> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧
大陸日記12冬6
食事日記
14日
朝食9時:富而華大酒店の飲茶レストラン
(劉さん)
皮蛋、痩肉粥、白灼西生菜、カニシューマイ、潮州燕粉果、日式紫菜巻、プーアル茶
昼食13時:深圳書城2階の小池塘
(デザイナー兼映画監督・劉高明さん)
鶏ステーキ、鶏冷麺、ビール、麻辣湯、カエルの辛煮、白飯
夕食19時:西郷・河南之家
(劉さん、茂名農村出身の営業ウーマン・李さん)
白酒、水煮羊肉、豆苗炒め、焼餅、きのこスープ、卵焼き、烩麺
香港泊

b0036982_2311659.jpg

深圳では書物やシンポジウムでたびたび取り上げたデザイナー兼映画監督の劉高明さんに1年ぶりに会いました。上の写真は彼が最近デザイナー仲間たちと共同出資してオープンしたカフェ店内です。深圳地下鉄・少年宮駅とつながっている深圳書城(福田区中心書城)というわりと大きな書店兼ショッピングセンターがあるのですが、その2階のかなりの広さを占めています。1つの敷地に2つの店とオープンテラス席があります。
b0036982_2334381.jpg

店名のように池のほとりをイメージさせた店内は彼のデザインで、ゆっくり交流や自分のことができる場を作りたいとの思いが込められています。料理は四川料理と洋食をメインに、ランチもありますし、酒もあります。
b0036982_234711.jpg

若い女性に人気あるという麻辣湯です。おいしかったです。洋食も鶏ステーキなどなかなかで、辛党でもそうでない人も楽しめます。とても静かで、フランスの歌謡曲がこの日の春じみた曇り空の陽気にマッチし、店員のサービスもよく、居心地がよいです。すぐそばに書店や美術・デザイン関係の店も多く、交通の便もいいですから、深圳に行く機会があればおすすめの店です。
小池塘:深圳市福田区中心書城中庭二楼 ℡0755-2360-9178

夜は茂名出身のがんばり屋・李さんとこれまた1年ぶりに会います。夫と子供を故郷に残し1人工場製品の営業マンとしてがんばる30歳前後の女性です。彼女の職場近くで会います。西郷というのは空港のそばで、工場が多いところです。彼女の推薦した店がなんと河南料理屋で、今回の大陸滞在の締めに烩麺を食べます!
b0036982_2344681.jpg

とてもおいしく、白酒が進みます。今夜は香港に行かねばなりません。ついつい時間が経ち、電車は終わったので西郷からバスを乗り継いで皇崗に出て、バスで香港に行きます。ほろ酔いでのバス乗り継ぎのボーダー越えは結構ハードでした。

15日
朝食9時:鰂魚涌・食堂
(劉さん)
コーヒー、パン、ソーセージ、肉入り米粉
昼食12時:中環・インド料理店
(xiaoyeさん)
チキンマサラ、ダールカレーやマトンカレー、トマトサラダ、じゃがいも煮、ビール
夕食17時半:NH910便の機内食
若鶏のワインソース、コールスロー、ハムとサーモンとエビの冷菜、パン、フルーツ、チョコ、ワイン

大陸日記2012冬編はこれでおしまいです。
香港ではマナーの悪さなど中国人バッシングがインターネットや新聞で盛んに取り上げられています。これについて、ある香港在住大陸人は「3年前は普通話を分かる人が少なく、店で話しただけで白い眼で見られることがよくあった。今はそういうこともなく、受け入れられていると思う。今回の衝突は相互理解に欠かせないと思う」と話しており、なるほどと思いました。北京の学者の発言が騒動に火をつけたのですが、広東でもぼくの周辺に限っては冷静で、「たしかに大陸はマナーが悪い」との意見ばかりでした。

香港から帰国する場合、セントラル駅から空港エキスプレスの香港駅に徒歩移動し、そこで飛行機の手続きをして荷物を預け(インタウンチェックイン)、それからセントラル界隈でランチをするのが1つのパターンに定着しつつあります。昔なじみのxiaoyeさんと話をし、坂道を上り下りしながらセントラルの人々の往来を眺めていると、今回の大陸の旅の始終が走馬灯のようによみがえってきます。
[PR]
by gikyoudai | 2012-02-29 23:09 | 中国
大陸日記12冬5
食事日記
12日
朝食7時
スーパーで買った辛口牛肉麺、スーパーで買った鶏手羽先、果物
昼食12時:バスの休憩所で
血鴨、カスタード包子
夕食18時半:江南西付近の庶民的な老舗広東料理店
(作家・野渡さん、南方都市報編集者・陳林さん、服装店経営・フーさん、経営者兼公共教育活動家・亜蘇さん、熊女史、香港有線テレビ・林建誠記者)
ウイスキー(陳さん持ち込み)、白切鶏、鶏スープ、レンコンと鶏の手の煮物、チャーシューの濃い煮付け、ウリ炒め、めざし焼き、白菜の煮付け、水煮魚、紅焼肉、ピーマン炒め、さつまいもの寒天、白米
夜飲22時:香港有線テレビ
(夕食と同じ顔ぶれ)
ラムのカクテル、チョコ
広州泊

旅も終盤。広州に戻ります。広州と東海鎮の行き来は広州~陸豊のバスを使います。8時~20時にほぼ30分に1本の間隔で出ていて便利です。所要時間は3時間半~4時間です。陸豊は広州とは明らかに文化の違う潮州に属します。潮州と言えば海辺にある華僑の故郷。このバスも陸豊を出てしばらく経つと海岸に出ます。

b0036982_0124959.jpg

写真は煲仔飯です。丼物ですね。煲仔飯は1人もしくは短時間でのランチにうってつけです。

昨年12月以来に野渡さんと会います。元気そうです。ただ烏坎については一切のコメントが禁じられており、あえて彼には話を振りませんでした。重慶副市長の失脚問題はノープロブラムだそうなので、そんな話が出たりもします。とにもかくも元気で活動できることは大切です。終電・終バスを乗り過ごします。

b0036982_053100.jpg


13日
朝食8時:広紙路の麺館
牛肉粥
昼食11時半:江南西・複合商業施設の中の西洋&日本料理ファミレス
(熊女史、香港有線テレビ・林建誠記者)
ウイスキー、ピビンバ、寿司2個
夕食18時:深圳・紅嶺、電白料理店(屋外席)
(旧友の劉さん、彼の同級生)
白切鶏、白酒(宋河糧液)、貝とピーマンの炒め、きくらげの野菜炒め、魚の塩焼き、白菜スープ、卵焼き、牛肉のビーフン麺
深圳泊

香港有線テレビの林建誠記者と合うのは昨年1月以来です。中国ではちょうど1年前にジャスミン革命の集会が起きましたが、彼も以来夏ごろまで監視下にあったそうです。一昨年夏の広東語保護運動、ジャスミン革命、そして烏坎を、香港メディアでいち早く、詳細に伝えた人でもあり、中国駐在ジャーナリストの中でとりわけ彼に関心を持っています。ふだんは温厚ですが、列の中に割り込む人がいると烈火のごとく怒るなど曲がったことが嫌いな一面があり、彼がおもしろいのはそんな性格がそのまま報道活動に表れているところでしょうか。そんなこんなで広州を去ります。
[PR]
by gikyoudai | 2012-02-27 08:22 | 中国
大陸日記12冬4
風邪気味のため更新やや遅れております。
食事日記
10日
朝食8時:広紙路の小麺館
痩肉粥、目玉焼き
昼食12時:朝と同じ店(熊柳茵女史)
煲仔飯、鶏スープ(熊女史手製)、八宝菜炒め
夕食20時:東海鎮、そこらへんの食堂
炸菜肉絲麺、スーパーで買った麻辣ソーセージ、熊女史のくれた果物、ブランデー
東海鎮泊

この日から陸豊県東海鎮にある烏坎村に行きます。土地の売却に反発した村民が数ヶ月にわたりデモを繰り広げ、村長を追い出して政府と無関係に民選選挙を実施、結局広東省政府(中央政府も)が村民の意向に従い、民選選挙を支持したという最近注目される村です。

11日には改めて選挙があり、それに合わせて行く形になったのですが、実はもともとは選挙があることを知らず、村民たちが自主的に作った図書館に友人たちから渡された本を寄贈するという違う目的で訪れたのでした。その件と、中国の市民社会と多少の関わりのある者として、烏坎村の村民たちに敬意を払い、一度拝見してみたいというのが今回の訪問の動機です。ただ、たまたま選挙があったので、見てみようと思いました。事前アポなしで向かいます。
b0036982_841502.jpg

東海鎮は夜はこんな感じです。ここから三輪タクシーで15分ほどの所に烏坎村があります。

前の日、夕食の席で、中山大学の何博伝教授が「選挙はなんら目新しいことではない。いまや至る所で行われている。意義があるのは村民たちの抵抗精神だ」と言われていましたが、この言葉には後々納得させられました。

11日
朝食6時半
出前一丁、果物、麻辣ソーセージ
昼食12時:烏坎学校・村民用弁当
(呉さんほか)
チャーシュー・から揚げ・卵焼き・白菜炒めが載ったご飯
夕食17時半:烏坎学校・村民用弁当
(村の子供たちほか)
ササミ風肉・紅焼肉・手羽先・卵・白菜炒めが載ったご飯
夜飲21時:烏坎村の商店ほか
白酒、インスタント辛麺
東海鎮泊

朝7時すぎ出発。三輪タクシーに乗りながら警察のワゴン車に抜かれます。1台、2台、3台、4台。いずれの車も10人ほどの警官が乗っています。やがて会場となる学校に到着。警官が100人はいました。

入口にメディア受付というのがあり、記者証を持っている人はここで記者用の名札をもらえるのですが、当然ぼくは記者証などありませんから入れません。昔ながらの中国取材の常です。その場で出会った村民の1人がそのことに憤慨して「付いて来い」とぼくを連れて中に入れようとしましたが、十数人並んだ武装警官に止められて入れません。そんなこんなで選挙は9時から始まりましたが、ぼくは10時近くまで会場前にいました。

確実に取材を遂行するのであれば事前に手回しする必要がありますが、いざという場合に備えて事前に村民を紹介してもらったものの、あえてアポを取ってスムーズに入る手回しはしませんでした。正規の記者であればそれは必須ですが、ぼくは旅人ですし、そうまでしなくては取材ができないのであれば、たいして昔と違わないじゃん、そう思って旅行者がふらり訪れるスタイルを取りたかったこともありました。

ただ、入場できないままでは困るので、村民に連絡します。彼を通じ、ぼくの素性を知る村民が次第に増え、みなぼくの訪問を歓迎してくれました。もちろん政府職員や武警は除いて、です。
時間が経つと投票に来た村民たちが増えてきます。おばさんたちはぼくともう1人、国内のフリーの方が入れないのを知ると、「そんなのおかしい」と政府職員に詰め寄ります。今回の選挙は半官半民で、会場の出入りは政府が仕切っていたのです。村民はやがて武警にも詰め寄ります。
b0036982_8422692.jpg

村民が会場前で政府職員や武警に詰め寄っているところです。やがて彼女たちはぼくを囲み、強引に中に入りました。武警も手を出さず、あっけなく入場できました。
b0036982_842426.jpg

中の様子です。左にテレビカメラを構えた外国人記者がいます。当初、この先に入ることができたのは政府系メディア(地元の)に限られていたわけで、それに従って取材しているわけです。記者の方々はおとなしく従っていましたが、村民たちはこの取材規制にも抵抗します。「不公平だ!」ひと悶着を経て、最終的には誰もが投票所の方まで行ってよいことになりました。おそるべき村民たちだと思いました。
b0036982_8425894.jpg

やがて投票が終わり、集計が始まります。政府職員が集計を担当する所では、政府職員が不正を行っていないか、村民たちが後ろからノートを取るなど厳しくチェックします。たいした混乱もなく、きわめて秩序正しく選挙は進行し、夜8時半に終わりました。村民たちは選挙が夜中までかかると予想していたため、政府への監視活動を輪番で徹夜覚悟で行う計画だったそうです。

何先生が言われたように選挙そのものは政府も入ったただの選挙でしたが、村民が政府を監督・監視しているところがおもしろかったです。たぶん今後また行くでしょうし、いろんなところで烏坎について書くと思いますが、取材規制に対し、記者ではなく村民たちが抗議をすることで解き、一切自由にしてしまうなど、日本はもちろん欧米でも実現できないことができてしまうところに感心しました。
[PR]
by gikyoudai | 2012-02-25 10:35 | 中国
大陸日記12冬3
食事日記
8日
朝食9時半:宿舎付近の屋台
麺、卵
昼食13時:カフェ「和而不同」
(常坤さん、藺其磊さんの息子)
餃子(近くの店で購入したもの)、70度酒
夕食19時半:鄭州市廟李・河南料理店
(社会活動家・胡聖年さん、常坤さん、彼の知り合いの泉州出身の茶商、老銭さん)
ダックのようなクレープ包み料理(鶏料理2種、豆、卵焼きなど)、泉州産の鶏の手、白切鶏入りスープ、白米,白酒
鄭州泊

ようやく旧正月明けです(ただし帰省客やUターン客はまだまだ大勢います)。鄭州ではこの日から小学校が始まりました。前回に続き、眼鏡店を営む傍ら店の建物の大半の面積を使って出稼ぎ労働者子女向けの無料自習施設「若木書院」を運営する胡聖年さんを訪ねます。
b0036982_1336453.jpg

若木書院は市内北のはずれ、廟李という所にあります。人口の圧倒的多数が地方出身者が多く、特に30代夫婦、すなわち小学生ぐらいの子を持つ家庭が大半です。こういう情況では学校としてもどうしても生徒への指導がおろそかになるのは致し方のないことでしょうし、しかも共稼ぎの子が多く、飲食店など商売をやっている親は夜も子の面倒をみることができません。そうした中、若木書院は地元の貴重な存在です。
b0036982_13384712.jpg

(指導する胡聖年さんです)
彼らは経営する眼鏡店の収益の1割をこの活動にあてていますが、眼鏡店と言っても一部屋に検視施設やフレームのモデルが所狭しに並ぶ中、たまに来る客の注文を受けてレンズもフレームもすべて手がけて格安で売るというやりかたで、さほどの収益があるわけではなさそうです。一割が活動にあてられるとあって、ぼくも眼鏡をオーダーしました。なるべく高くなるようにレンズにあれこれ加工したのですが、料金は100元(約1200円)とのこと。今後鄭州を訪れた人はここで眼鏡を作るのはいかがでしょうか?
今日から新学期。夜遅くまで子供たちの明るい声が響く若木書院兼眼鏡店でした。
b0036982_13463678.jpg


9日
朝食7時半:宿舎
前日にカルフールで買ったカスタードパン
昼食13時半:ZH9358便の機内食
鶏肉と白菜炒めのごはん、パン、ザー菜、ビール、コーヒー
夕食18時:広州市江南西そばの順徳料理店
(何博伝・中山大学教授、公民社会研究家・熊柳茵女史)
白切鶏、客家豆腐、牛あばら肉の胡椒炒め、れんこんと緑豆の煮物、白米、プーアル茶、張裕ブランデー
広州泊

いよいよ鄭州とはしばしの別れです。今回は宗教研究家・鄧旗さんの家でご馳走になった紅焼肉も思い出です。特別な鍋を用い、油をまったく使わずに調理したこだわりの一品で、たいへんあっさりとした味で、おいしかったです。
b0036982_14145137.jpg

そんなこんなで南の広東へ向かいます。鄭州から広州へと移動しますが、この両都市は地方出身者が多いことに加え、各地への交通の要所なので、行く人、帰る人の双方が集中し、大変混み合います。今回乗った飛行機も最後の一席を土壇場で確保できた次第で、当然満員でした。
[PR]
by gikyoudai | 2012-02-22 14:20 | 中国
大陸日記12冬2
食事日記
6日
朝食8時半:宿舎前食堂
酸辣湯、卵
昼食12時45分:浚県の農家楽
(常坤さん、大学職員・老銭さん、弁護士・藺其磊さんの知人の知人である地元警察官・張さん、藺其磊さんの息子)
緑豆粉の寒天、かえるの山椒焼、ピーナツ、にわとり蒸し、とうもろこし麺、フキと豆の炒め、肉団子の酸辣湯、鶏の白いスープ、白酒
夕食18時:浚県ホテルのレストラン
(常坤さん、老銭さん、地元警察官・張さん、藺其磊さんの息子)
鶏肉蒸し、レタス・きゅうり・トマトサラダ、乾豆腐、辛手羽先、がちょうの卵、辛肉団子、えんどうみそ煮、えび蒸し、川魚辛煮、いも煮、牛肉の山椒煮、肉包、麺、白酒
浚県泊

7日
朝食7時半:ホテル食堂
(常坤さん、老銭さん、藺其磊さんの息子)
白粥、チョコパイ、卵
昼食12時:浚県・藺其磊さん宅
(常坤さん、老銭さん、藺其磊さんの息子)
太麺(肉、ほうれんそう入り)
夕食19時:鄭州市内・鄧旗さん宅
(常坤さん、宗教研究家・鄧旗さん一家)
川魚辛煮、さといも煮、きくらげ、ピータン、レンコン・ブロッコリー炒め、しいたけ炒め、紅焼肉、川魚と豆腐、白酒
鄭州泊

b0036982_1044381.jpg

この2日間を河南省浚県で過ごすことは地元の方々との約束もあり昨年夏から決めていました。浚県は中国で仏教の盛んな地の1つで、寺が豊富にあります。元宵節の翌日にあたる7日には廟会が開かれます。正月の祭りのようなもので、たくさんの見世物や屋台が並びます。複数の道、複数の山からなる広範なエリアで行うのですが、朝9時頃には身動きも取れぬほどの混雑です。ここらへんの農家がよく持つ、電動自転車に荷台をくっつけた車に家族全員が乗ってやってくるのに随分と出会いました。20万人ほどの人出だと聞きました。
b0036982_10442457.jpg

屋台はずいぶんたくさんあります。泥人形など民芸品は農家が内職で作ったもの、また油条など食べ物の屋台は近隣の農家がやっている場合が多いようです。知り合いの妻が屋台で油条を売っていましたが、2日間で二千元(約二万四千円)もの収入になったそうですから、ここらへんの農家にとって貴重な収入源ですね。
b0036982_10445120.jpg

こうやって観光地をめぐりながら常坤たちと社会活動の話をしたりするというスタイルは、かつて画家村などを取材していた頃のぼくにはなかったことでした。農家や警察など行く先々で知り合った人たちに常坤がエイズやNGOの話をし、その反応もまた興味深いものです。6日の夕食の席で彼が自身の理想がなかなか理解されないことに激昂しつつ語ったことは今回の思い出の1つです。
b0036982_1051187.jpg

[PR]
by gikyoudai | 2012-02-20 10:00 | 中国
大陸日記12冬1
最近発売のAERA2月20日号の「なかよしテレビ」の記事『中国韓国は嫌いですか?』の中でコメントしています。
・・・・・・・・・・・・
今日発売の週刊金曜日2月17日号で『中国民主化・民族運動の現在 海外諸団体の動向』(柴田哲雄著、集広舎)の書評を書きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
食事日記
4日
昼食11時:NH1259便の機内食
牛カルビ焼肉ごはん、大豆と大根の煮物、ポテトサラダ、みつ豆、ナッツ、赤ワイン
昼飲15時半:MU5385便の機内飲み物(食事なし)

夕食18時半:鄭州市・楊翔豆皮涮牛肚
(社会活動家・常坤さんと相棒、彼の経営者の友人である2人の孫さんら3人)
激辛魚串、豆乳、豆皮涮牛肚鍋(クミン・胡椒の利いた辛鍋に魚・肉・野菜の串を入れる)、70度自家製酒
鄭州泊

今年初めての中国行きです。まず旧正月終盤の河南から訪れます。直行便はありませんので、今回は上海経由で行きました。上海は87年に最初に訪れた海外の地であり、10年近くも行っておらず、懐かしかったのですが、わずか2時間の滞在に終わりました。
2月4日は旧暦1月13日にあたり、すでに旧正月のUターンが始まっていますが、旧正月がいつまでかは人によりまちまちで、旧正月気分は抜けておりません。常坤さんのカフェも旧正月中の休みで、職員は帰省しており、今回は職員用の宿に泊まりました。
b0036982_1434812.jpg

2DKで月600元という団地の一室を借りており、悪い部屋ではありませんが、難点は暖房がないことです。この日はマイナス5度まで冷え込みます。寒さだけならハルビンなどに比べてたいしたことないのでしょうが、ハルビンは暖房がかなり普及しています。暖房なき零下の室内はわりと堪えます。外の方が暖かく感じるほどです。
おまけに旧正月休みということも関係するのか、壊れているという水道がなかなか直らず、この日と翌日は水がありませんでした。そんなわけで暖は度の強い強い酒と鍋で取ります。
b0036982_1440488.jpg

クミンと胡椒の利いたこの鍋は絶品でした!


5日
朝食9時:宿舎前食堂
酸辣湯、卵、肉包
朝飲10時半:カフェ「和而不同」
(常坤さん、フリー記者・石玉さん)
豆乳
昼食12時半:市内の烩面館
(常坤さん、上訴者・李春霞さん)
大根ときくらげサラダ、もつ煮込み、青菜炒め、肉のにごこり、羊肉烩麺
夕食19時:カフェ「和而不同」
(常坤さんと相棒、上訴者・李春霞さん)
インスタント麺、羊肉串、湯圓、70度自家製酒
鄭州泊

翌朝、宿舎の付近を歩きます。朝食屋台が結構よくあります。ここらへんは地元民が300人に対し、地方出身者が数万人と言われます。30代以下の子連れ夫婦および30以下の大卒者、いわゆる大卒バイト族(蟻族)的なフリーターの方たちです。ちなみに「和而不同」の職員もフリーターのようなもので、だからこそ暖房がないものの安めの宿舎に住むわけです。鄭州にはこのような出稼ぎ・大卒バイト族の村が周縁部を中心によくあります。長距離バスや列車がことごとく混むのも当然です。
b0036982_14463984.jpg

なんとなく日本的な発想からしたら鄭州とは北京や上海に出稼ぎに出る人たちが多そうな街であるイメージを持ちやすいですが、とんでもありません。もちろんそういう人もかなりいるでしょうが、人口1億を超える河南を中心に中原のあちこちから出稼ぎやフリーターが集う街でもあるわけです。
この日は午後にカフェ「和而不同」で囲む会形式のトークイベントがあり、また石玉さんや李春霞さんのインタビューをしましたが、旧正月休み中に仕事ばかりでは疲れます。街に出ます。鄭州市内で灯会が開かれていたので常坤さんと観にいきます。家族連れで大変混んでました。
b0036982_14561431.jpg

翌日は旧正月の終わり・元宵節です。
[PR]
by gikyoudai | 2012-02-17 14:57 | 中国
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧