の一人ですが、≪中国男≫というタイトルもすごいです。
・・・・・・・・・・・・・・・・
 日本関連ではこれ。、≪中国男≫に触発されて男子漢宣言です。
男子漢宣言
 昭和ですね~~
 男子漢宣言って何のことかと思いました。愛国主義のブレーン的存在で≪中国不高興≫≪中国可以説不≫などの著者である宋強さんがこれに山口百恵が出ていたのを記憶していたらしいです。ぼくとしては多岐川裕美さんが気になりました(笑)懐かしいですが、宋強さんにとっても懐かしいらしく、そう言われると日中関係の80年代の蜜月も思い起こされて懐かしさに幅が出て、よりいっそう懐かしく思いました。こういうことを持ち出す宋強さんのセンスはさすがだと思いました。
[PR]
by gikyoudai | 2010-05-19 09:35 | Comments(9)
食事制限中の中国出張
 今回の中国行きは普段と異なり、リハビリという目的があり、減量に失敗する不安が付きまとった。結果として減量に失敗しなかった。食生活を振り返った場合、以下の点が指摘できる。
(1)一人で食べる場合の変化
中国滞在中、一人で食事をすることがたまにある。以前であればスパゲッティーミートソースやマクドナルドといった、大人数の食事では味わえない好物を食べていたが、今回はカロリーメイトか機内食の残りを食べた。話は変わるが、ぼくはどうも人工的な食べ物が好きなようで、これまでマクドナルドが好物だった代わりに最近はカロリーメイトにはまりつつある。一回の食事でこれを1箱食べるだけで満足できたりする。宇宙食を食らっているシーンを想定することで満足できる。味気なさが魅力なのである。
(2)飲み物のほとんどを水(以前はほとんどがコーラ)
移動中、夕飯の席(特に白酒を頼む場合に)でも水ばかりを飲んだ。中国に行くとむしょうにコーラを飲みたくなったりしたが、今回は全くそういう欲求が起きなかった。
(3)酒は主に昼に飲む
特に白酒。
(4)締めの主食は基本的に食べない。主食を食べるのであれば早いうちに白米にする。また麺、油条、マントウの類は極力避ける。
(5)脂っこさをあきらめ、代わりに野菜ばかりを食べる。
[PR]
by gikyoudai | 2010-05-07 22:45 | 中国 | Comments(10)
大陸日記10春7
食事日記
24日
朝食8時・・・六鋪炕の宿
(前日の機内食のハムバーガー、カロリーメイト1本)
朝飲10時・・・西駅そば
メンバー:NGO活動家・Fさん
(茶)
昼食12時半・・・大望路
メンバー:煙台大学・姜連強先生、胡培民先生
(水煮魚、牛タンスープ、紅焼豆腐、生キュウリ、冬瓜煮、生キクラゲ、白飯、白酒・ビール1杯ずつ)
夕食19時・・・宋荘の湘菜館
メンバー:レズビアン、アーティスト・石頭さん、明明さん
(タマネギ・人参・キクラゲ激辛炒め、ピーマン・ピータン炒め、豆腐・きのこ・豚肉炒め、白米)
夜飲21時半・・・望京のカフェ
メンバー:評論家・劉檸さん
(アメリカン)
北京・六鋪炕泊

25日
朝食7時・・・・ホテルの朝食(ゆで卵、チャーハン、キャベツ炒め、昆布サラダ、サツマイモと人参のふかし、野菜マン)
昼食11時半・・・草場地・王慶松の工作室
メンバー:王慶松、張芳夫妻ら家族、テレビクルー4人、ほか創作スタッフ約30人
(カリフラワー炒め、豚肉と香菜炒め、ウリのスープ、豆腐干・たまねぎ炒め、辛大根、ザーサイ、包子、バナナ)
昼飲14時・・・北京飯店本館1階の喫茶店
メンバー:中国新聞社・銭興強さん
(コーヒー)
夕飲17時・・・学院橋そばのレストラン個室
メンバー:弁護士・Tさん、Lさんら多数
(茶)
夕食21時・・・花園橋の安食堂
メンバー:編集者・Hさん
(白菜と豆腐のスープ、牛肉とトマトのスープ、生野菜、豆苗炒め)
夜飲22時・・・花園橋のカフェ
メンバー:編集者・Gさん
(紅茶)
北京・六鋪炕泊

26日
朝食7時・・・・ホテルの朝食
(ゆで卵、チャーハン、キャベツ炒め、もやし炒め、野菜マン)
昼食12時・・・六鋪炕のレストラン
メンバー:日本の編集者・Hさんら3人
(鶏とピーマンの炒め、牛肉とキャベツの炒め、麻婆豆腐、チャーハン)
夕食16時半・・・JL24便の機内食
(味噌汁、ビスケット、ハム、マカロニ、空心菜・人参・豚肉の四川風ソース煮、赤ワイン、食事は1・5割残す)

・・・・大陸日記10年春編はこれでおしまいです。
 北京では予定したよりも滞在時間が短くなってしまい、今の体調では大変ハードなスケジュールになってしまいましたが、わざわざぼくと会うために地方から来て下さった方と会ったり、久しぶりに王慶松の撮影現場を見たりと、精力的に動きました。鎮痛剤を服用しながら、でしたが。
b0036982_21283510.jpg

 前回までの農村での暮らしから見れば大きく異なるようにも見えますし、根っこでつながっているようにも思えます。
 北京では春以来、一部の精力的なNGOに対する締め付けが厳しくなっています。3月1日より海外基金からの送金が絶望的に困難になる措置が施されたこと、そして、北京大学の有力NGO3社などが閉鎖されたのが代表的な事例で、監視・脅しなどもあるようです。他方で一時期活動を控えていた人権弁護士たちが22日に司法局に抗議に出向き、彼らを支援する訪民(陳情者)約100人がバスで連行されるなどの出来事が起きています。前々から指摘している一連の傾向・潮流は続いているとみて間違いありません。
 さて、帰国後の28日に体重をはかりましたところ、出発前より1・5キロ減でした。中国ではリバウンドを気にしていたのですが、減量は進まなかったものの増えなかったのはわれながらがんばったと思いました。自分の努力以上に周囲の友人たちが野菜料理ばかり頼んだり、ぼくが飲みたいというのに反対しあえて早く帰ろうとするなど、気を使ってくれたことが挙げられます。中国のこうしたところは80年代も今も変わりません。これだから中国の旅はやめられませんね。
[PR]
by gikyoudai | 2010-05-05 21:28 | 中国 | Comments(2)
大陸日記10春6
食事日記
21日
朝食7時半・・・K962列車
メンバー:方さん、河南女子大生
(ゆで卵・牛乳・カロリーメイト1箱)
昼食12時・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家(出稼ぎ中の妻を除く4人)、河南女子大生
(豚肉とピーマン炒め、きくらげと豚肉炒め、レンコン・豚肉スープ、豆、酸辣豆腐、もやし炒め、セロリ炒め、白酒2杯、ご飯0・5杯)
夕食19時・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家、河南女子大生
(豚肉とピーマン炒め、きくらげと豚肉炒め、レンコン・豚肉スープ、セロリ・ハム炒め、豆、太麺少々)
谷城県泊

・・・・この日から湖北省北部の山間部です。ちょうど茶の収穫の時期でした。省北部の一部エリアだけで流通している緑茶ですが、近頃は値を上げていてなかなかの人気だと地元では誇らしげに言います。中国では先進的な無農薬栽培です。
b0036982_1016413.jpg

 標高が高いからか、この日から雨交じりで低気圧が停滞したからか、それとも快適な田園生活で妙にリラックスしてしまったのか、この日を境に頭痛・歯痛・下痢の体調不良が始まりました。最初はそうでもなかったのですが、再会の喜びについつい白酒を飲み干すことでじわりじわりと悪化していきます。もちろん、気をつけているつもりなのですが。

22日
朝食7時半・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家(母親除く)、河南女子大生
(卵、レンコン・豚肉スープ、白米)
昼食12時・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家、河南女子大生
(卵とピーマン炒め、ブタじゃが、レンコン・豚肉スープ、ニンニク芽炒め、セロリ炒め、白酒1杯、ご飯1杯)
夕食19時20分・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家、河南女子大生、村の実力者ミンさん
(豚肉とピーマンとトマト炒め、ピーマンと豚肉炒め、冬瓜スープ、もやし・ニンニク炒め、キュウリー辛煮、白酒1杯)
谷城県泊

・・・・この日は山登りをします。観光化ができるかどうか、地元で検討されている百日山という山です。近くに道教の聖地として名高い武当山があるのですが、地元の言い伝えでは真武大帝が武当山に入山する直前に、この山で百日間こもって修行したと言われます。
b0036982_10404561.jpg

 観光地化するためには便利にならなくてはいけませんが、一方で中国にありがちな乱開発を食い止める、なるべく自然のままを残しておく少しの開発をしていきたいと言っています。このような自然がまだまだ残っていることはありがたいことです。ここに住まないかと言われたのですが、将来の課題としておきましょう。湖北省や四川省あたりの農村で暮らすことは夢でもあります。中国に住むならこのあたりがいいですね。

23日
朝食7時・・・谷城県の農家
メンバー:方さん一家(母親除く)、河南女子大生
(粥、鶏肉・冬瓜スープ)
昼食12時45分・・・襄樊市襄陽の紅鼻子酒店
メンバー:北京緑十字・孫君さん、孫君さんの地元友人の弁護士
(白菜と肉団子のスープ、空心菜炒め、ブタ頭ダック、牛のハム、白米)
夕食18時45分・・・襄樊市樊城の公園内の食堂
メンバー:孫君さん、弁護士の友人ほか孫君さんの地元の仲間5人
(川魚激辛煮、大根と豚肉のスープ、にら卵、地元伝統のナン、ニンニクの芽炒め、血豆腐、ほうれんそう炒め、こんにゃく炒め、玉米粥、白酒1杯)
CA1386の機内軽食・ハムバーガーは食べずに持ち帰る。
夜食0時30分・・・北京市六鋪炕の粥店
メンバー:映画プロデューサー・朱日坤さん
(野菜粥・きくらげ炒め、龍井茶)
北京泊

・・・本当は百日山のふもとの田園に一カ月も二カ月もいたいところ(夕餉の煙の立ち昇る夕暮れ時、愉しい夕飯までもう少しの薄暮の空を仰ぎつつ、地元の詩人・孟浩然たちの詩を読んでいる刹那は生きていてよかった思いをさせられます)なのですが、体調不良もあって東京の病院の予約をし、帰国に向けて動き始めます。中国では一般に病気の客人に対して普段以上の丁重な扱いをしてくれるのが常で、ことに農村はそうですから、ぼくの体調不良の様子を申し訳なさそうに見つめる彼らに対して、なんとも済まない思いでいっぱいでした。けっしてこの村の食事が合わなかったのではないことを繰り返し伝えます。
 農民の人に素朴な情があふれている面は確かにあります。都会ほど表現や感情の発揮の仕方に変な修辞学や駆け引きや裏読みがないことがそうで、たとえばぼくは方さんに「帰省はうれしいか」と尋ねたことがあったのですが、「帰省を喜ばない人はいるのか」といとも簡単に言ってのけられるのは圧巻でした。
 北京へは襄樊から飛行機で行くので、襄樊に立ち寄り、拙著でも紹介した孫君さんと会いました。もともと画家である彼はプロジェクトを手掛ける村を題材に絵を描き、無料で村に寄贈しています。オーソドックスな油絵ですが、そのたくましさ、健康さがとても好きです。中国にもいろいろな生き方の画家がいます。
b0036982_11145892.jpg

[PR]
by gikyoudai | 2010-05-03 10:16 | 中国 | Comments(3)
大陸日記10春5
食事日記
19日
朝食8時・・・什邡市内の安食堂
メンバー:王さん、河南女子大生
(羊肉米粉・・・米粉って意外とうまいのだと今更ながら思う)
昼食12時15分・・・綿竹市郊外の農家楽
メンバー:王さん、王さんの同学、河南女子大生、ほか数人
(激辛涼粉、筍とブタの激辛紅焼、きくらげ・豚肉・にらの炒め、自家製ハム1枚、ザー菜)
おやつ17時:綿竹市中心部
メンバー:王さん、河南女子大生
(緑豆菓子)
夕食19時・・・什邡の事務室
メンバー:王さん、方さん、阿姨、河南女子大生
(ジャガイモ・豚肉煮、豆腐+ピーマン炒め、えんどうと野草煮、トウガンスープ、白米)
什邡泊

・・・什邡(シーファン)という都市は日本ではあまりなじみがありませんが、隣の綿竹ともども成都に負けない歴史を持つ街です(綿竹は成都よりも繁栄の歴史は古い)。四川・重慶・湖北は大都市である成都・重慶・武漢の近郊に人口数十万人の都市がひしめいていて、あたかも日本の大都市近郊の郊外都市(川口、所沢など)を思わせますが、山に囲まれた地形であるために独立した都市が多いのだと思います。福建がこれに近く、他方で元々はやはり同じ事情だった広東は都市圏化が進んでいるようです。
 東西に長い構造をしていて、東端に被災地がある一方で市の中心地はいたって普通の都市です。人口約五十万人のこの街を拠点に近郊の被災地に足を運ぶ生活をしましたが、この日は最後の晩なので初めて什邡の夜の街をぶらつきました。一緒にいる人たちの中には農村の出身者がいて、まもなく帰省をするのでおみやげに洋服を買ったりしました。のんびりした地方都市です。
b0036982_10224324.jpg

撮影時間は20時前です。西側ですので日が長いです。

20日
朝食9時・・・什邡市内の安食堂(19日とは別
メンバー:王さん、河南女子大生
(牛肉米粉・・・昨日の羊肉米粉と合わせて什邡・綿竹エリアの名物とのことでした)
昼食12時・・・什邡の事務室
メンバー:王さん、方さん、阿姨、河南女子大生
(セロリ・ほうれんそう・野草炒め・・・たびたび出てくる野草は綿竹郊外の山で採取したもの)、ほうれんそうとタマネギ炒め、豚肉+冬瓜のスープ、じゃがいも煮、野草炒め)
夕食18時・・・K962列車車内
メンバー:方さん、河南女子大生
(カロリーメイト半分・・・カロリーメイト1箱で終わらせようと思ったのが方さんからの差し入れがあり、以下のものを食べる・・・・、ゆで卵2個、豆腐干1袋、ソーセージ1本、インスタント麺は断る・・・・列車や駅では高いということでいずれも前日夜に什邡市内で購入)
車中泊

・・・長らく世話になった什邡を出ます。快活な王さんや美しいマダムだった阿姨(アーイー)とはお別れです。出会い、別れ、新たな出会い、再会・・・これらのサイクルが中国の1つの旅、そして今度の旅と次の旅との連鎖を生みだすことはこれまでと同じです。什邡再訪を楽しみにしつつ列車の出る徳陽行きのバスに乗ります。
 ついつい忘れがちになりますが、心筋梗塞の入院から3ヵ月しか経っておらず、体調の不安は常々あります。夜行列車の旅も若い頃のような座席車(硬座)ではないにせよ(今回は硬臥)、はたして体調不良に陥らないか一抹の不安はあります。乗ったのは成都発漢口(武漢)行きという列車ですが、昔から中国では南方のローカル列車は古い車両が使われるのが常で、80年代以前に活躍したのではないかと思われる空調なしの車体でした。トイレが壊れていて施錠したものが多いことが利尿剤を飲むぼくには不安でした。
b0036982_10551340.jpg

 その962列車には徳陽駅から乗り込み、翌朝谷城駅で降ります。長距離列車の旅の多くは出発地・目的地のいずれか、あるいは双方が比較的メジャーな都市であることが多いはず(北京→谷城とか、北京→成都とか)ですが、徳陽→谷城などと乗るのも降りるのもマイナーな駅という組み合わせが最果ての地に行く気分を盛り立て、不安にさせたりもします。距離にして東京→長崎とほぼ同じ、日本で言えば、特急「日本海」に乗って魚津駅から碇ヶ関駅に向かう感じ、と言えば気分がわかるでしょうか。
[PR]
by gikyoudai | 2010-05-01 10:05 | 中国 | Comments(0)
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧