> 関連ページ
プロフィール
書籍購入はこちら
麻生晴一郎ツイッター
ブログ・ランキング
.・・・・・・・・・・・・・・・・
リンク(link)
(個人・・・エキサイト以外)
東洋魔女 欲説還休
王慶松的世界
両性視野(荒林)
日々の営み(安原伸一朗の読書日記)
北烏山だより
thinking on the borderland
北京益仁平中心
北京緑十字
北京新時代致公教育研究院
馬寶寶社区農場
重慶・器空間
重慶・黄角坪アート
深圳・雨点在行動
益行マラソン倶楽部
shanghai blues
掌友会別館
Sights&Photos by Tokyo resident

Text by Chonda-はろばろとpart3
黎明前的舞踏
中国公民維権連盟
ツイッター
・・・・・・・・・・・・・・・
ちゅうごくけんぽーブログ
そうけんにっき
四ツ谷ぶろぐ
豊川中国武術愛好会
姫路中国武術同好会
中国伝統武術・掌友会
・・・・・・・・・・・・・・・
室蘭と浦賀
Cafe:Rebirth
wangsoo(ワンスー)
新できるだけ人生や愛とは関係ない日々
彩奴のとはずがたり2

山は富士、花は桜木、男は衡
写真機放浪記
Weblog 評論
みどりの果敢な北京生活
新米脚本家の南青山底辺日記(上杉京子)
Hide's Photo Street
幸せはいつも自分の心が決める!!
アジア、音楽、美食
pmeastern2006 Blog
とことこ
晓彤的博客
daoyouzi的博客
春树
丁未堂画廊
脚本家 原田佳夏
孙 秀萍的博客
告诉你一个真日本

緑島小夜曲
匡匡の框
晴耕雨読
小林多喜二、大好き。佐藤三郎ブログ
TOMMY のトホホ放浪記。
中国と朝鮮が溶ける辺境
urara blog+drawing+
minochika
小舟にて
ジョーク・ドッコム
sak's HP
ムロフシカエの部屋
ふじくんのページ
0 1/2
丝路泛舟 阿生的
馬貴派八卦掌
(個人をつなぐ)
恋するアジア
纵横周刊
自由写作
東洋鏡(旅日華人・生活・思考・写作)
八万湯プロジェクト
WEBマガジン・によによ
あしたのボクシング
道听途说(中国のバックパッカーのページ)
北京日語角(日本語を学習する北京の人と日本の人との交流サークル)
私の戦後処理を問う
AsianComplex (亜洲総合工作室)
> 以前の記事
2016年 12月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 03月
2016年 02月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 02月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2003年 01月
> ライフログ
辻原登著
李佩甫 著
ゴーディマ著
陳天璽 著
太田和彦著
根本美作子著
赤川学著
宇佐美游 著
遅子建著
藤井省三著
塚瀬進著
林壮一著
富永俊治著
谷中公一著
大沢敏郎著
上野千鶴子著
毛丹青 著
原田佳夏著
柳本通彦 著
王敏 著
浅川マキ 著
王智新 ・呉広義著
衛慧著/泉京鹿訳
旻子著/山邉悠喜子訳
ピエール・アスキ著
/山本知子訳
丸川哲史著
三浦展著
中谷健太郎著
加藤徹著
森巣博・森達也著
松本健一著
斉藤寅著
五十嵐貴久著
李大同著
松永まみ著
宮沢章夫著
白樺文学館
榎本泰子著
中島京子著
春樹著/若松ゆり子訳
綾井健著
田尻芳樹編
木村尚三郎
高井ジロル著
高井ジロル著
高井次郎著
<   2012年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
大陸日記12春3
食事日記
4日
朝食7時半:潘さん家庭
豆乳、ザー菜、卵マントウ、牛肉とピーマンの炒め、
昼食13時:潘さん家庭
(潘さん一家、翟紅明さん、常坤さん)
キュウリ、レンコン、ハム、川魚煮、きくらげと青梗菜炒め、豚肉の煮付け、牛肉とじゃがいもの炒め、洋河養命酒(地酒)
おやつ19時:清真寺前(翟紅明さん、常坤さん)
シシカバブ5本
夕食20時:ファストフード的な地元包子店(翟紅明さん、常坤さん)
包子、水餃子、鶏絲湯、白酒
淮安泊

この日は淮安中心部の名所を歩きます。淮河や京杭大運河をはじめ大小さまざまな川が流れるこの町は、まさに水の都とでも言うべき所で、至るところに水が流れます。かつての港の址などの史跡に水上交通の繁栄ぶりがうかがえます。
ただし、水資源が豊富であることは驚嘆するばかりですが、他方で「水の都」などというからには現代の生活が水とともにある、ベニスみたいな独特の暮らしがなければなりませんが、川辺の家というのは朽ち果てた所ばかりで、一方近年は川辺の見晴らしのよいところでマンション建設が進むなど、「水の都」らしさが年々薄らいでもいるようです。
b0036982_1122169.jpg

ここらへんは民国時代まではずいぶんとにぎわった所ですが、解放後、年々朽ち果ててきたと言います。
こうなると史跡の記述はそらぞらしいばかりで、必死に碑文を読む常坤を尻目にぼくはずんずん前を歩きます。こういうそらぞらしさを中国では「假的(ジャーダ、にせもの)」と言います。前著でも書きましたが、ぼくが中国にいると「こんにちは」と同じぐらい頻繁に耳にする言葉です。
b0036982_11111772.jpg

昼食の席で以上のようなことを話します。地元の人もそれは分かっていますが、地元の人が分かっていても変わらなかったのがこれまでの中国です。ある人は「中国が民主化して、ここが本当に水の都の景観を取り戻すのが夢だ」と語っていましたが、民主化と水の都という、一見無関係に思われる両者が不可分なのも、住民に街づくりの権利も資金もないところから来ていると考えることができます。
今はまだ水の都らしさが残っていますから、早いうち街の魅力を取り戻してほしいと思いました。
b0036982_10595225.jpg


5日
朝食7時:潘さん家庭
白粥、ザー菜、マントウ、
昼食13時:盰眙県・龍蝦料理店
(潘さん、翟紅明さんと彼の友人2人、常坤さん)
ジャガイモたまねぎとモツの水煮、干し牛肉、レバーの醤油煮、河蝦(小)炒め、どじょうの酸辣湯(胡椒味)、鯉の辛煮、肉団子・トマト・キクラゲスープ、鶏の辛煮、卵・ネギ炒め、青菜炒め、龍蝦、白米、白酒
夕食20時:潘さん家庭(潘さん一家、翟紅明さん、常坤さん)
ピータン、牛肉ハム、きゅうり、臭豆腐(残す)、ピーナツ、豚耳、ジャガイモと鶏のスープ、玉米粥、白酒
車中泊

b0036982_1138154.jpg

7時半に出発し、郊外に出かけます。盰眙県は明を建国した朱元璋の先祖のお墓(明祖陵)があります。黄河が進路を変え、淮河を乗っ取ってしまったことによる洪水の影響で1680年に水没し、実に300年後の1970年代に発見され、80年代から修復がなされました。上下の写真のものはいずれも300年間水没していたわけです。
b0036982_11411754.jpg

こういうとてつもない長い時間の話に触れると、前日の淮安の問題も、長い期間で解決されていくのではないかと希望が開けてきたりもします。民主化や市民社会というものも、300年ぐらいのスパンで徐々に変わっていくうちの、そのうちの2,30年間という一部分に向き合って生きていく態度、そういうものが自分に求められているのではないか、などと思わされました。歴史・広大な空間に身をおいた自分のちっぽけさをしみじみと味わい、勇気付けられます。墓参りシーズンの連休ということもあって、大勢観光客がいましたが、そんなことを考えながら歩くのはぼくだけではないか、などと苦笑したりもします。
b0036982_11293318.jpg

写真の手前の小川は陵墓に至る運河で奥の広い方は洪沢湖の河口、対岸に見えるのは対岸ではなく、水面下に築いた城壁で、河口はその先にもえんえんと続きます。海の河口のような光景でした。
b0036982_11391613.jpg

盰眙県でもう一つ有名なのが川エビです。龍蝦と言い、味は海のエビによく似ています。大変高価らしいこのエビをたくさん頂きました。白酒の酔いも進み、いよいよ淮安を離れます。
[PR]
by gikyoudai | 2012-04-27 11:42 | 中国 | Comments(2)
大陸日記12春2
食事日記
3日
朝食7時:宿舎そば、そこらへんの食堂(常坤さん)
胡辣湯、卵
昼食13時:K971列車車内
辛(しん)ラーメン(インスタント)
夕食18時:淮安・護城河河畔の淮安料理店
(淮安市民・潘龍義さん、潘さんの同僚・翟紅明さん、常坤さん、潘さんの友人3人)
砂鍋魚頭、牛と豚のハム、きくらげサラダ、凍らせた大豆、エビと緑豆炒め、豆腐の昆布巻き、豚肉の辛煮、牛テールスープ、青梗菜と餃子の炒め、イカの煮付け、牛肉ジャガイモ煮、平橋豆腐、汁香、どじょう鍋、水餃子、陽春麺、白酒(地酒の洋河大曲)
淮安泊

本日より常坤とともに旅行に出かけます。中止になったシンポジウムの参加予定者の中で、昨年8日間かけて徒歩で安徽の会場までやってきた工員の潘さんが、自分の住む淮安をすすめてくれたので淮安に行きます。
江蘇省北部、南京の北にあります。非常に長い歴史を持つ町で、かつては陸上交通が盛んな北方と水上交通が盛んな南方の境界に位置し、交通の要地として栄えました。周恩来など著名人を数多く輩出していますが、最近はあまり名前を聞きません。現在は交通の便はよろしくなく、鄭州との直通列車は数えるほどしかありません。今回は鄭州から動車(新幹線)に乗り、徐州で乗り換えて行きます。
b0036982_17321035.jpg

徐州から乗った列車は連休中ということもあり大変混雑していました。

夕方前に淮安に着きました。護城河というお堀のような川沿いを歩き、その河畔の食堂で夕食です。淮安料理は中国でも名だたる料理で、いわゆる江蘇料理というのは淮安料理を指したりもします。かつて交通の要地で北方・南方のさまざまな料理をミックスさせ、なおかつ魚米の郷・江蘇省の特に河の幸の豊富な環境が育んだ料理と言えます。揚州もそうですが、美女の里としても知られていました。
b0036982_17323039.jpg

次々に料理が運ばれます。上の列の真ん中の魚料理は砂鍋魚頭で、あっさり味です。
そして地元の名酒・洋河大曲が欠かせません。酒の飲み方は江蘇あたりでよく見かける小さな杯での乾杯です。忘れえぬ人との再会に酒が進みます。
b0036982_17324818.jpg

[PR]
by gikyoudai | 2012-04-25 17:36 | 中国 | Comments(0)
大陸日記12春1
食事日記
1日
昼食12時:JL856便の機内食
(菜の花のゴマ和え、スモークサーモン、春雨、イカマリネ、漬物、てりやき肉団子、エビ串団子)の前菜、若鶏照り焼きご飯、シャケ塩焼き、ハーゲンダッツ、あられ、赤ワイン、ブランデー
夕飲17時:798(美術雑誌編集者・熊秋霞女史)
王老吉
夕食19時:望京・鴨鍋店(評論家・劉檸さん、メンズ誌編集長・張さん、三聨の編集者女史)
ニラ油条、鴨鍋(鴨・牛肉、白菜、青菜、めん)、二鍋頭
北京・将台路泊

1ヶ月半ぶりの中国滞在で今回も最初の目的地は河南省鄭州です。鄭州へは経由便で行く必要がありますから上海・北京・広州などに先に寄ります。経由地をどこにするかはいつも悩み事ですが、鄭州までの交通費の安いのは上海>北京・広州ですが、前回行かなかった北京に立ち寄ります。清明節の連休(4月2日~5日)を控え、空港はわりと混んでいました。
b0036982_11332880.jpg
(今回滞在したのは798に近い将台路です。将台路や798のある大山子路口南もしくは王爷坟あたりに空港で行くには空港地下鉄で三元橋で降り、C1出口で地上に上がり右折して100メートルほどのバス停から401バスに乗ります)。

この時期を選んだのは昨年4月に警察沙汰になった安徽省臨泉県での「常坤の家」のシンポジウムが今年も4月3日に開かれることになり、それに参加するためでしたが、北京行きの便に乗る前、中止が決定しました。目的だったシンポジウムがなくなったわけで、となると観光旅行になるのかな、そんなことを考えつつ北京で鍋や酒を頂きました。

2日
朝食8時半

カロリーメイト
昼食13時:CA1325便機内食
卵バーガー
夕食19時:鄭州市・桃花塢(社会活動家・常坤さんと相方、農村NGO・王寧さん、環境活動家・崔晟先生、上訪者・李春霞女史、若木書院運営・胡聖年さんほか)
70度自家製酒、薄味スープ、辛魚煮、とうもろこし人参炒め、セロリサラダ、セロリ肉絲、もやし・ねぎ・から揚げスープ、トマト・卵の烩麺、きくらげ卵炒め、サツマイモ菓子、白菜炒め、ピーナツの辛炒め、水菜生サラダ、牛肉スープのパンのせ
鄭州泊(客運北站そばの出稼ぎ街)

そんなわけで今回は鄭州から近隣へ旅行に出かけます。その前に鄭州で小さな会があり、今回の安徽省でのシンポジウムに用意した原稿を発表します。実はこの原稿は昨年4月の同じシンポジウム用に準備したものの警察沙汰があって発表できなかったものであり、ようやく陽の目を見たわけです。
b0036982_11192029.jpg

ぼくの発表のタイトルは「ここからの着想」で、中国ではなく地元を考えて活動している安徽・鄭州の社会活動を評価したものでしたが、この日の会が「草の根交流 真の民間の認識」というテーマ(上の写真の上方の案内紙に記してあります)だったこともあり、地元の取り組みに注目することで異国間の民間交流を活発にしていく方向性が模索されました。ぼくとしてはまず最初にここで活動する人たちを日本に招き、民間活動者同士の交流を計画中であることを話します。少しずつ形が見えてきました。日本人が少ないということもあって民間交流はここを訪ねる上での大きなテーマです。会終了後の酒も進みます。
b0036982_11314315.jpg

肝心の目的はオジャンになりましたが、それならそれで新たな目的がいろいろやってくる、中国の旅とはそんなものであります。
[PR]
by gikyoudai | 2012-04-24 10:25 | 中国 | Comments(4)
大阪・大分へ
 4月20日午前・午後に尼崎のシニアカレッジ、21日昼に大阪・野田で劉燕子さん開催の会で話をする機会がありました。大阪滞在中は時間がほとんどとれず、お会いできなかった人は次回以降お会いできるのをたのしみにしたいと思います。会に参加くださった方々と交流でき、感謝でいっぱいです。
 実家の店が閉店したのと法事もあって、大阪から大分に移動しております。
 東京になかなか戻れず、ブログ更新が遅れたことをお詫びいたします。
もう少ししましたら戻る予定です。大陸日記はまもなく書きます。
[PR]
by gikyoudai | 2012-04-23 10:11 | お知らせ | Comments(2)
(またしても)ごぶさたしております。
かなり間隔が空いてしまいました。外出が多く、なかなか書けずにすみません。
中国に行っておりました。近く報告いたします。
大学にいた頃、将来旅ばかりして暮らしたい、などと思ったものですが、いざやってみると、なかなかしんどくもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月刊誌『望星』5月号で『火と文明の神 迦具土を見よ』(佐賀純一著、新幹社)の書評を書きました。
昨年10月の公開シンポジウムでのぼくのトーク内容が同シンポの記録集『公共性の再創造』(多文化メディア市民研究会発行)に掲載されました。
[PR]
by gikyoudai | 2012-04-16 15:09 | お知らせ | Comments(7)
   

読むことと旅することと生きること、そして書くこと
by gikyoudai
> 最新のコメント
Yozakuraさま ご..
by gikyoudai at 00:26
麻生晴一郎さま  無沙..
by Yozakura at 12:33
牧先生 大変有意義な一..
by gikyoudai at 09:23
麻生さん こちらこそあ..
by 牧陽一 at 13:37
>まさん お久しぶりで..
by gikyoudai at 17:51
お久しぶりです。週刊現代..
by ま at 14:39
一葉さん ごぶさたして..
by gikyoudai at 22:23
麻生さん、体調は如何です..
by 一葉 at 13:03
> akimo-umek..
by gikyoudai at 10:37
お久しぶりです。義兄が上..
by akimo-umekichi at 07:47
>ざしきぼっこさん ご..
by gikyoudai at 22:57
お久しぶりです。 ..
by ざしきぼっこ at 00:24
一葉様 バスに乗ってい..
by gikyoudai at 23:42
麻生さん 「ふるさとの..
by 一葉 at 19:42
一葉様 ごぶさたしてお..
by gikyoudai at 02:11
体調は如何ですか。春は病..
by 一葉 at 21:57
>一葉様 大変ごぶさた..
by gikyoudai at 00:00
麻生さん、ごぶさたしてい..
by 一葉 at 08:45
一葉様 本年もよろしく..
by gikyoudai at 23:10
麻生さん、東網の「爲何有..
by 一葉 at 10:54
> 最新のトラックバック
ゲーム 無料 マリオ
from ゲーム 無料 マリオ
garcinia ind..
from garcinia indica
garcinia wei..
from garcinia weigh..
click throug..
from click through ..
pure garcini..
from pure garcinia ..
映画「あの頃、君を追いか..
from soramove
副島隆彦を囲む会では、貧..
from 副島隆彦の学問道場
iPadとAndroid..
from iPadとAndroidタブ..
イーモバイル ポケットワ..
from イーモバイル ポケットワイフ..
0円パソコン
from 0円パソコン
介護事務の求人転職募集を..
from 介護事務の求人転職募集を札幌..
カーシェアリング
from カーシェアリング
キムチのオススメお取寄せ通販
from キムチのオススメお取寄せ通販
戴氏心意拳 六代目伝人 ..
from 中国拳法(ちゅうごくけんぽう..
かばん 激安 バック 格安
from かばん 激安 バック 格安
脱毛する必要性
from 初めての不安を解消するblog
テレビ番組『ハイビジョン..
from へなちょこ☆セイジンのアート散歩
大分 転職 就職 ハロー..
from 大分 転職 就職 ハローワー..
熊本 転職 就職 ハロー..
from 熊本 転職 就職 ハローワー..
きなり黄金伝説で紹介され..
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
> 検索
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧