> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧
大陸日記10夏4
 明日発売の週刊金曜日第809号で連載『浮澡中国』第27回「NGO受難の2010年」を書きました。機会ありましたらご一読ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 食事日記
14日
朝食8時半:KN2269便の機内軽食
(ミネラル水、味なしパン)
昼食12時半:山東省費県
メンバー:鎮政府職員、北京緑十字スタッフ
(トリの辛煮、ジャガイモサラダ、きくらげ、卵サラダ、ニンニク炒め、セミ唐揚げ、豆腐干炒め、魚のテンプラ、地元マントウ、鍋餅、桃)
夕食19時:山東省費県
メンバー:昼食メンバー+鎮書記
(白酒、キュウリとハムサラダ、ピーマンとキクラゲ、なすてんぷら、セミ唐揚げ、セロリ炒め、紅焼肉、卵焼き、鍋餅)
費県泊
・・・・本日は山東省で農村建設運動を見学しました。これまで主に湖北省でやっていた環境改善と産業育成をセットにした活動ですが、噂を聞きつけた山東省のある村からもリクエストがあり、こちらでも始まったわけです。まだ始まったばかりですが、これから折をみて訪ねていこうと思ってますので、継続的に報告いたします。
 料理はどれもおいしいのですが、特に気に入ったのがセミの唐揚げでした。以前タイの東北部にいた時にセミ料理がよく出て、これが苦手だったのですが、山東で食べるこれはおいしかったです。
 ただ閉口したのは、寝る部屋に冷房がなく、猛暑なので窓をあけたのですが、おかげで枕元めがけて大量のカナブンやセミがぶつかってきたこと。おいしそうにセミをたいらげたぼく対する恨みだったのか、睡眠不足になり、この日から体調を崩しました。
 今回中国に来た時に飛行機の中でチョウ・ユンファ主演の新作『孔子』という映画を観たのですが、その中で曲阜に近い貧しい村の費城という場所が出てきて、これが今の費県です。山東は沿海部や済南は発達していますが、費県あたりは大きく遅れた地方で、その意味でも緑十字の活躍に期待が集まっています。
b0036982_1624294.jpg

 田舎街の夜です。シシカバブの屋台が目立つところなんかは80年代の上海郊外を思い出させます。こんな片田舎にも人は大勢いて、さすが中国です。

15日
朝食7時40分:費県
メンバー:14日昼と同じ
(トウモロコシ粥、豆腐とピーマン炒め、セロリ炒め、煎餅、卵焼き、にんにくと豚炒め)
昼食13時:費県
メンバー:上のメンバー+鎮書記+緑十字主宰者の孫君さん+建築士の宋方舟女史
(トリの辛煮、ジャガイモサラダ、白米、白酒、ハム・キュウリサラダ、ニンニク炒め、セミ唐揚げ、豆腐干炒め、川魚の煮物、空心菜炒め、桃)
夕食20時:臨沂市のレストラン
メンバー:煙台の研究者・姜先生、胡先生
(豆乳、あずき粥、アブラナサラダ、白酒、ピーナツ、セミ唐揚げ、セロリと川エビ煮、湯豆腐、鳥とピーマンの鍋、煎餅)
臨沂市泊
・・・・元々は今日も費県に滞在して翌日夕方の列車で武漢に行く予定だったのですが、春に続き煙台から姜先生たちの訪問があり、予定変更です。朋遠方より来たるあり、またたのしからずや、です。体調不良も忘れて愉快に飲みます。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-29 16:21 | 中国 | Comments(0)
大陸日記10夏3
食事日記
13日
朝食7時半

(カロリーメイト4つ)
昼食12時半:望京・山東料理
メンバー:アーティスト・劉瑾さん、助手の女子大学院生、中央美術学院講師の韓国女性、その知り合いの映画学生
(生ビール、セロリと豚炒め、生野菜サラダ、春雨と白菜炒め、ソラマメと小豆、コールスロー、えびチャーハン(少し)、エビシュウマイ1個
夕食19時半:甘家口、粥店
メンバー:出版関係者・Gさん
(アブラナ炒め、きくらげ生野菜、紅焼なす、干豆腐、白粥、鳥の辛炒め)
牛街泊

 今日はあまり時間が取れないので1日分だけ記します。この季節は大学生の夏休みシーズンと重なってしまい、地方行きの鉄道の切符を買うのが困難でした。14日から山東に行くのを結局飛行機にしました。中国聯合航空と言い、北京空港ではなく、南4環外に位置する南苑空港発です。朝8時出発のフライトですから北4環外の望京に泊るのは4環の渋滞を考えると心もとなく、北京最後の夜に牛街に移動します。
 14日の日記からは山東に触れるので南苑空港について書いておきます。501というバスで行けるようですが、タクシーで行った方が安全でしょう。料金も南二環から30元程度と、リムジンバスを少し高くした程度です。半軍用の空港と言うことですが、付近はぼくが90年代に入り浸った温州村など外地人のたまり場であり、南苑空港の利用客の大半も出稼ぎ&行商人のようで、軍のいかめしさよりも温州村のような暑っ苦しさを感じる空港です。軍用だと思わせるのは敷地の雰囲気で、空港に入ってから建物までが異様に長く、森に囲まれて何も見えません。
b0036982_159116.jpg

 写真は二階からとったチェックインカウンターの様子です。日本の地方空港を思わせます。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-28 15:09 | 中国 | Comments(4)
7月26日18時半より
 7月26日18時半~21時、麻布台セミナーハウスで開かれる
「東アジア共同体構築の条件」(CAPP2010年度国際的研究プロジェクト、武者小路公秀座長)で、
「中国に市民社会は到来するか」という題目で話します。
機会あればお越しください。
なお第2回目は8月7日15時~17時半で文京洙(立命館大学教授)「岐路に立つ韓国の市民活動;日本との対比を踏まえて」、第3回目は9月18日15時~17時半で朴元淳弁護士(韓国の社会運動家、NGO「参与連帯」創設者、政策シンクタンク「希望製作所」常任理事)「韓国市民社会の可能性(仮称)」を予定しています。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-24 08:25 | お知らせ | Comments(6)
大陸日記10夏2
食事日記
11日
朝食7時
:ホテルのレストラン
(チャーハン、肉まん、卵、豆腐乾、肉と野菜の炒め物)
昼食11時半:東直門駅そばの東北料理店
メンバー:弁護士の唐吉田さん
(豆腐乾、きくらげ炒め、紅焼肉と野菜の鍋、とうもろこし粥)
おやつ16時:亜運村の家庭教会
(メロン)
夕食18時:亜運村の野外四川料理店
メンバー:評論家の劉檸さん、作家の余傑さん
夜飲21時:花家地のカフェ
メンバー:劉檸さん
(コーヒー)
望京泊

・・・・この日お会いした方々は最近取り調べを受けることがあり、中国政府の規制の厳しさを感じる日となりました。唐吉田さんは5月に圧力をかけられた大家を通じて家を追われ、現在は友人宅に身を寄せていると言います。
 以前ぼくは当局にマークされる人物と会う際は彼らの名前を伏せていましたが、いろんな経緯があって、あえて名前をさらした方が安全という考え方に変わりつつあります。ぼくと会っていることを知られたくないケースなど一部の例を除き、記すことにします。
 家庭教会は大都市近郊の正義感あるインテリ・ホワイトカラーたちのよいところを結集させた集まり、のように感じます。とても熱心で、話すことに核のようなものがあります。唐吉田さんは前日のミフニク氏の集会について「宗教の基礎がない中国では民衆を代表する知識人がなかなか出てこない。ミフニク氏のような人が出るにはまだ時間がかかる」と言ってましたが、確かに今の中国で民衆を代表する知識人など全く思い浮かびません(日本では「第なんとか世代」とか言って無理にやりたがるわけですが)。思想にしても行動にしてもバラバラであることはよきにしろ悪しきにしろ特徴だと言え、社会的行動が結実しにくい要因ではあり、正義感の強い人などは不満を持つことでしょう。なんとなくですが、今後中国でキリスト教(カトリックも含め)信者が飛躍的に増えてくるのではないか、そんなふうに思ったりしました。

12日
朝食7時
:ホテルのレストラン
(チャーハン、肉まん、卵、豆腐乾、肉と野菜の炒め物)
昼食12時半:北京西駅そば、モンゴル料理店という名の中華料理屋
メンバー:NGO活動家・陸軍さん、常坤さん
(牛の尾のスープ、麻婆豆腐、空心菜炒め、白米0・5杯)
昼飲14時:中土大厦1階
メンバー:写真記者・銭興強さん
夕食18時:草場地の王慶松アトリエ
メンバー:王慶松さん、王新海さん
(たまご豆腐、空心菜炒め、豆とレバーの辛和え、ピーナツ、白酒)
望京泊

・・・・草場地は本来なら滞在場所ですが、今回はホテルをメインにしたため夕飯に立ち寄るだけです。ここらへんにはよっぽど数多く足を運んだのでしょう。草場地というバス停を目にしただけで腹が減ってきます。アトリエに行くと、いつものように彼らがいつもの感じでたたずんでました。「ただいま」とでも言いたくなりました。
 王慶松は昔話が好きで、自分が小さい頃に習った教科書の「5つの現代化の絵」を飾って、当時の思い出を語ります。
b0036982_9384472.jpg

 この日印象的だったのは1985年生まれのNGO活動家の常坤さんです。胡佳が捕まり、万延海はアメリカに行ってしまって、今後のエイズ関連のNGOの中心人物は彼になりそうです。この春、河南省在住の売血エイズ事件の被害者・李喜閣が軟禁を苦に自殺をほのめかしましたが、常坤はネットで「李喜閣を励ます旅」を企画、大勢が彼女の住む村にやってくるとあっては地元警察もたまったものではなく、励ます旅が成立しないように李喜閣を外地へ旅行させましたが、そのことと引き換えに軟禁を解いたらしいです。ネットを使うことで政府をびびらせるやりかたは80后と呼ばれる若い世代の特徴とも言われます。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-23 09:27 | 中国 | Comments(0)
連載の最後の二回
 西日本新聞の短期連載『大地の内側』は今日明日をもって終了です。読んで下さった方、ありがとうございました。北京以外の場所に積極的に足を運ぶきっかけになったのがこの仕事だったと言えそうです。これまで関心のなかった広東に関心を持ち始めたことも含めて勉強になりました。この連載に感謝したいと思います。
 22日:第9回(北京)今日
 23日:第10回(成都)明日
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-22 11:26 | お知らせ | Comments(0)
大陸日記10夏1
食事日記
9日
昼食11時半・・・JL863便の機内食

(赤ワイン、豆腐・人参入りすき焼きご飯、ハム・サーモン・ポテトの冷菜、スポンジケーキ)
夕食18時・・・望京のファミレス的レストラン
メンバー:評論家・劉檸さん
(でこぼこ炒め、ホウレンソウ春雨和え、肉団子、きくらげ酢和え、空心菜炒め、春雨と鶏肉の煮、苦ウリ炒め、エビシュウマイ、白酒・・・小二、生ビール二分の一)
夜飲20時半・・・望京のデパート一階のカフェ(大雨のため雨宿り)
メンバー:評論家・劉檸さん
(紅茶)
北京・望京泊
・・・・今回は北京から入りました。北京は暑いと聞いていましたが、ぼくが着いた日からは暑い日が一日もなく、代わりに連日大雨に見舞われました。
 本来は友人宅に居候しながら夏休み気分で旅行したかったのですが、スケジュールを立てた後、それと中国滞在中と二度にわたって仕事が入り、のんびりと物思いにふけることもできなくなりました。そういうこともあって今回はホテル滞在がメインです。多忙などの理由で居候の旅ができなくなりつつあるのだとしたら初心を失いつつあることになり、ちょっとこの先不安です。

10日
朝食7時・・・ホテル朝食

(チャーハン、卵、野菜炒め、肉の煮もの、肉まん)
昼食12時・・・宋荘・湖南料理店
メンバー:映画プロデューサーの朱日坤さん、映画監督の王我さん、徐辛さん
(紅焼豆腐、ビール、白米0・5杯、ピータンホウレンソウ、ピーマン豚炒め、きくらげスープ、川魚の辛煮)
昼飲17時・・・五道口・万聖書店
(アメリカン)
夕食20時・・・望京・三個貴州人
メンバー:アーティスト・劉瑾さん、助手の女子大学院生
(ナスの香菜炒め、きくらげ炒め、川魚の辛煮、青島ビール、辛豆腐、スープ団子、豆腐団子、空心菜炒め、焼きビーフン)
北京・望京泊
・・・・・ポーランドの反体制知識人であるアダム・ミフニク氏が北京滞在中で、本屋2階カフェの片隅で交歓会が開かれたのを見に行きました。東欧の反体制知識人にとってのかつてのソ連の強権は、中国の知識人にとって中国共産党の強権に近いものに映るようで、08憲章にも表れていますが東欧への関心や共感は押さえておいてよいかもしれません。日本人にとっては想像つきにくいことではあります。
 もちろん、中国の政府機関や大学が彼を招くはずがなく、今回の訪問は非公式の旅です。交歓会の閉鎖が予想され、宣伝はほとんどなかったのですが、会場は50人近くの人であふれました。
b0036982_1172893.jpg

 また、討論の内容はツィッターで同時中継されていて、外部の人も討論に加わっていました。ツィッターの効果は大きかったようで、後で会った人でこの件を知っていた人は意外に多かったと言えます。
 討論の内容は彼の苦労話や中国に対する考え方が中心で、思想的にどうこうはなかったと思いますが、民間の有志でこのような催しが実現したことを評価したいです。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-21 11:10 | 中国 | Comments(8)
西日本連載予定ほか
 昨日まで北京、山東、深センに行ってました。今回の旅については明日以降このブログで触れていく予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 西日本新聞連載『大地の内側』の掲載予定です。
第7回・・・20日(湖北)今日です。
第8回・・・21日(北京)明日です。
 新聞連載は掲載日が流動的です。前に告知したものでも
第5回と第6回の掲載日が変わっているようです。分かり次第報告します。
5回目・・・14日
6回目・・・16日
でした。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-20 07:36 | お知らせ | Comments(0)
西日本新聞3回目以降の掲載予定
 西日本新聞の短期連載『大地の内側 中国 民間・地方から』の3回目以降の予定です。
3回目(四川)・・・8日(木曜日)朝刊 今日
4回目(四川)・・・9日(金曜日)朝刊 明日
5回目(湖北)・・・15日(木曜日)朝刊⇒14日に変更
6回目(湖北)・・・16日(金曜日)朝刊
7回目(湖北)・・・17日(土曜日)朝刊⇒20日に変更
 変更の可能性もあります。8回目~10回目の掲載予定は後ほど報告します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 本ブログ左上(緑色の文字のプロフィールなどがあるところ)からぼくのツィッターに入ることができます。まだまだ初心者で、今のところ主に出張時やちょっとした感想(つぶやき)用です。
 ブログの更新がなかなかない時やコメントの返事がしばらくない時などはこちらを覗いてみてください。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-08 06:45 | お知らせ | Comments(0)
西日本新聞短期連載
 6日(火曜日)朝刊より西日本新聞で短期連載『大地の内側』が文化面で掲載される予定です。全10回で第一週目は6~9日と4回掲載します。機会あればご一読ください。民間と地方を糸口に中国のあれこれを見て回っています。前著に続き、今度は地方という視座を入れつつ中国と向き合うスタンスを再び模索しています。新聞で原稿を書く機会はあまりなく、その意味でも試行錯誤の仕事です。機会を頂けたことに感謝いたします。第一回目は深セン、第二回目は重慶が舞台です。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-06 00:01 | お知らせ | Comments(0)
「衝動」北京芸術村から20年
 7月4日(日)夜22時45分~90分間、ハイビジョン特集『北京芸術村から20年「衝動」』
が放映されます。「中国の現代アートがおもしろい」などと、どこかの雑誌みたいに上っ面の現状を追うのではなく、作家の個人や作家性に踏み込んだノンナレーションによる挑戦的な作品です。ディレクターは『麦客』という有名な作品を手掛けた佐野岳士さんです。ぼくも片隅に名前を入れてもらえました。ありがとうございます。
b0036982_10322784.jpg

・・・・・・・・・・・
 表題は20年とありますが、99年に画家村の本を出したぼくにとっては「あれから10年」との感慨がよぎります。この番組でも王慶松、徐一暉、宋永紅の人生はまさに番組が描くように好対照を成しています。かく言うぼくや、中国もあの頃想像していたものと大きく異なります。中国と関わるものにとり90年代末期から2010年にかけての変化は特筆物だと言えます。
・・・・・・・・・・・
 変化をとらえ続けたものとして中国を扱った日本のテレビ番組は活字に負けないものだと言えます。
 上で挙げた佐野さんをはじめ、中国を得意とする数多くのディレクターやプロデューサーが活躍しており、視聴率の問題だけでなく、作り手たちの意識が、たとえば彼らが微妙に近しい関係で互いに意識し合っている意味で活字メディアより有力かもしれません(活字メディアが一部の担い手が出版社の徒僕になりがちで、だらしないのでしょう)。中国物は何と言っても取材が大変ですから活字だけでなく映像の世界でも専門化しやすいのです。
 最近では70年代生まれの作り手の台頭も目立ちます。
 同じく4日、13時~14時半、BS2にて、ドキュメンタリーシンポジウムに米本直樹君が出演。彼は中国業界関係者の間でも話題になった四川地震のドキュメンタリーを立て続けに発表した若手ディレクターです。
 また6月20日にETV特集 で放映された『中国残留孤児 夫たちの歳月』も3年にわたる取材で完成した作品。中心になったアジアンコンプレックスの佐藤充則・平野愛はぼくよりも年下の若手製作者ですが、数々の中国取材を手掛ける中で長年戦争問題に取り組んでいます。拙作でも紹介しましたが、中国の民間やら市民社会を考える上で戦争問題は実は古くて新しい問題・ファクターであり、その意味でも2人の活動に注目しています。
 そして、アジアンコンプレックスには中国コーディネーターの第一人者、プロ中のプロと言うべき大谷龍司さんもいたりとなにかと刺激的な場です。
 今後とも注目していきたいですし勉強したいです。
[PR]
by gikyoudai | 2010-07-03 10:07 | テレビ・映画・美術・音楽 | Comments(4)
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧